初心者ブロガーでも分かるコンテンツSEOの本質とは?

Webマーケティング

今、SEO対策の上で最も意識を強く認識をすべきものは、このコンテンツSEOという領域です。
実際にブログで記事を書くときには、大半のブロガーは意識ができていない領域かと思っています。
ただ、ここを理解することで、検索上位に挙げられるコンテンツの作成ができるようになるとおもいます。
ぜひ、意識して更新をしてみてください。

スポンサーリンク

コンテンツSEOとは?

コンテンツSEOとは、
ブログなどに記載している記事内の「コンテンツの質」を良くしようというSEO対策の1種です。
主なコンテンツSEOの目的は、ユーザーをWebサイトに引き寄せる集客手法になります。

SEO対策は、
大きく分けると内部SEO・外部SEO・コンテンツSEOと分けることができますが、
今回のお話は、その内の1種であるコンテンツSEOという部分になります。

なぜ今コンテンツSEOが重視されているのか?

今、SEO対策の中で最も意識すべきことは、コンテンツSEOと言われています。
『Content is KING』とも言われるほどです。

もともと、検索アルゴリズムの歴史を紐解いていくと、
昔は、内部SEOや外部SEOが最も重視されていた時代がありました。
例えば、htmlタグの設定や外部リンクを多く貼ってもらうだけで、
SEOで検索上位を十分に取ることができていた時代がありました。

ですが今はそうはいかなくなりました。
内部SEOや外部SEO対策を施したとしても、検索順位が上がらないこともあるくらいそれらの対策はあまり意味を持たないものになってきました。
それは、Googleによるアルゴリズムの更新に伴い、
コンテンツSEO対策への比重が大きくなったからと言えます。

Googleの検索アルゴリズムは今、
ユーザーの流入目的に最も適合しているページを上位にランキングさせる仕組みを取っています。
Google自体が良質のコンテンツがなんたるかをアルゴリズムで見抜き、上位にランキングさせているということです。
このインデックス〜ランキングまでという仕組み自体もかなりのレベルで的確に行われています。

コンテンツSEOの本質とは?

正確に、高品質なコンテンツとはこれであるという回答をGoogleは出していませんが、
Googleが良質なコンテンツとして認識するものは下記であると話をしています。

良質なコンテンツとは?

これは一概には言えませんが、

・検索キーワードに対して適切な回答を記事上で出している。
・その業界/分野で信頼される人が書いている
・そのコンテンツが拡散されている
・自然発生する被リンクを多く貼ってもらえている

これらが網羅的に行われているページは高品質コンテンツであると言えるかと思います。

1つずつ説明をしていきます。

・ユーザーの検索に対して適切な回答が記事上で出されている

ユーザーは何か物事を調べるとき、Googleの検索窓口でキーワードを検索して、ページに流入することが殆どです。

また、全てのユーザーは何かしら目的を持っていたり回答を求めてWebサイトへと流入してきます。
ですので、ユーザーが検索したキーワードの意図が何なのかをしっかり読み取った上で、コンテンツを記載していくことが記事を書く時に重要なことになります。

例えば、
「SEO対策」というキーワードで検索をかけているユーザーの求める回答と
「SEO対策 最低限」というキーワードで検索をかけているユーザーの求める回答は異なります。

まずはじめに、
「SEO対策」で検索をかけ、流入してきているユーザーは何を回答として得たいのか?
推測にはなりますが、恐らく、
SEO対策そのものについて概要を知りたいユーザーである可能性が高いのではないかと思います。
ですので、記事の中にに記載する内容は、
SEO全体について網羅的に説明してある文章を入れていく。

はたまた、
「SEO対策 最低限」にて検索をしたユーザーはどんな回答が欲しいのか?

こちらもあくまで推測にはなりますが、
「SEO対策で行う最低限の施策は何かを適切に回答をしてくれているページ」
を求めているユーザーであると可能性が高いのではないかと推測できると思います。
ですので、実際に必要な最低限のSEO対策の方法を記載するコンテンツを作っていきましょう。

ユーザーの意図に応じたコンテンツの記載があるものがGoogleでも上位に表示されるようになっています。

チップスとしては、
記事を作成する前に、あらかじめキーワードから読み取れるユーザーの意図を考えた上で記事作成をを行うと良いでしょう。

・その業界/分野で信頼される人が書いている

今、Googleの検索アルゴリズムでは、
専門知識を高く持っている人のWebサイトやページを検索上位に上げるようアルゴリズムされています。
その分野や業界で知名度のある人のコンテンツというものは、ある程度情報に信頼性を持っているものです。
Googleは本来、信頼性の高いコンテンツはユーザーに見てもらうべきコンテンツとして定義しています。
ユーザーの疑問に対し、適切な回答を出すことができるコンテンツになりますので、高く評価されます。

Webマーケティング上の言葉で、「E-A-T」という言葉があります。
「専門性・権威性・信頼性」を英語にした時の頭文字を取ってつけられた呼び名です。

このE-A-Tに即したWebサイトというものは、非常に高く評価されています。
できることならこの領域のメディアやブログを目指していくと良いでしょう。

E-A-Tとは?SEO対策においてE-A-Tが重要視されている理由!
E-A-Tとは? Googleが作成している品質評価ガイドラインの中で記載をされている Webサイトを評価する基準の一つです。 簡単にいうと、世間的にき信頼されてる人が書いているブログや記事は ランキング上位にあげますよ!という理解...

・記事が拡散されている

Googleに受ける評価が高くなる記事というのは、
他人のウェブサイト上やツイッターなどのSNS上で拡散される傾向が高いです。
ユーザーにとって満足を与えられているウェブサイトであるからこそ、拡散がされるという発想です。

ですので、必然的にリンクを多く獲得している記事というのは高い評価の対象となります。

コンテンツSEOを意識するためにすべきことは?

まずは、Google検索エンジンの仕組みを知ることです。
Googleという検索エンジンの上にどのWebサイトもブログも乗っかっています。
検索エンジンはYahooなどもありますが、今はGoogleのプラットフォーム上に全て統一されています。
ですので、Google検索エンジンアルゴリズム上で成り立っています。
揺るがない事実になりますので、Google自体の理解を上げることから始めるとSEO対策の本質が見えやすくなります。
まずはここから始めてみてください。

→まずは知るべきGoogleが何を考えているか?
こちらの記事で深く紹介しておりますので、見てみてください!

Googleを理解する。その上で、ブログを作って行きましょう。

まとめ

Googleは、量よりも質という部分を好んでランキングをしています。
ですので、多くコンテンツを書けばWebサイトを上位表示できるという時代では無くなりました。
少量のコンテンツでも良質のコンテンツであれば、検索順位で高い評価は得られます。

Googleというプラットフォームを理解しつつ、徐々にコンテンツの質を上げるように意識してみましょう。

コメント