【成功事例】ブログ運用したら未経験からWebマーケティング業界へ転職できた!その方法とは?

マーケターの働き方
梅干さない
梅干さない

「Webマーケティング職」に転職したいな・・・。大手メーカーに勤めてるけど、今後のキャリアを考えると、ここで停滞してしまいそう。今後より伸びる業界や自分にとって得になる業界へ転職したい。でも、マーケティング業務の経験もないし、どうやったら転職できるんだろう?

今回はこのようなお悩みに解答を出していきます。

✔︎記事を読んで理解できる内容

・未経験でもWebマーケティング業界へ転職は可能なのか?
・個人ブログ運用が転職にかなり有利に働く。その理由とは?
・実際ブログ運用でWebマーケティング業界へ転職した事例

私、梅干さないは、Webマーケティング業界に現在進行形で勤務しています。

最近、Webマーケティング職へ転職を考えている人が多くなってきていますね。肌で感じています。最近、メーカーや商社、公務員に務めている友人からWebマーケティング業界へ転職を考えているんだけどどうすれば良いかな?という声を聞くことが多くなっているんですよね。

今日はそんな転職に纏わるお悩みを持たれている方向けに、「Webマーケティング業界へ転職を成功させる秘訣」をまとめました。

実際に、Web業界へ転職を考えられている方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

未経験でもWebマーケティング業界へ転職できるのか?

結論から言うと、業務未経験でもちょっとした工夫は必要ですが、可能です。

ちょっとした工夫。。。

すみません。流石に何もスキルがない状態からWeb業界へ転職できるかと言うとやはりそうではないかなと、実際働いていて思います。企業側も常に人を求めていますが、できるだけ即戦力になる人材を求めていますからね。

と言うことで、仕事として経験が全くないのであれば、ちょっとした工夫が必要不可欠かなと思います。

とはいえ、そこまで構えるものでなくても大丈夫です。

実際にWebマーケ業界に勤めている僕が強くお勧めしたいのは「個人ブログの運用」です。

個人ブログの運用を行って、Webマーケティングを実際に行ってしまえば、Web業界への転職は一気に容易になります。

Webマーケティングは、企業に限らず、個人でも運用が可能なものです。
個人でできるわけ無いやないか?と身構える人もいらっしゃいますが、それは単純な固定概念でしかありません。

個人ブログを踏み場として、マーケティング業務未経験からWebマーケティング業界へ華麗に転職する人も多いんですよ?

個人ブログの運用を活かしてWebマーケティング業界へ華麗に転職

実際に、個人ブログ運用を活用してWebマーケティング業界に転職した事例を紹介いたします。

例えば、「氷犬さん(@icedog_410)」「でゅおさん(@duolog)」は未経験からWebマーケ業界へ転職したことで有名です。

氷犬さんのキャリアを紹介いたします。

✔︎氷犬さんのキャリアの場合

公務員

Web制作会社

Webマーケティング会社でSEOコンサルタント

氷犬さんの場合、公務員時代からブログを書き始め、約1年ほど運用したのち、Web制作会社へ転職をされたようです。

氷犬さんの詳しい転職事情はこちらの記事にまとまっていますので、ぜひ読んで見てください。

「今日、5年間働いた税務署を辞めてきました!【さらば公務員人生】」

今日、5年間働いた税務署を辞めてきました!【さらば公務員人生】
こんばんは、元税務職員の氷犬です。   本日、5年間勤めた税務署を辞めてきました! 【退職しました】 本日7月10日付で5年間勤めた税務署を退職しました😊 税務調査とか確定申告とか体験できたのは...

次にでゅおさんのご紹介です。

✔︎でゅおさんのキャリア

ITコンサルティング会社

Webマーケティング会社(SEOコンサルタント)

前職は、Webマーケティングには関係のないITコンサルティング職をされています。氷犬さん同様、個人ブログ運用を行い、個人ブログで成果を出すことで、未経験からWebマーケティング業界へと転職を果たしています。

ITコンサルティングは比較的高給な職業ではありますが、副業が当たり前になる時代、年収を下げてでもWebマーケティング業界へ転職し、自身の今後のキャリアを考え直した結果、Webマーケ会社への転職を決意されたようです。

でゅおさんのブログはこちら

でゅおろぐ!
脱社畜脳を目指して

事例のように、個人ブログ運用である程度成果を出すことができれば、Webマーケティング業界への転職はかなり容易になると思います。

個人ブログの運用で伸ばすことができるスキル5つ

実際に個人ブログの運用で伸ばせるスキルはこちらです。

・ マーケティングスキル
・ 心理読解力
・ SEO能力
・ 分かりやすく伝える力
・ コーディングスキル

マーケティングスキル

ブログ運用は「マーケティング」といっても過言ではありません。想定するターゲット(読者)に対し、どんなコンテンツ(記事)を用意すべきかを徹底して考え、記事の作成を行っていきます。事実、マーケティングがしっかりとできないとブログで結果はなかなかついてきません。

SEO能力

ブログを自分で作って、運用すると「SEO能力」がしっかり身につきます。そんなこと当たり前でしょ?と思う人もいると思いますが、実はWebマーケティング業界に務めている人でも割とSEOを理解している人は少ないんですよね。Webマーケティング専門コンサルを仕事としている人であれば別でしょうが、営業職やWebディレクターでしっかりSEOそのものを理解している人は多くはありません。SEO能力を会得しているというだけでも、かなり優遇して転職ができると思いますね。

心理読解力

読んだ時にがっかりする記事ってどんな記事だと思いますか?

