Amazonブラックフライデー開催中 >

無料購読する

【2022・最新】Webディレクタースクール・講座おすすめ7個を徹底比較してご紹介!

Webディレクションスクールおすすめ Webデザイン
梅干さない
梅干さない

どうも、シリーズDの事業会社でWeb/デジタルマーケティング責任者をしている梅干さないです。

  • Webディレクターになりたいけど、おすすめのスクールってあるの?
  • Webディレクターに必要なスキルを知りたい
  • Webディレクター向けスクールを選ぶときのポイントって?

Webディレクターを目指すためにスクールの受講を考えている人は、このように悩んでいるのではないでしょうか?

多くのスクールがあることに加え、Webディレクターには幅広いスキルが求められるので、どのスクールのどの講座を選べばいいか正直わかりづらいですよね。

今回は、Webディレクターを目指す人に向けて、

  • Webディレクターの仕事内容
  • Webディレクターに求められる4つのスキル
  • Webディレクタースクール・講座を選ぶときのポイント
  • Webディレクター向けおすすめスクール・講座7選

について解説します。

Webディレクターに必要な知識をバランスよく学べるスクールから、不足しているスキルをピンポイントで学べる講座までを一挙に紹介します。

タケル
タケル

Web業界でWebディレクターとして活躍の幅を広げたいと思っている方は、最後までご覧ください!

また、WebデザインスクールWebマーケティングスクールWebライティングスクールなど、各スキルごとにスクール情報をまとめています。合わせてご確認ください。

Webディレクターの仕事内容

Webディレクターの仕事は、クライアントの要望をWebサイトなどの成果物に反映させることです。

Web制作には、コーダー、エンジニア、デザイナー、マーケター、ブランド担当などさまざまな役割の人が関わります。

Webディレクターは、各人の役割を認識し、うまく手づなを引き、スケジュールどおり制作がすすめられるように、調整や進行管理をおこないます。

具体的には、

  • クリエイターの選定
  • コンテンツの品質管理
  • 制作物のスケジュール進捗管理
  • クライアントとの連絡などコミュニケーション

などがあり、幅広い知識と、高いコミュニケーションスキルが求められます。

他にも稀ですが、クリエイターから上がってきたものが、クライアントの要望に達していない場合は自ら修正することもあります。

タケル
タケル

Webディレクターは、Web制作プロジェクトの取りまとめ役として機能する役割をもっているんですね。

Webディレクターに求められる4つのスキル

Webディレクターには幅広いスキルが求められますが、ここでは大きく

  • テクニカルスキル
  • 対人コミュニケーションスキル
  • 管理能力
  • 企画・提案力

の4つにわけて紹介します。

テクニカルスキル

Webディレクターは、Web制作に必要なテクニカルスキルを身につけておく必要があります。
具体的には、以下のとおりです。

  • 最低限のコーディングスキル(HTML/CSS)
  • UI/UX(構成作成)
  • Webデザイン(グラフィック面)
  • 訴求内容を考える(ライティング面)

基本、エンジニアやデザイナーなどの専門家が作業をおこないます。

しかし、Webディレクターに各分野の知識がないと、クライアントの要望を実現するための道筋を示せませんよね。また、各メンバーに適切な指示ができなかったり、質問に答えたりできない可能性もあります。

タケル
タケル

実際に手を動かすことは少ないかもしれませんが、メンバーを管理するための基礎知識が必要になります。

対人コミュニケーションスキル

Webディレクターには、人とのコミュニケーションを円滑にすすめるスキルも求められます。

なぜなら、クライアントの要望をきちんと明確にし、それを各人に伝える役割を持っているためです。

たとえばクライアントとのヒアリングの際、クライアントの要望を明確にしなければいけません。その内容を各人に伝え、各コンテンツの制作を指示します。

各人ごとに言葉を変え、スケジュールどおりにプロジェクトが進むような配慮も必要です。

タケル
タケル

全員がモチベーション高く取り組めるように、激励したり意見しやすい環境を作ることもWebディレクターの仕事になりますよ。

管理能力

Webディレクターは、おもに「スケジュール」と「予算」を調整・管理します。

Webディレクターが不在で、メンバーが自分の都合で制作をすすめると全体のスケジュールが狂ってしまいます。複数の工程がある場合、Aというコンテンツが完成しないとBの作業に取りかかれない、という場面もあるでしょう。

