ブラックフライデーおすすめディスプレイを紹介

無料購読する

未経験からWebライターになる方法とは?実体験から詳しく解説!

webライター未経験 Webライティング
まっしゅ
まっしゅ

未経験でもWebライターになることができるのだろうか・・・?

副業やフリーランスなど、働き方が変わりゆく中、注目を浴び始めている職業の1つとなっているのが「Webライター」です。Webやインターネットを用いた媒体の利用上昇に伴い、需要が高まってきています。

タケル
タケル

今記事では、これからWebライターになりたいと考えている方に、どうしたら未経験からWebライターになることができるのかを実体験を踏まえて解説いたします。

未経験からでもWebライターは始められる

Webライティングと聞くと敷居が高そうと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。ただ、Webライティングは下記の理由があるため、未経験からでも挑戦することは十分可能です。

  • 日本語能力があれば誰でも始められる
  • 難しい作業は要求されない
  • 特別なソフトがなくてもPCやタブレット、ネット環境があれば始められる

これらの理由があるため、未経験からでもWebライターを目指せます。

Webライターとして働く場合は社員かフリーランスの2択

Webライターをメインの仕事にする場合、「会社員として働く」か「フリーランス」になるかの2択になります。それぞれの特徴としては下記のポイントが挙げられるでしょう。

会社員:定時で働くのが一般的。フリーランスより安定性はあるが、ライティング以外にも分析や編集を任されることもあり、業務は多い傾向にある。

フリーランス:常に自分で案件を獲得、管理する必要があり安定性を維持するのが難しい。基本的には任された業務のみを行うことが多く、自分の好きな時間帯に働くことも可能。

タケル
タケル

会社員とフリーランスにはそれぞれの異なる特徴があるので、比較して自分に合った方でライターを目指しましょう。

未経験からWebライターにどのようになったのか?

初めは自信の趣味のブログを始めたのがきっかけでした。

音楽に関するブログで趣味で始めたのですが、いつのまにかやっているうちにライティングにすっかりはまってしまい、仕事にしたいと考えるようになったのを覚えています。

クラウドワークスで初心者用の案件を受注しました。内容は、Yahoo!ニュースに関する記事で文字単価は0.2円と低くとてもしんどかったですね。

ただ、実績を積むうちに文字単価は0.8円、1円、1.5円、2円と向上し、少しずつ高単価の案件を獲得することができるようになりました。

タケル
タケル

また、私の場合、SEO検定も取得していたので、文字単価の高い案件でも採用されることが多く、資格はあまり必要ないと言われる中ですが、取得しておいてよかったなと今でも感じています。

体型的なSEOの知識を持っているライターは市場にそこまで多くはないため、声を掛けてもらうことができたのだと思います。

あとは様々なメディアで記事を書くことで文章力が鍛えられたのも、自分のプラスになった経験だと感じています。

タケル
タケル

時にはクライアントから厳しい指摘も受けましたが、諦めず付いていくことで修正の回数も少なくなりました。

Webライターとして確実に成功するためには、「自分だけの強みを持つこと」と「何個も記事を書いて自分を鍛えるしかない」と思っています。

関連:SEO検定の評判・口コミを徹底調査!受験するメリット・合格率なども併せて紹介 

Webライターとして働く時に必要なスキルとは?

Webライターとして働く場合、必須スキルを早い段階で習得しておくことが大切です。スキルがあるとクライアントに対してもアピールでき、案件も獲得しやすくなります。

タケル
タケル

ここからはWebライターとして働く場合に必須なスキルを4つに厳選してご紹介するので、ご参考にしてください。

  • 基礎的な日本語能力
  • SEOライティング
  • スピードライティング
  • キャッチコピー作成能力
タケル
タケル

上記スキルを取得することができれば、Webライターとして金額を稼ぐことはできます。

参考:Webライターとして食べていくために必要なスキル12選を徹底解説!

