高品質コンテンツってどんなコンテンツ?

Webマーケティング

GoogleがSEOで検索順位を上位にあげる際、重視している項目に
「質の高いコンテンツをページに記載されているか」があります。
高品質コンテンツとは何なのか、説明をしていきます。

高品質コンテンツって?

高品質コンテンツとは、
単にページ内に文字が多く書かれていればいいと言うわけではなく、
ユーザーがそのページを見たときにこれは重要な情報が乗っている!
しっかり分かりやすく教えてくれてる!
と思ってもらえるかどうかをGoogleのアルゴリズム内で判断し見極めています。

ポイントとしては、
・ユーザーにとって有益な情報かどうか=ユーザーの訪問意図に合っているか
・ユーザーにとって理解がしやすいかどうか
・その記事の筆者が信頼・信用されているかどうか
・その記事が自然発生的にシェアされていてみんなに読まれているかどうか
・その情報にユーザーがすぐにたどり着けるかどうか

などを網羅的にGoogle側でチェックしています。

結論を申しますと、
ユーザーにとって有益な情報が記載されていれば、SEOでは上位に表示されるよう設計されています。

ですので、
たとえ文字を多く積んで記事を書いたとしても、ユーザーにとって有益ではないものは
上位ランキングされないようにGoogle側で図られています。
 
あくまで、
「どれだけユーザーファーストな視点でコンテンツが組み立てられているか」
が非常に重要な考えとなっています。

ユーザー目線でのコンテンツを作るとは?

 
・ユーザーのことを考えてからコンテンツを作る。
・ユーザーの検索意図を読み取ってコンテンツを作り込んで行く。

ページに流入してくるユーザーは、
それぞれ目的が異なっており、求めている回答が異なります。

「ターゲット毎にそのページの内容の持つ意味が変わる。」

実際Webサイトに訪れるユーザーは1人ではありませんよね。
何千、何万ものユーザーがWebサイトに訪れるケースもあります。
その際にそれぞれのユーザーは、
自分の求めている答えがあるかどうかを見にきます。

ですので、
ターゲットをパターンに分けて記事作成を考えてみることです。

・まだその情報の存在を知らない層
・情報収集層
・比較検討層
・購入済みリピート層

流入してきたユーザーが求めている情報がそのページにきちんと記載されていれば、
そのページは、高品質コンテンツの対象としてGoogleに認知されます。

ターゲット層が求めている記事の特徴

キーワード検索で流入したユーザーが求めている情報が乗っているWebサイトと言うのは、
ユーザーの滞在時間や、見られる頻度、そのページやコンテンツを紹介してくれるユーザーの数も増えていくので、
結果的に外部リンク数も増えていきます。

そういう状況が生まれて、
ようやくGoogleから高い評価が得られるようになっていきます。

「そのターゲットに対して適切なコンテンツが記載されているか。」

Webサイトに訪れるユーザーがどんな目的を持ってページに訪れているのか?
を突き詰めて考えていくと、SEO上で検索順位が上がってきます。

そのような意識を持ちながら、コンテンツを増やしていく。

是非ここを念頭におきながら、コンテンツを作って見てください。

コメント