Webディレクターは各コンテンツの所要時間を計算し、納期に間に合うように各工程を管理しなければいけません。

作業を外注する場合は、その人件費などの予算管理を任せられることもあります。

タケル
タケル

依頼する際に、どこまでの作業をいくらで請け負ってもらうかなどの条件の確認や、請求書のやり取りなどをおこないます。

企画・提案力

魅力的な企画をつくり、クライアントに提案する力も身につけておく必要があります。

Webディレクターの仕事はクライアントの要望をかなえることであり、指示されたことをそのまま実現することではないからです。

たとえば最新のトレンドや技術の導入をクライアントに提案したり、クライアントのコンテンツの改善案を提案したり、といったことが求められます。

タケル
タケル

情報収集やデータ分析はもちろん、クライアントに説明するための資料作成のスキルも必要になるでしょう。

Webディレクタースクール・講座を選ぶときのポイント

Webディレクタースクールによって学べる内容やサポート体制が異なります。

どのスクールを選ぶべきかポイントをおさえて、自分に必要なスキルを身につけましょう。

相談できるメンター付きか

1つめのポイントは、メンター付きかどうかという点です。

メンターがいれば悩みやトラブルなど、困ったときに相談に乗ってもらえます。

特に、Webディレクターとして一歩を踏み出したばかりのころは、何がわからないのかわからない状態になる可能性も少なくありません。

Webディレクタースクールや講座を選ぶ際は、相談できるメンターが付くのかを確認しましょう。

タケル
タケル

また、スクールによっては卒業後も相談できる場合もありますよ。

実案件に挑戦できるか

実案件に挑戦できるかどうかも、Webディレクタースクールを選ぶ際のポイントです。

実際の案件に携わることで、ディレクターとしてどのスキルがどの程度必要なのかを肌で感じられるからです。

Webディレクタースクールでは、さまざまなスキルを学びます。

もちろんすべてのスキルを完璧に理解できれば最高ですが、実際のディレクションではスキルをどう組み合わせるかが大切です。

プロジェクトによっては自分でコンテンツ制作をおこなうこともあるでしょうし、クライアントとのやり取りに時間を割く場合もあるかもしれません。

知識を覚えたり動画を見るだけでは、実践的なスキルは学べません。

タケル
タケル

実際の案件をとおして学べる、ハンズオン形式のカリキュラムがあるかどうかもチェックして解きましょう。

Webディレクターにとって適切なスキルを学べるか

Webディレクターにとって、適切なスキルが学べるスクールかどうかも確認しましょう。

というのもあなたの経験によって、Webディレクターになるために必要なスキルが異なるからです。

たとえばWebに関する仕事が初めてで、Webディレクター未経験の人には幅広い分野のスキルが必要になります。

そもそもWeb制作の現場を知るという意味でも、実際に手を動かすカリキュラムも必要でしょう。

しかし、もしもWebデザイナーとして活躍してきた人がWebディレクターを目指すなら、Photoshopやレスポンシブに関するカリキュラムは不要になります。

タケル
タケル

自分に足りないスキルを把握して、何を学ぶべきなのかを明確にしてからスクールを選ぶようにしてください。

Webディレクター向けおすすめスクール・講座7選

ここでは、Webディレクター向けおすすめスクールとして、

  • 網羅的に学びたい人向け
  • ピンポイントで学びたい人向け

の2つに分けて紹介します。

Webディレクターとして活躍するためには、幅広い知識やスキルが必要です。メンバーの進捗管理やコンテンツのクオリティも確保しなければいけません。

タケル
タケル

自分がどんなスキルを持っているのかを把握し、不足しているスキルを補うようにしましょう。

網羅的に学びたい人向け

ここでは、Webディレクターに必要なスキルを網羅的に学べるスクールや講座を紹介します。

デザインソフトやプログラミング言語などの技術的なスキルのほか、プロジェクトをスムーズに進行するためのヒューマンスキルなどが学べます。

INTERNET ACADEMY

internetacademy webディレクションコース

コース名 Webディレクターコース
おすすめ度 (4.2)
受講期間 10~12ヶ月間
料金(税込) 892,100円(月々約27,280から受講可能)
授業形式 通学またはオンライン
習得スキル HTML/CSS、JavaScript、コーディング、Photoshop、Illustrator、Webサイト制作実践、レスポンシブWebデザイン、企画立案、ディレクション
受講場所 新宿校、新宿AVENUE校、渋谷校またはオンライン
メンター制度 なし
質問サポート オンライン質問対応サービスあり

INTERNET ACADEMYでは、Webディレクターに必要なスキルや知識を網羅的に学べます。
「ライブ授業」「オンデマンド授業」「マンツーマン授業」が用意されており、通学でもオンラインでも、自分のスタイルにあわせた学習方法を選べます。

メンター制度はありませんが、過去の授業動画を視聴する「オンデマンド授業」では、近くに常駐しているインストラクターに質問し放題です。
またインストラクターから1時間指導を受けられる「マンツーマン授業」では、直接疑問を解決できるので安心です。

卒業後もキャリア相談や交流イベント、スキルアップセミナーなどのサービスを利用できます。

タケル
タケル

一度、無料カウンセリングで相談してみてはいかがでしょうか?

