【年収UP待った無し?】Webマーケティング業界の正直美味しいキャリアパス5つを紹介!

マーケターの働き方

どうも、Webコンサルタントの梅干さない(@ume_hosanai)です!

梅干さない
梅干さない

皆さんは、キャリアアップやキャリアパスについて考えたりすることはありませんか?

僕が属しているWebマーケティング業界は人の移り変わりが激しい業界ですが、割とこの業界の人たちはキャリアアップやより年収を出してくれる企業に転職するキャリアプランを考えて行動している人が実は多くいる業界でもあります。

今記事では、「Webマーケティング業界で働く人のリアルなキャリア設計について徹底的に解説していきます。」

これからWebマーケティング業界に転職を考えたいと思っている方や既に今Webマーケティング業界で務めている方でこれから先のキャリアをどうしようかと考えている方に是非参考にしていただければと思います。

✔︎今回の記事で得られる主要素はこちら

・Webマーケティング業界のキャリアパス
・Webマーケティング業界での年収推移

では、Webマーケティング業界で働いている人が次に選ぶキャリアが何かを具体的に解説して行きます。

具体的なWebマーケティング業界のキャリアパス

Webマーケティング業界を務めている人たちがどのようなキャリアを築くのかキャリアパスをこちらに記載します。

大きく5つに分類されます。

✔︎勤め先会社の経営層になる
✔︎大手Webマーケ・デジマ会社・広告代理店へ転職
✔︎企業のマーケターに転職
✔︎フリーランスとして独立 or 起業
✔︎サラリーマン×副業

勤め先会社の経営層になる

順当なキャリアを会社内で築いている場合のキャリアとなります。
Webマーケティング会社の平均勤務年数は、4〜5年ほどですが、中には10年や20年ほど頑張られる方もいらっしゃいます。

そういった方達が狙うキャリアが、ズバリ「その会社の経営層」と言えるでしょう。

Webマーケティング会社はIT会社の一端であり、年功序列など古い考えを持っている会社は少ないものです。もちろん結果は求められますし、多少は社内営業など大変かとは思いますが、他の業界、例えば製造業や商社よりはもしかしたら経営層へのキャリアアップ難易度は低いかもしれません。

結果を出すことができれば、2年目からマネジメント職ということも十分あり得ます。

また、給与体系についても、経営層であれば、700万ほどは受け取ることができるでしょう。

大手Webマーケ・デジマ会社・広告代理店へ転職

Webマーケティング会社に務めている人の大多数が大手Webマーケティング会社へ転職を希望する人でしょう。

実際、Webマーケティング会社に務める僕の先輩方も、このキャリアを狙っている方が多いものです。

Webマーケティングやデジタルマーケティングの最大手企業と言えば、アクセンチュアの子会社である「IMJ」「電通」「博報堂」が有名ですが、この辺りの企業を狙って転職活動を行う人は多いですよ。

また最近では上記企業に加えて、「セールスフォース」や「マルケト」など営業促進系の最大手企業への転職も活発化しています。

梅干さない
梅干さない

この辺りの会社に転職することができれば、30代で年収1000万円も見えてきます!

企業のWebマーケターに転職

企業のWebマーケターやデジタルマーケ担当となり、
インハウス(内製)でマーケティング部署に力を入れている企業へ転職をするキャリアです。

Webマーケティングはその特質上、基本どんな企業でも必要な要素です。
なので、業界・規模感問わずに様々な業種へと転職が可能になるんですよね。

昨今、Webマーケティングやデジタルマーケティングに力を入れる企業も増えてきており、最近ではインハウス(内製)でWebマーケティングを行う会社も多くなってきています。

給与が高い業界に焦点を当て、Webマーケター職として上手く転職を行えば、年収を大幅UPさせることも可能です。

フリーランスとして独立 or 起業

Webマーケティング会社で知識を吸収し、フリーランスとして独立や起業を行うキャリアも存在しています。

独立や起業を行う場合は、Webマーケティング会社で実力を付けなければいけません。
それも様々なWebマーケ会社でも、営業・コンサル・ディレクター職など総舐めで覚える必要があります。

とはいえ独立したからと言って、大型の案件などは自社で受注したとしても、自社で全て賄うことは難しいもの。
なので、もともと勤めていた会社と紹介契約を結び、案件紹介という形でバックフィーをもらい、生計を立てていきます。

軌道に乗ってきてから、徐々に案件を安定させていくというスタイルを取ります。

サラリーマン×副業

「サラリーマン×副業」=Webマーケティング業界で得られる知見や経験をそのまま副業に当て込むキャリアです。
今まさに僕が実践しているこの方法ですが、Webマーケティングは副業を行うならもってこいの職業なんですよね。

下記記事で、なぜサラリーマン×副業で稼ぐならば、Webマーケティングが良いのかをまとめています。

梅干さない
梅干さない

これほどまでに、副業にドンピシャな職業は類を見ませんよw

Webマーケティング業界の年収はどれくらいなのか?

