ドメインパワーを上げるには?ドメインスコアを伸ばすとサイト全体の底力が大幅に上がる

Webマーケティング

今、Googleによりドメインパワーが重視されています。SEOでオーガニック流入を増やすにはこのドメインパワーを上げないことにはなかなか話になりません。今回の記事では、ドメインパワーとサイトランキングの関係性をここに記載したいと思います。

スポンサーリンク

ドメインパワーとは?

この記事を見てくれているブロガーさん、アフィリエイターさん、Webマーケッターさん、
ドメインパワーというものをそもそもご存知でしょうか。
SEO対策では、このドメインパワーが大きな鍵をにぎっています。

ドメインパワーとは、そのサイトが持っているポテンシャルのことです。実は、各サイトはGoogleによってランキング付けされています。
ドメインパワーが強ければ強いほど、SEOで有効に働き、様々なキーワードで検索上位を取ることができるようになります。

ドメインスコアを測る方法

ドメインパワーはドメインスコアをもって測ることができます。
ドメインスコアを測るには、ドメインスコアを測る無料サイトが存在してい流のでそちらでチェック可能です。
下記のサイトにURLを当て込むだけであなたのサイトのドメインスコアを測ることができます。

UberSuggest

ドメインスコアの基準値を記載しておきますね。

0-30→弱小ブログ、弱小企業サイト
31-50→中小ブログ、メディア
51-70→企業サイト
71-100→神ブログ、企業が運営する神メディア

実際にドメインスコアがマジで重視されている

2019年3月12日に行われたコアアルゴリズムアップデートの影響により、
弱小ブログや弱小サイトが一気に検索ランキングを下げました。

これは、E-A-Tが大なり影響をしているようで、
E-A-Tの低いサイトは今回のアプデによって根こそぎランキングを落とされております。
悲しすぎるくらい落ちてます。

E-A-Tとは?
こちらの記事で説明しています。よく分からないという方は読んで見てください。

今回のアプデを受けても尚、生き残っているサイトは主には下記のようなサイトです。

・企業サイト
・.orgなど権威性が比較的強いサイト
・トップ層を走る個人ブログ

この辺りのブログやサイトは順位を下げるどころか逆に大きく検索順位をあげました。

企業サイト、.orgなどのドメインサイトは生き残るのは当然のこととして、個人ブロガーのサイトでも生き残っているブログはどんな特徴があるのでしょうね。

有名ブロガーのドメインスコアを見てみよう!

下記に上げているブロガーさんは月に100万以上ブログで稼ぐトップブロガーです。

①サンツォさんのサイト(ブログ部)のドメインパワー数値

②マナブさんのサイト(マナブログ)のドメインパワー数値

③マクリンさんのガジェットサイト(マクリン)のドメインパワー数値

ドメインスコアを見てみると分かりますが、もう個人が運営しているサイトとは思えない数値です。
特に、マナブログさんのドメインスコアが70を超えていますが、この数値は大手企業が運営するサイトに匹敵するサイトと言えます。

彼らは月に100万以上ブログで稼ぐトップブロガーですが、彼らの運営しているサイトには共通点があります。
それは被リンク数の多さです。また、被リンクもno followではなく、しっかりとした被リンクです。
権威性の高いサイト(ドメインスコアの高いサイト)から被リンクをもらえているかどうかが今回のポイントになっています。
その被リンク数の多さに圧巻ですね。

オーガニック流入を確保できなければそのサイトは廃れる

また、ブログやメディアはオーガニックでの検索流入を増やすことを目的に運用しなければ必ずと言っていいほど潰れます。
PVが多いサイトの流入は、そのほとんどがGoogle、Yahoo!からの検索流入ですからね。

デジタルマーケティング、コンテンツマーケティングという言葉が流行って間も無く、オーガニックのみではなくユーザーがブログに流入する仕組みを多角的に積み上げていかなければ行けないんですが、ブログはもともとオーガニックの検索流入を増加させなければ行けません。