INTERNET ACADEMYで無料カウンセリングを受ける >

デジハリONLINE

デジハリONLINE webディレクター講座

コース名 Webディレクター講座
おすすめ度 (3.8)
受講期間 約2ヶ月(9週間)
料金(税込) 53,900円
授業形式 オンライン
習得スキル Webディレクションの基礎知識、Webライティング、カメラテクニック、著作権
受講場所 オンライン
メンター制度 なし
質問サポート 回数無制限で質問OK

デジハリONLINEのWebディレクター講座では、Webディレクションに必要な知識をバランスよく学べます。完全オンラインなので、仕事や家事で忙しい方でも自分のスケジュールにあわせた受講が可能です。

なんといっても受講料金がリーズナブルであることが特徴で、約2ヶ月でWeb制作に必要な基礎から、著作権に関するリテラシーも学べますよ。

Slackでいつでも講師に質問できますし、予約制のオンライン面談もありますので、わからないところがあってもサポートが受けられるのが魅力です。課題制作に対して、プロの目線で添削指導もしてもらえますので、孤独感を感じることなく学習が続けられます。

タケル
タケル

集中的に学びたい方は、プログラミングやWebマーケティングに関する講座もチェックしてみてください。

デジハリオンラインのサイトを見る >

ヒューマンアカデミー(たのまな)

ヒューマンアカデミーたのまな webディレクター

コース名 Webディレクターコース
おすすめ度 (4.0)
受講期間 6ヶ月プラン
料金(税込) 366,300円(初回13,763円、2回目以降11,500円の36回払いも可)(税込)
授業形式 オンライン
習得スキル Webリテラシー、Webサイト制作基礎、Photoshop、Illustrator、デザイン基礎、Adobe XD、HTML/CSS基礎と応用、WebサイトUI設計、Webディレクション、デジタルマーケティング
受講場所 オンライン
メンター制度 なし
質問サポート あり

ヒューマンアカデミーの通信講座「たのまな」にはWebディレクターコースがあります。動画を視聴して学習するスタイルなので、自分のスケジュールにあわせてすすめられます。
また理解できなかったところがあっても、いつでも復習できるのも動画学習のメリットです。

カリキュラムには実習や課題も含まれていて、実際に手を動かしてハンズオン形式で学べます。内容は各ソフトのテクニカルな部分から、Webリテラシーといった概念までバランスよく組み立てられています。

すべての教材の視聴が終わったら、スキルアップ実習や副業セミナーを無料で受けられます。

スキルアップ実習は実際の仕事に近い形で実習をおこなえますので、実践的なスキルが身につきます。副業セミナーでは、働き方のイメージを付けたり、案件獲得がしやすくなるノウハウを学べます。

タケル
タケル

無料で資料請求もできますし、個別カウンセリングも受けられます。気になる方はチェックしてみましょう。

ヒューマンアカデミーたのまなでWebディレクションを学ぶ >

SHElikes

コース名 ディレクターコース
おすすめ度 (4.1)
受講期間 1ヶ月~
料金(税込) 受け放題プラン
12ヶ月プラン:162,800円(分割:月/13,567円)
6ヶ月プラン:93,280円(分割:月/15,547円)
1ヶ月プラン:14,800円
月5回プラン
12ヶ月プラン:107,800円(分割:月/8,984円)
6ヶ月プラン:60,280円(分割:月/10,047円)
1ヶ月プラン:10,780円
授業形式 通学またはオンライン
習得スキル 課題を解決する思考法、プロジェクトの管理法、コミュニケーションスキル
受講場所 青山、銀座、名古屋、梅田またはオンライン
メンター制度 なし
質問サポート 質問サポートあり

SHELikesは、全29コースから好きなスキルを定額で学べる、女性限定のクリエイティブスクールです。

ディレクターコースではおもにプロジェクト推進に必要なスキルや、コミュニケーションスキルを学びます。実際にディレクターとして活躍している講師から生の声で学べます。

課題を解決Webディレクターに限らず、個人で仕事をしている方やプロジェクトリーダーとして活躍するためのスキルを学びたい方にもおすすめです。

目標に対する自分の達成度を話すコーチングが月に1回おこなわれ、仲間と一緒に挫折せずに学び続けられるのもポイントです。わからないところがあれば講師に質問もできますので、途中でつまずく心配もありません。

ディレクターコース以外にもWebデザインやライティングなどの講座があります。

タケル
タケル

自分のキャリアビジョンに迷っている方は、無料体験レッスンを予約してみましょう!