基礎的な日本語能力

基礎的な日本語能力はどの業界のメディアでも求められることが多くなっています。

日本語が成り立っていないコンテンツは、ユーザーから見て信用性が低くなってしまうからです。主語、述語関係、読点の使い方、言葉の使い方など気を付ける部分は多いです。

特に誤字脱字はどのメディアでも厳しく注意されることが多く、Webライティングを行う場合は細かく確認する必要があります。提出する前に自分で校正を行ったり、音読して確認したりと念入りにチェックする癖を付けましょう。

SEOライティング

SEOライティングは、Webライターとして早い段階で身に付けるべきスキルと言えます。SEOはコンテンツを検索エンジンの上位に表示させるための施策で、どのメディアにとっても必要な対策となっているからです。

SEOライティングができるライターは優先的に採用されることも多く、早い段階から取得しておく意味があります。

メディアによってはSEOのスキルを持っていないライターを雇わないところもあるため、ライターとして活躍したい場合は早い段階で身に付けましょう。

スピードライティング

クライアントによっては月に多くの案件を発注してくれる場合もあります。ただ、その分業務量が増えて納期との戦いになるので、早く文章を書けるようになるスピードライティングのスキルを磨くことがおすすめです。

スピードライティングのコツとしては、構成作成や下調べを入念に行うことが大切です。ライティングに入る前に情報がしっかり揃っていると書いてる最中に内容に迷うこともなくなるので、より早く書くことができます。

単純にタイピングの速度を早くすることも大切ですが、準備を十分に行う癖を付けると早く記事を書き上げることが可能です。

参考:知らないと損?Webライティングでスピードを上げるコツとは?

キャッチコピー作成能力

Webライターはタイトルや見出しを作成することも多く、キャッチコピーに関するスキルも求められます。魅力的なキャッチコピーのあるタイトルがあると、ユーザーがクリックしやすくなるからです。

キャッチコピーを作成するスキルを伸ばしたいのであれば、ライバルの記事にどのようなキャッチコピーが使われているのか分析するのがおすすめです。自分がいいと感じたキャッチコピーや言い回しは積極的に取り組んで、記事作成に反映させていきましょう。

参考:【覚えて損なし】Webライティングで大いに役立つキャッチコピー10選

未経験からWebライティングを学ぶ際におすすめな勉強法3選

Webライティングを学ぶ場合、様々な学習方法があります。

独学で学んだり、Webライティングスクールに通ったりと自分に合った方法で学ぶことで、よりモチベーション高く学習を続けることが可能です。

タケル
タケル

ここからはWebライティングを学ぶ際におすすめな勉強法を厳選してご紹介するので、学習時のご参考にしてください。

本での独学

タケル
タケル

最もスタンダードな学習方法として本での独学が挙げられます。

本は安いコストで買える上、Webライテイングのプロが監修した内容ですので、コスパ良く学習できるのがメリットです。

SEO、コピーライティングの分野ごとに本も出ているので、個々人の目的にあわせた学習もしやすくなっています。

ただ、独学の場合は周りの人にアドバイスを求めることが難しいことも事実で、自分で学習を完了させる必要があります。自分1人で学習を完了させる自信がない場合は、オンライン学習サービスやWebライティングスクールの受講を検討しましょう。

参考:SEOを学べるおすすめ本8選まとめ!サイトで上位表示を狙いたい初心者向け!

オンライン学習サービスの受講

オンライン学習サービスであれば、動画形式で学べるので分かりやすくスムーズに学習を進めることができます。

タケル
タケル

いくつか試してきた中ですと、オンライン学習サービス「Udemy」はおすすめです。

Udemyであれば講師に質問ができる上、買い切り型なので、いつでも動画を再生して復習することができます。

割引セールやキャンペーンも月に何度か開催されるため、お得に受講を開始できます。

講師もプロのライターばかりなので、安心して講座を受講しやすいのもメリットとなっています。

参考:最大90%OFF!Udemyのお得なセール情報について

Webライティングスクールの受講

独学するのが難しいという場合はWebライティングスクールに通うのも1つの手段となります。

Webライティングスクールであれば、プロの講師から直接ライティングに関するスキルを学習することができます。

Webライティングに関するスキルを学べるだけではなく、資格取得サポートや案件の獲得サポートがある場合も多いのがメリットです。

タケル
タケル

ライティングスキル以外のメリットも得たいという場合は、Webライティングスクールの検討がおすすめとなります。

参考:Webライティングスクール・講座おすすめ10個を徹底比較、口コミ付きでご紹介!

Webライターを未経験から始める際の注意点

タケル
タケル

Webライターは未経験からでも始めることができますが、始める際にいくつか注意点があるのも事実です。

注意点をあらかじめ把握しておかないと、ライターになってから後悔することも十分にあり得ます。ここからWebライターを未経験から始める際の注意点について解説するので、ご参考にしてください。

フリーランスとして働く場合は最初は仕事が獲得しづらい

フリーランスライターとして働く場合、実績がない初心者の段階では仕事が獲得しづらくなります。

最初の段階は仕事がなく、不安に感じてしまうこともあるでしょう。働くモチベーションを失うこともあるので注意が必要です。

タケル
タケル

初心者の段階からなるべく案件を獲得したいのであれば、ポートフォリオを準備することがおすすめです。

自分のブログを開設して文字数2000〜3000文字の記事を5~6本執筆しましょう。

ポートフォリオがあれば、営業する際に役立つのでライター活動を本格的に始める前に作成しましょう。

参考:【初心者Webライター向け】ポートフォリオの必要性、作り方、載せるべき内容を全て教えます!

自分で徹底的に情報を調べることが求められる

Webライターはどの媒体で記事を書くにしても、徹底的なリサーチを求められます。どの記事を参考にするのか執筆を行う前に提出を求められることが多いので、参考となる記事や文献は自分で探す癖をつけましょう。

メディアによっては厳しく事実確認を行うこともあるので、信憑性のある情報を収集する必要があります。間違っている情報を載せてしまうとメディアの信頼問題に関わってくるため、細かくチェックした上で情報収集を行いましょう。

レギュレーションが厳しく、ハードな場合がある

メディアによってはライティングを行う際のレギュレーションが厳しく、難易度が高く感じることがあるかもしれません。

日本語の使い方、デザインの指示、画像選定など非常に細かいルールがあるとその分、作業もハードになります。

一方で作業やチェックがハードな分、ライターとしての実力を身につける場合に最適です。自分の実力を伸ばしたいと感じるのであれば、レギュレーションが厳しいメディアに挑戦するのもいいでしょう。

タケル
タケル

ただ、無理をして厳しいメディアで書き続けていると、精神的に負担になる場合もあるので、自分の性格を考えた上で検討しましょう。

楽に稼げる仕事ではない

Webライターの仕事は常に手を動かすことが求められます。作業した分しか報酬が発生しないため、稼ぐためには記事を書き続けるしかありません。楽な仕事とイメージしているとギャップに苦しむことになります。

これらの理由があるため「集中力に自信がない」「ずっとタイピングをするのが苦痛」と感じる場合はWebライターに向いていません。

タケル
タケル

自分の仕事となるものなので、目指すかどうか慎重に検討しましょう。

注意点を踏まえてWebライターを目指しましょう!

今回の記事ではWebライターになる方法や、学習方法についてご紹介しました。

実際に私のWebライターの体験談もあるので、ライターの仕事や苦労がイメージしやすい記事になっているはずです。

Webライターは未経験からでも始めることができる仕事です。ただ、同時に注意点を把握しておかないと、ライターを始めた後に後悔することもあり得ます。今回の記事では注意についても詳しく記載しているので、合わせて検討材料にしてください。

梅干さない
梅干さない
もしこの記事を読んで、ご質問があれば公式LINEからご質問ください!    
   
Webライティング
この記事を書いた人
梅干さない

シリーズCの事業会社でデジタルマーケティングの責任者。webマーケティング・デジタルマーケティング。Webコンサル×新規営業×ディレクション(一貫してすべてのフローを行う)経験済。個人でも様々な業務を請け負います。

▶︎お問い合わせはこちらから

梅干さないをフォローする
梅干さないをフォローする
うぇぶログ(WEBLOGG)

コメント

タイトルとURLをコピーしました