【案件獲得の方法を変える】フリーランスのWebデザイナーが高単価案件を獲得するために必要なこと

フリーランスのWebデザイナーの高単価案件獲得方法Webデザイン
梅干さない
梅干さない

フリーランスのWebデザイナーでもっと稼ぐ額を上げたいというあなたへ。

本記事では、仕事に慣れ始めたフリーランスWebデザイナーに向けて、より高単価の案件を獲得していく方法をまとめました。

 

記事を読んでぜひ稼ぐ額を上げるために行動に移してみてください。

フリーランスの方であれば、既にクラウドワークスやLancersなど大手クラウドソーシングサイトに登録しているかと思います。

とはいえ、クラウドソーシングには人が入り乱れ過ぎて、競争も激しく、1件あたりの案件単価も安くあまり稼げる状態ではありませんよね。。

フリーランスのWebデザイナーは、在宅でも稼ぐことができる職として人気ですが、そもそも稼ぐことが難しいのでは行動に移しづらいところもあるのかなと思います。

とはいえ、それでは夢も希望もないわけです。。。

本記事では、どうしたらフリーランスWebデザイナーでも大きな金額を稼ぐことができるのか?に回答を出していきます。

実践することで、ほぼ間違いなく稼ぐ額を上げることができるようになるので、ぜひ最後までじっくり読んでみてください。

フリーランスのWebデザイナーは稼げないのか?

ネットで検索するとよく「フリーランスのWebデザイナーは稼げないから辞めておけ」という言葉を見かけます。

これは、正解でもあり、間違いでもあります。

一般的にWebデザイナーの平均年収は300万〜400万円と言われており、大きな額を稼ぎたい人は物足りなさを感じてしまうことでしょう。

一方、フリーランスWebデザイナーの仕事一本で年収700万〜800万円稼いでいる人も実は結構います。

「フリーランスのWebデザイナーは稼げない」と、思い込んでしまっている人たちが多くいますが。

とはいえ、Webデザイナーの平均年収はそこまで高くないことは周知の事実です。

梅干さない
梅干さない

この既成概念を崩すことは確かに大変ですが、打開するために何をすべきかを考えていきましょう。

フリーランスWebデザイナーが高単価案件を取る方法

一般的に平均単価が低いところ(市場)で戦っていたとしても、なかなか収益を上げ切ることはできません。

そのような単価が低い案件の獲得はなるべくやめるべきで、高単価な案件に飛びつくということが答えです。
どうすれば高単価案件に在りつけるのか、以下を参考にしていただくと良いでしょう。

  • クラウドソーシングの利用はもう辞めよう
  • フリーランス登録サイトをフル活用しよう
  • SNSで案件獲得を狙おう
  • 自分の価値を高め続ける行動

クラウドソーシングの利用は一切辞めよう

ランサーズやクラウドワークスなどクラウドソーシングを利用して案件を募るフリーランスのWebデザイナーは多いことでしょう。

なりたてフリーランスが登竜門的にクラウドソーシングサービスへ登録することが一般的となっているためです。

クラウドソーシングの登録・案件確保は、なりたての頃であればいいですが、クラウドソーシングのみで案件確保し続けているといずれ損する事態に陥ります。

梅干さない
梅干さない

クラウドソーシングで募集されている1案件の単価が非常に安いからですね・・・。

Webデザインの仕事は需要は高いのですが、それだけ受ける人も多いため単価を大きく上げづらい状態が出来上がっています。

クラウドソーシングに転がっている案件なんて割と要求が高く時間も掛かるのに、1案件辺り5〜10万円ほどしか稼げません。

もはや雀の涙レベルです。。。

案件を獲得するということは大切なのですが、本当にその仕事を受けるべきなのか見極めが非常に重要です。

稼ぐことを目的にするのであれば、クラウドソーシング経由で案件確保するということを辞めた方いいですね。

梅干さない
梅干さない

クラウドソーシングは「保険」くらいに思っておくと丁度いいですよ!

フリーランス登録サイトに登録すべき

まっしゅ
まっしゅ

クラウドソーシング以外で案件を取っていくとなると何があるの?

自分で営業していくとか・・・?