また女性が気にする視点でコースが作り込まれいているため、女性の方は一度、受講満足度91%を誇る無料体験レッスンを覗いてみると良いでしょう。

シーライクスのディレクションコースの無料体験レッスンに参加 >

※オンラインで参加可能

Webディレクションをピンポイントで学びたい人向け

タケル
タケル

ここでは、ピンポイントでスキルを選んで学びたい人向けの講座を紹介します。

Webデザイナーやエンジニアなど、Web業界に携わった経験を活かして、Webディレクターに挑戦したい人向けの講座です。

Udemy

udemy 2022

コース名 Udemy
おすすめ度 (4.0)
受講期間 動画によります
料金 1000円〜20000円
授業形式 オンライン動画
習得スキル Webディレクションの基本知識・ 最新トレンドなど様々
受講場所 オンライン
質問サポート 動画アップ主に直接メール可能

Udemyは世界中で5,000万の受講生が学ぶ、オンライン学習プラットフォームです。
さまざまな講義動画があり、自分に足りないスキルをピンポイントで学べる点が大きなメリットです。

試しに「Webディレクター」で検索すると、6,332件の講座がヒットしました。

下の検索結果は、上位に表示されている講座がちょうどセール中でした。定期的におこなわれるセール中に受講できれば、リーズナブルに学べます。

udemy webディレクター検索結果

出典:Udemy

ほかにも、Webデザインやプログラミング言語、マーケティングに関する講座がピンポイントで受講できます。

オールラウンドに学ぶスクールとは違い、自分に不足しているスキルを身につけられますので、ある程度Web業界で仕事をした経験を持つ方にはUdemyがおすすめです。

UdemyでWebディレクションを勉強する >

参考:最大90%OFF!Udemyのお得なセール情報について

参考:Udemyの評判・口コミについて

参考:Udemyのクーポンの入手方法はこちら

Schoo

schoo top

コース名 講座によりけり
おすすめ度 (3.5)
受講期間 期間なし
料金 980円/月(税込)で7,000本の録画授業が見放題
授業形式 オンライン動画形式
習得スキル ディレクション基礎など様々
受講場所 オンライン
質問・相談サポート なし

Schooは、各業界をリードするトッププレイヤーからの講義を、生放送で受講できるライブ動画学習サービスです。
無料で会員登録し、生放送の時間になったら参加することで生放送授業を受講できます。

生放送授業では、チャットから直接講師に質問できるうえに、ほかの受講生の質問やコメントを見ることで学べることもあるでしょう。ただし無料で視聴できるのは生放送だけですので、視聴した講座にスケジュールをあわせる必要があります。

月額980円のプレミアム会員になると、過去の録画授業を受講できるようになります。ほかにも動画をダウンロードして好きな場所で復習したり、倍速再生でスピーディに学習出来たりとメリットがたくさんあります。

もちろんディレクションに関する講義以外にも、マーケティングやUI/UX、リーダシップに関する講義があり、自分に不足しているスキルを選んで学ぶことも可能です。

タケル
タケル

無料会員登録後、1時間は有料の録画授業も受け放題ですので、ぜひ会員登録してみてください!

SchooでWebディレクションを勉強する >

ストアカ

ストアカ

コース名 講座によります
おすすめ度 (3.5)
受講期間 講座によります
料金 講座によります
授業形式 講座によります(Zoom内等で受講)
習得スキル ディレクションの基本の操作
受講場所 オンライン
質問・相談サポート 質問・相談いつでも可能

「ストアカ」は、教えたい人が誰でも先生として講座を開くことができ、それを教わりたい人が受講できる「まなびのマーケット」です。
受講者満足度97.5%、累計受講者数は110万人を超え、7万件を超える講座数を持っています。

講師は本人確認書類の提出が推奨されていて、口コミやレビューも豊富なので安心して受講できます。

受講方法は講座によって異なり、「対面・オンラインレッスン」「時間制」「カスタマイズ」「月額」のスタイルがあります。何を学びたいかが明確な場合はカスタマイズレッスンが受けられる講座で、自分専用のレッスンを受講するのがおすすめです。

タケル
タケル

1回あたり数千円の講座が多く、1時間の講義もあれば1日かけてしっかり学べる講座もあります。登録自体は無料なので、まずは公式サイトを見てみましょう。

ストアかでWebディレクションを勉強する >

まとめ

今回は、Webディレクター向けにおすすめのスクール・講座を紹介しました。
内容を簡単にまとめると以下のとおりです。

  • Webディレクターの仕事内容はプロジェクトをスムーズに進めること
  • Webディレクターに求められるスキルは幅広い
  • スクール・講座を選ぶときは自分が持っているスキルにあわせて選ぶ

Webディレクターは全体を管理する役割のため、クライアントとプロジェクトメンバーの間に立って苦労することも多いかもしれません。

タケル
タケル

その分やりがいも大きく感じられるポジションですので、今回紹介したスクールでスキルを学んで、Webディレクターに挑戦してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました