コンテンツとは?大切にすべきコンテンツの本質を教えます。

Webマーケティング
スポンサーリンク

コンテンツとは?

コンテンツとは、広義の意味で著作物という意味を持っており、
ありとあらゆる意味を持つため、かなり曖昧なものとして認識されてしまっていますが、
1990年代後半から2000年初頭にかけて、いわゆるITバブルの頃に流行り始めた言葉です。
インターネットが普及し始めてからソフトウェアと区別するために使われ一般化したものと言われています。

良いコンテンツと悪いコンテンツ

コンテンツは良いコンテンツと悪いコンテンツに分かれます。良いコンテンツは人の気持ちを変えて、行動に影響を与える力があります。逆に悪いコンテンツは、伝えても伝わらない、人に無視されてしまうようなものです。
たとえ、AさんとBさんとで同じ内容を伝えていたとしても、伝えるメディアや言い方によっては結果が異なります。
つまりは、伝え方や言葉もコンテンツの一部であるということです。

コンテンツは憧れや妬み、飢餓感など感情を生み出します。

現代社会では共感や共鳴(シンパシー)をさせるものが多くなってきている。
現代社会に生きる者は何か不満や不安を覚えているし、かつ飢えがあります。特に今の若者の間では。
その不足を埋めるためにコンテンツがあると認識をした方が良いかもしれません。

ユーザーにコンテンツがハマれはハマるほどその人の行動に影響を与え、態度を変えることができます。
コンテンツは、人の行動や態度に影響を与えるものです。そういう力がすでについています。
ただし、行動に起こしたからと行って、結果がついてくるわけではありません。
コンテンツは成功の手引書というわけでは無いのですね。

例えば成功しているAさんがいたとして、
Aさんの話を1から10まで真似たとしても成功する確率は予想以上に低いと思います。

コンテンツの種類について

デジタルコンテンツとアナログコンテンツ
大きく分けるとこの2種類に分かれます。

デジタルコンテンツ

・音声・映像・画像
・ゲーム
・ストリーミングサービス
・ダウンロードサービス

アナログコンテンツ

・単純な文字や画像
・書籍
・ビデオテープ
・カセットテープ、CD
・演劇
・ライブ

アナログコンテンツとデジタルコンテンツの主な違いは、情報を交換しているかどうかで決まります。
数字やピクセル、音声に置き換えられているものはデジタルコンテンツ、
生声や直接紙に書かれた文字や絵はアナログコンテンツとして認識してもらえればと思います

コンテンツマーケティングという言葉の意味とは?

ユーザーが求めているコンテンツを用意し、興味を惹きつけ、収益につながる行動を起こしてもらうための手法です。
最近、流行りの言葉ではありますが、
デジタルコンテンツとアナログコンテンツ(リアルコンテンツ)をそれぞれを通し、
ユーザーを育成していきます。
リアルとネットの融合というやつです。リアル媒体がなくても、デジタル媒体がなくてもどちらか一方がかけることでは真の意味でのコンテンツマーケティングは力を発揮しません。

コンテンツマーケティングについて詳しく書いてあります。
下記の記事をお読みください。

消費者行動モデルの多様化について

コンテンツのあり方が変わればかわるほど、消費者行動のあり方も変わります。
ユーザーへコンテンツを届ける媒体自体も変化していってるので、モデルが多様化しています。

ネット時代のコンテンツ拡散方法について(AISAS)

AISAS:
Attention(注目)
Interest(関心)
Shearch(検索・比較)
Action(購入)
Share(情報共有)

①テレビで情報を仕入れる(Attention)
②あ、これ良さげだなぁ(Interest)
③ちょっとネットで調べてみるか(Search)
④買ってみよう(Action)
⑤よかったよ!みんなも使って見てね!(Share)

が基本でしたが、SNSを中心とした情報収集も広まっています。

SNS時代のコンテンツ拡散方法について(SIPS)

SIPS:
Sympathize(共感)
Identify(確認)
Participate(参加)
Share &Spread(共有・拡散)

①SNSで情報に共感(Sympathize)
②サービスの情報をチェックしよう(Identify)
③サービスのキャンペーン応募した(Participate)
④僕も申し込んだ(Share &Spread)

シンパシー要素が高いコンテンツであればるほど、SIPSは有効に効いてきます。

一人に伝われば、ある程度みんなに伝達していく
みんなに伝えようとすると誰にも伝わらない

この連鎖は、ターゲットを一人に絞っているためにリーチしていきます。

友達の友達は友達とはよく言ったもので、
要するに、フォロワーのフォロワーは趣味や共通点が多い、似た者同士である可能性が高いため、似た者同士で拡散が拡散を呼びます。

この記事のまとめ

コンテンツには力があります。

良いコンテンツには、人の感情をいい方向へ揺さぶり、行動へと変えてくれるものもあります。伝え方を誤らず、うまくコンテンツを活用することができれば、ユーザーにとってもそのコンテンツを作成した作者にもいい影響を与えます。

特に、Googleはコンテンツマーケティングそのものを検索アルゴリズムの中で用いています。
ユーザーにとって良いコンテンツを作成した作者には、其れ相応の恩恵が与えられます。
良いコンテンツを作ること自体、簡単なことではありませんが、常に良いコンテンツを作るように心がけていきましょう。

以上、少しでも皆さんのお役に立てていれば幸いです。

コメント