梅干さない
梅干さない

そうだね。それも一つの道だけどかなり険しい道だよね。

それより簡単に高単価案件を取れる方法があるから紹介するね!

元来フリーランスは、自分でクライアントへ営業をかけて、新規案件を取っていました。

企業や個人などWebデザインを求めている人たちに対して営業をかける必要があったんですね。。

これはつまり、新規営業と同じことで、かなり大変なこと。

とはいえそれは、今や昔の話です。

そんな面倒もなくなる、案件を確保できるマッチングサービスがあります。

それが、フリーランス登録サイトです。

梅干さない
梅干さない

稼ぐフリーランスのWebデザイナーはここに登録しています。

案件も数多く揃っており、且つ、高単価なものが多いことが通常です。

クラウドソーシングとフリーランス登録サイトの案件単価の違い

クラウドソーシングサイトとフリーランス登録サイトの案件金額には明らかな違いがあります。

同じような内容の案件であってもクラウドソーシングでは5万円

フリーランス登録サイトの案件は40万円であったりします。

約2〜5倍の金額格差が生まれていたりする訳で、フリーランス登録サイトへ登録しておいて損はないんですよね。

SNSやオンラインサロンで案件の獲得を行う

ここ最近、TwitterやnoteなどSNS媒体をフル活用しながら、新規顧客獲得を行なっている人もいます。

というか急増してます。例えば下記マクリンさんは素晴らしいです。

僕がいま何かをするとき、SNSで出会う人に教えてもらったり、なんなら一緒に組んだりするんよね。 つまり、SNSでのつながり無くしては、自分のビジネスは何ひとつできない(めちゃくちゃ助けてもらってます…) 単にフォロワー数がどうのこうのとか、そういう視野でしか見ないのはもったいない

参照:マクリンさん

梅干さない
梅干さない

SNSを上手く活用することで、自分にはない知見を取り入れて仕事をブーストさせられるんだね!

またオンラインサロンも同様、サロン内で案件紹介が活発化していて、その場で新規顧客獲得を行うケースが増えています。

クラウドソーシングのように誰でも訪れるオープンな場所でなく、クローズドな環境に身を置くことで案件の獲得率を上げていくことができます。

また、クローズドな環境で受ける仕事のメリットとして継続率も割と高いことが多いです。

単発の仕事を受けているのみでは、毎度仕事が終わってしまうごとに次の案件を探さなければいけなかったり、安定的に収益を構築できません。

1人でフリーランスを行いつつ、大きな利益を上げ続けることは至難のワザですよね。

どこに身を置くかで案件受注率も継続してお金を作り出すこともできます。

自分自身の価値を上げて、案件単価を上げる

フリーランスWebデザイナーは肉体労働型のビジネスです。
これは、働いた時間分がお金に変わるというもので、1日に稼げる金額に上限があるというビジネスでもあります。

「自分自身の価値を上げて、案件単価を上げる」で最も伝えたいことは下記の2つ。

・費用対効果をしっかり生むことができるかを考える
・他人にはないスキルを持ち自分自身の価値を上げる

ことがとても重要なポイントです。

予め、仕事を請け負う際にその仕事内容は時間がどれ程掛かるのかを計算し、費用に見合うお金が得られるかどうかを軸に受ける案件を決めていく。

また、他の人が持っていない能力を持っていることで自分自身の市場価値を上げる。

自分の価値を上げられるとそれだけで案件の獲得には有利になります。

少し行動や視点を変えるだけで、フリーランスWebデザイナーの年収を上げることは可能です。

この記事のまとめ

フリーランスのWebデザイナーは、なかなか稼ぐことができないと言われていますがこれは間違いなく脱却できます。

案件の取り方を少し変える・自分自身の価値を上げていくことで、顧客単価を上げて脱却を図るのです。

クラウドソーシングを利用するとすぐ案件を獲得はできますが、案件単価が安すぎるためどれだけ働いたとしても、大きな金額を稼ぐことは出来ません。

案件獲得の方法でおすすめなのは、

・フリーランス登録サイトに登録して案件単価の高いものを受注する

・クローズドな環境に身を置き、安定的な高単価案件を受け続ける

行動に移すだけで稼げる金額を変えられるので、ぜひトライしてみてください!

コメント