Webマーケティング業界の平均年収を転職サイトで見てみるとこんな感じ。

転職サイト、Dodaの調査によると、マーケティング職の平均年収は「541万円」と出ています。

実際に働いている側の視点で見ても、割とリアルな数字をたたき出してるなと感じはします。
とは言え、実際は役職や年齢によって年収の振れ幅は大きく変わります。

より詳しい年収事情は、Webマーケター職種ごとの年収を纏めている下記ページにて紹介しています。

Webマーケターの年収を職種別に徹底解説します【現役Webマーケターが教える】
Webマーケターの平均年収ってどれくらいか気になりませんか?Webマーケターと一口に言っても、実はいくつか種類があります。今記事で種類毎に分けたWebマーケターの平均年収を徹底解説いたします。

Webマーケティング業界の離職率はどれくらい?

Webマーケティング業界の離職率は会社にもよるかと思いますが、割と高めであるかと思います。

仕事が辛くて辞める、職場の人間関係が悪くて辞める方も中にはいらっしゃいますが、これらに加え、Webマーケティング業界を踏んでいる方のキャリア先が多く存在するためとも言えます。

Webマーケティング業界への転職は間違いなく美味しい!

僕個人で感じていることですが、間違いなくWebマーケティングは他の職業に比べても、うまい職種です。

副業や複業など社外活動は非常にしやすいですし、本業とうまく掛け合わせれば20代で年収1000万円も夢ではありません。

梅干さない
梅干さない

ぶっちゃけ結構いますよ・・・!

僕自身も、本業(Webマーケティング)で得た知識や体験をそのまま副業に横展開し、本業で稼ぐお金に加え、サブマネーを月に5万円ほど稼いでいます。

キャリア選択は慎重に行いましょう

Webマーケティング業界への転職を希望されている方へ、キャリア選択は慎重に行いましょう。

Webマーケティングは、その特質上、幅を広げやすい職種となります。

だからこそ、時間をかけてゆっくり自分が何をしたいのか、将来はどうなっていたいのかを考えて、次の行動を取っていくと良いですよ。

Webマーケティング業界に転職を考えられている方にオススメなWeb系の転職に強いエージェントを紹介します。

複数のエージェントに登録し、情報を集めた上で、転職をされると良いでしょう。
★オススメ転職エージェント会社TOP3★

doda→優良大手転職会社!給料高めの案件が豊富!
マイナビエージェント→20代の若手転職に強く、実績豊富!
リクルートエージェント→業界No.1!どんな方にもオススメ!

doda

✔︎リクルートに引けを取らない求人数!
✔︎特にIT系の転職支援が多い!
✔︎他に比べて給料が高めの案件が多い!

マイナビエージェント

✔︎求人票のみでは分からない情報を丁寧に教えてくれる!
✔︎専門領域に特化したコンサルタントが所属している!
✔︎IT系の転職実績が他社に比べても非常に豊富!
✔︎20代など若手転職支援に強みを持っている!
梅干さない
梅干さない

IT系の転職実績がとても豊富です。WebマーターとしてのIT関係に転職をするならもってこい!若手の転職サポートも上手というところもオススメ。

リクルートエージェント

✔︎転職支援実績No.1!
✔︎非公開求人数20万件以上保有!
✔︎専門コンサルタントが内定までのフルサポート!
梅干さない
梅干さない

案件保有量、実績、サポート体制と正直に文句なしと言い切ることができます。大手ならではの強みを持ちつつ、きめ細やかな対応を得意とします。

★オススメ転職エージェントTOP3★

doda→優良大手転職会社!給料高めの案件が豊富!
マイナビエージェント→20代の若手転職に強く、実績豊富!
リクルートエージェント→業界No.1!どんな方にもオススメ!

関連記事

✔︎ブログ運用で、未経験からWeマーケティング業界へ転職できる【成功事例あり】

✔︎Webマーケティング職への転職希望者が増えている!なぜWebマーケティングが人気なのか?

コメント