転職をバシッと成功に導く人の特徴・考え方6つを解説!

お役立コラム

転職で成功を収める人と失敗を重ねてしまう人には考え方や特徴に違いがあります。それは些細な違いですが、その「違い」に気づけるか気づけないかで、転職活動の結果は大きく異なります。

本記事では、転職を成功に導く人はどのような特徴・考え方を持っているのか、また逆に失敗する要素も併せてお伝えいたします。

スポンサーリンク

転職を成功に導く人の6つの特徴とは?

転職を成功に導く人はどのような思考をしているのか?

下記の6つのポイントを抑えている人こそ、転職を成功させている人です。

・転職は「マッチングで決まる」を知っている
・特定の分野で専門性を持ち合わせている
・素直に自分の弱さを認めている
・企業側の採用ニーズを理解している
・十分な事前準備をしている
・転職エージェントと非常に”蜜”な情報交換をしている

転職は「マッチングで決まる」を知っている

大前提、転職はポジションのマッチング作業です。働いてみたいと思う企業があったとして、確実に活躍できるスキルが整っていたとしても、その企業のポジションが空いていない場合、その企業へ転職することはなかなか難しいものです。

企業は面接ではその人にどのようなポジションを任せるかを見極めています。

梅干さない
梅干さない

どうしても行きたい企業がある場合は、直談判して面接をもぎ取りに行くことも考えた方がいいですね。

それだけ転職活動はポジションが空いているか空いていないかに大きく作用されます。

つまり、タイミング次第で転職活動の結果も変わってくるということにもなります。

特定の分野で専門性を持ち合わせている

特定の分野における専門スキルを持ち合わせている人は転職では優遇されやすい傾向にあります。

まっしゅ
まっしゅ

特定の分野の専門性ってどんなものなん?

梅干さない
梅干さない

専門性は、営業スキル、コンサルティングスキル、プログラミングスキルなど特定の分野におけるスキルのことだね。

転職活動は新卒採用でよくあるポテンシャル採用では無く、自分が持っているスキルを主軸に執り行われます。

持っているスキルを利用して転職先の企業でもしっかり結果が出せる人なのかを企業側は見ていると言えます。

素直に自分の弱さを認めている

素直に自分の弱さを認識している」かは転職活動ではとても重視されていることです。

というのも、自分の弱さに素直に向き合えるか向き合えないかで入社後の成長速度が異なるためです。

面接の場合、その企業から信頼を勝ち得るために自分を大きく見せようとしがちですが、これはあまり良くないことです。
せっかく転職しても採用ニーズのミスマッチングが起きてしまうと入社してからとても苦労してしまいます。

梅干さない
梅干さない

これから一緒に働いていく「同志」になる訳ですから、誇張はせずに有りのままの自分をさらけ出しましょう!嘘は禁物!

企業は「自分の弱さ」をどのように克服することが出来るかをかなりしっかりとチェックしています。

この会社でよかった!心地良い環境の会社だ!と思って働いてくれる人を取りたいと思っている企業は多いものなんです。

面接の場では誇張せず有りのままの自分を話すことが大切ですよ!

企業側の採用ニーズを理解している

企業がどういった人材を欲しているか、企業の求める採用ニーズを予め知っておくと転職活動を優位に進めることができます。ポジションと業務イメージが明確になっているとその分、企業面接でどう言った質問が来るか予測が出来るようになります。

✔︎なぜ、この会社を選んだのか?
✔︎転職活動をしようと思ったきっかけは何か?
✔︎この会社の領域ではどのような戦略が有効になると思いますか?
✔︎売上を2倍にするために何をすべきだと思いますか?
梅干さない
梅干さない

採用ニーズを知っておくと、面接でよく投げかけられる上記のような質問にも臆することなく優位に話を進めることができます。

企業側のニーズを理解し、アウトプットする材料をいくつか用意しておくということが有効な手段です。

十分な事前準備をしている

何を聞かれる?何を見られている?何を答えるべきなのか?転職活動は模試試験のように回答が決まっているわけではありません。ですが、ある程度の攻略は十分に可能です。

どのような商材・サービスを扱っているか、主ターゲットはどこか、競合他社との違いは何か、この辺りの認知やイメージングが出来ていると、企業で働くイメージを捉えることができるようになります。

予めいくつか答えとなる武器を用意しておき、回答を探り価値観を合わせていくと、面接中でのコミュニケーションがスムーズになりますよ!

そして、このような十分な事前準備するには、転職エージェントの担当さんから情報を洗いざら教えてもらうということが非常に有効な手段となり得ます。

転職エージェント担当と非常に”蜜”な情報交換をしている

予め知っている「情報」があるないでは転職結果が大きく変わります。

情報は非常に重要な要素です。転職を成功に導いている人は、エージェントの担当さんを思い切り味方につけています。情報を駆使すると転職活動は思っている以上にスムーズに進みます。エージェントは、企業の担当さんと実際に話をし、採用ニーズをこと細かく聞いている人たちです。どのような人材が欲しているのか、社内体制はどうなっているのか、その会社で働いている人の価値観はどうなのかなど、とても細かな情報をすでに持っています。情報を事前に持っておくことで、ミスマッチングを大きく防げるので、転職エージェントの営業さんと仲良くなっておくとメリットが大きくあるのです。

転職エージェントは色々存在しますが、各エージェントによって所持している情報は異なります。
紹介は出来るけれど、コアな情報を所持している人と所持していない人では転職の成功率は変わりますから、複数エージェントに登録することをおすすします。

★全ての人におすすめな転職エージェント3つ★

doda→給料高めの案件が豊富!筆者一押し!どのエージェントよりも丁寧に対応してくれました。
リクルートエージェント→案件量の豊富さはリクルートが1番!
マイナビエージェント→20代の転職に強いエージェント!

また、より詳しくエージェントについて知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

転職を失敗させてしまう人の4つの特徴

逆に転職を失敗させてしまう人の特徴と思考を記載いたします。

・初めての転職で知らないことだらけ
・転職の軸が決まっていない
・専門性が大幅にかけている
・転職を行う覚悟が足りていない

初めての転職活動で分からないことだらけ

初めての転職活動で慣れていないということもその要素に当てはまるでしょう。
何をするにも、慣れるまでどうしても多少の時間がかかってしまうものです。だから多少上手くいかなかったとしても、そんなに気を落とさなくても問題ありません。

転職の軸が決まっていない

転職を行う上で、なぜこの会社に就職を希望しているのか?
自分の将来をどのように考えているのかを面接の場で明確にできないとなかなか面接を進めません。

重く考え無くても良いのですが、たまに重く捉えすぎてしまう人がいます。
多くの会社が見ているものは(例外はありますが)ポジションとスキルマッチングです。

専門性が欠けている

未経験採用の場合は別ですが、転職は「スキルありき」で見られます。このスキルが全くない状態で話を進めてしまうと企業側もどこで活躍の場があるのかが分からなくります。

例えば、何か新プロジェクトを行うときに、専門性がない人に任せたいとは思わないものです。経験というのは専門性を持っていれば、のちに確実に得られるものなので、まずは自分が所持している専門性を軸に転職を行うと良いでしょう。

転職を行う覚悟が足りていない

「転職を本気で行いたい」という覚悟があるかどうかも大切なことです。マインド要素になりますが、この転職に対する覚悟があまりない人ほど、転職活動が長引いてしまう傾向にあります。

転職そのものを曖昧に考えてしまって、軸もブレブレで、今の会社ではなんとなく、働きたくないが先行してしま鵜呑みだと、企業側にもバレてしまいます。

転職活動を行うときは、どうして転職を今行うのかをしっかり考えましょう。覚悟を決めてから転職に臨むと成功率がグーンと伸びます。

どうしても軸や転職に対するマインド形成ができない場合は、転職エージェントが相談に乗ってくれるので、相談しつつつ転職への意識を強めるのもアリです!

★全ての人におすすめな転職エージェント3つ★

doda→給料高めの案件が豊富!筆者一押し!どのエージェントよりも丁寧に対応してくれました。
リクルートエージェント→案件量の豊富さはリクルートが1番!
マイナビエージェント→20代の転職に強いエージェント!

また、より詳しくエージェントについて知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

企業が要チェックしているのはスキルセットとマインドセット

「スキルセット」と「マインドセット」企業は大まかではありますが、この2箇所を非常に重要視していますす。

それぞれ「スキルセット」と「マインドセット」について説明します。

スキルセット

スキルセットとは、企業側が求めているスキルを持ち合わせているかどうかです。
つまり、その会社でどのような貢献ができるかどうかを見られています。企業は即戦力になってくれる人材を欲しがっています。

営業なら数字を最短で持ってこれる人、プログラマーならスキルレベルの高さなど、いわゆるスキル的にすぐ順応できるかどうかという視点です。

未経験分野での転職活動を行わない限り、このスキルセットはクリアできることは多いでしょう。

マインドセット

マインドセットとは、企業の文化や風土に転職者の考え方がマッチングしているかどうかです。このハードルを越えられず、落ちることはよくあります。

企業側は、単純に成果のみを求めるのではなく、長年働いてくれる人材を欲しています。
企業に長く貢献してくれるかどうかをチェックしています。採用にかかる金額もバカになりませんし、ここでのミスマッチングをなるべく減らしたいと考えています。

スキル部分に目が行きがちではありますが、企業の文化や風土を事前に調べておくこともとても重要な要素です。

スキルとマインドのマッチングが高ければ高い企業へ行くほど、転職の成功を確かなものに出来るでしょう。

この記事のまとめ

転職活動はただ単に、もらえる給与・場所・仕事内容の変更というわけではありません。

転職はチャンスを切り開く手段なのです。今勤めている会社で活躍できなかった人でも、他の会社に行けば活躍の幅が増える人は本当に多くあることです。

たまに転職を悪と捉える人もいますが、それは大きな間違いであると思っています。転職活動では自分のことを客観的に本気で観る場にもなり得ます。自分と向き合い、騙さない人にはそれ相応の成功が訪れることでしょう。

結局、それぞれこれまでの人生や成果、その結果何が起きてなぜそうなったのか。もう一人の自分が今の自分を客観的
に評価分析できていて、それが転職先の企業が望むスキル・マインドかどうか、です。

ここを念頭に置きつつ、ぜひ転職活動での成功を掴み取ってください。

コメント