確かにTwitterなどのSNSも必要な手段なんですけどね。

検索流入を増やすには、あなたのサイトをGoogleにこのサイトは素晴らしい!と認識してもらわないといけないわけです。
そのオーガニックを増やすということ=SEO対策をしっかりかけてランディング数を増やすことです。ドメインスコアを伸ばすしかありません。

Googleは機械的にしかサイトの良し悪しを判断しない

Googleはアルゴリズムによってサイトランキングを評価しますが、その方法は常に機械的であります。
Googleは記事内にある文章全ては理解していません。あくまで記事タイトルと関連性がある内容がしっかり記載されている程度しか分からないのです。
関連性がある記事であれば、直帰率は下がり、読了時間や読了率が上がりますよね。そういう時間や率を他のサイトと比較してランキング付けをしているんです。
逆を言うと、アルゴリズムが評価するポイントさえ守ることができれば、ドメインパワー含め、SEOも飛躍的に上がるということです。

Googleの評価が比較的高い施策は何か?

今、Google評価が高いアルゴリズムは、コンテンツSEOと外部SEOの2つの施策と言えます。

コンテンツSEOでは、ユーザーにとって有益な情報が記事内にしっかり記載されているかを見ています。
また、外部SEOでは、被リンクの数や権威性が高いサイトからの被リンクをもらっているかを見ています。

SEOで勝者になりたいのであれば、これら2つをしっかり行うことです。
すると、ドメインパワーを高めることができます。

インフルエンサーのサイトが高い評価を受けるカラクリ

インフルエンサーが運営しているサイトは他者よりも被リンクを受けやすい状態にあります。
例えば、Twitterなどでインフルエンサーが発するツイートって拡散されやすいものですよね。
それと同じようにインフルエンサーが書いた記事というものは、TwitterやFacebookなどのSNSや様々なメディアで拡散されるんですよ。
これにより被リンクが爆速で増えている訳ですね。

そしてGoogleはそれらを機械的にアルゴリズムに当てはめて評価します。
そうなると必然被リンク数を評価するGoogleですからドメインスコアが上がりドメインパワーが高まります。
これがインフルエンサーのサイトが高い評価を受けるカラクリです。
こういう当たり前を割と知らない人が多いので、覚えておきましょう。

ブログを新規で立ち上げて行動してみたは良いけど、結果はすぐに出るわけではないですよ。
新規ドメインでサイトを立ち上げて行動したとしても、検索であなたのサイトが上がるまで早い人でも半年。凡人なら1年は時間がかかります。
半年で検索順位で上位獲得できる人は、SNSなどで活躍してるインフルエンサーです。
Twitterであれば1万人以上のフォロワーがいる人たちですね。強くてニューゲーム状態という訳です。

インフルエンサーになれば、被リンクをもらい放題なので、どんどんサイトへの訪問数が増えます。
そうなるともはや無双状態に突入します。そこまでの辛抱できればがっつりブログを使って稼ぐことができるようになりますね。

この記事のまとめ

いかがでしたでしょうか。ドメインパワーを高くしていかなければいけない理由をご理解いただけたかと思います。
最近のGoogleの評価傾向として、コンテンツSEOのみでなく、被リンク=外部SEOの重要性も大きくなり始めています。
Googleはコンテンツの質が高いサイトと権威性が高いサイトどちらも兼ね備えているサイトを検索上位に上げ始めたということです。

これからの時代、被リンクをしっかりもらいつつ、ユーザーにしっかり評価される記事を書いていかなければなりません。
昔に比べると、SEOは本当に難しくなりました。ですが、一つ突き抜けることさえできれば他を圧倒することができます。
ブログを楽しむことを忘れずに一緒に頑張りましょう。

以上、少しでも皆さんの役に立っていれば幸いです。
にほんブログ村 ブログブログ ブログノウハウへ
にほんブログ村

コメント