それは、回答が載っていない記事です。せっかく検索して流入したにもかかわらず、検索意図とズレている内容の記事だったらがっかりしますよね。

ブログで記事を作成する時には、なぜユーザーがこのキーワードを検索しているのか?ユーザーの検索意図を理解し、ユーザーが真に求めている内容を記事に落とし込む必要があります。

こういったことを考えて記事を書いていくことになるので、心理読解力が身についていきます。

分かりやすく伝える力

ブログを始めると「分かりやすく伝える力」自然と身につきます。この力はどんな仕事でも役立つスキルなので、メリットは絶大です。

私個人も、ブログでライティングを始めてから、プレゼン、資料作成、ビジネスメール、もちろん営業でも何でもこれまで以上にできるようになりました。ビジネスのレベルを上げたいならブログをやるといいですよ。絶対に自分のためになります。

コーディングスキル

ブログ運用で得られる能力の一つにコーディングスキルがあります。「HTML」「CSS」「Java Script」のコーディングスキルです。
最近は、ワードプレスなどのCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)を基盤にWebサイトを作成することが多いですが、やはり細かなデザインや動きについては、CMSでは賄えきれませんので、コーディングスキルを持たれていると転職に有利に効いてきます。

企業側が面接段階で聞いてくるポイントは?

個人ブログを作って成果がある程度出たとして、いざ企業側と面接!となったとき、企業はどのようなポイントを見ているのでしょうか?

こちらで解説したいと思います!

✔︎企業のマーケティング担当が見ているポイント3つ

・ 個人ブログでどれほどPV稼げたのか?
・ 狙ったキーワード(ビッグワード)で上位表示できているか?
・ どんなWebマーケティングツール使ってるのか?技術的に何をしたのか?

>>>個人ブログでどれほどPVを稼いでいるか?<<<

企業マーケターはその仕事上、数字をよく見ますから、PV数は100%聞かれます。

月間1万PVほど稼げているようなサイトであれば、BtoB企業の目に敵うと思います。チップスを少しお渡ししておくと、BtoB企業が運用するサイトの平均月間PV数って、4000〜5000PVくらいなんですよ。ですので、2倍も稼げている時点で、インパクトが残るわけです。

>>>狙ったキーワード(ビッグワード)で上位表示ができているか?<<<

ここも間違いなく聞かれるポイントでしょう。

どんなターゲットを想定し、どんなキーワードを狙い、どんな内容の記事を書いているのかを聞きます。要するにマーケティング要素を取り入れてしっかり記事が書けているかを知りたいんですよね。適当に書いた記事が運良く検索上位に上がって、PVを稼いでいたとしても、仕事で使い物にならないですからね。マーケティング的な視点を持っているかどうか。重要なのはここですね。

>>>どんなWebマーケティングツール使ってるのか?技術的に何をしたのか?<<<

Webマーケティング分析ツールを活用している企業が多いはずですので、Google Analytics、サーチコンソールの使い方に加え、他に分析ツールをいくつか知っておくと良いですね。また、ただ知っておくだけではなく、使い方まで熟知しているとなお良しです。

ということで、あると良い要素を下にまとめておきますね。

・個人ブログで1万〜3万PVは十分な実力として評価されます。
・ビッグワードで上位取得できているならかなり評価は高いでしょう。
・マーケティングの基礎知識、分析ツールなど併せて知見があると好かれやすい。

これだけ出来ていれば、基本は企業の目に敵うはずです。と言うかここまで出来ていれば即戦力になれます。

個人ブログ運用を利用して転職できる転職先2種類

ブログ運用を利用して転職できる転職先は主に下記2種類です。

・Webマーケティング会社
・Webマーケターを求めている会社

Webマーケティング会社へ転職を行う場合は、様々な職種を受けてみるといいですよ。
営業・コンサル・ディレクター・コーダーなどなど業種は多いですから。

実際、どの職種が自分に合うかどうかをしっかり見た上で、転職されると良いですね。

最後に:Webマーケ系に強い転職サイトを紹介します

Webマーケティング業界に転職を考えられている方にオススメなWeb系の転職に強いエージェントを紹介します。

複数のエージェントに登録し、情報を集めた上で、転職をされると良いですよ。

✔︎Webマーケティング系に強い転職サイト・転職エージェント

1位:マイナビエージェント
転職情報サイトに載っている求人がすべてではない。転職エージェントを使うのが賢い転職方法!35年以上の歴史あるマイナビの人材紹介【マイナビエージェント】なら大手・有名企業から隠れた優良企業まで太いパイプを持っているので、転職を成功させたい方はぜひ登録をオススメします。

2位:転職エージェント・ワークポート
→IT系に強いと言われています。Web関係の案件を専門に且つ豊富に持っています。

3位:エンジニアのIT/WEB業界転職は【サポーターズキャリア】
→特にエンジニアの採用にはかなり強い会社ですね。ベンチャー気質がある会社を多く紹介してくれますよ。

コメント