Webマーケターの年収を職種別に徹底解説します【現役Webマーケターが教える】

マーケターの働き方

Webマーケターの平均年収ってどれくらいか気になりませんか?

Webマーケターと一口に言っても、実はいくつか種類があります。
今記事では、種類別に分けたWebマーケターの平均年収を徹底解説いたします。

梅干さない
梅干さない

現役のWebマーケターですので、参考になるところも多いはず!

ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

Webマーケターの年収と職種ごとの平均年収

企業のWebマーケター平均年収は「541万円」と言われています。

日本の平均年収は30歳で450万ほどですので、500万を超えている時点でそれなりに稼げる職業として見なされています。

また、副業でブログ・アフィリエイト/ライティング業務を行い、年収UPを測る人も多く、企業でもらえる年収に加えてプラスアルファで稼いでいる人も多いことが特徴です。独立している個人事業主やフリーランスであれば年収1000万を超えるとも言われています。

Webマーケターと一言でいえど実はいくつか職種が分かれます。
(※職種によって年収が変わるので、しっかりと見ておきましょう!)
各職種についてザッと紹介しつつ、各種の年収相場を教示します。

Webマーケター職種一覧はこちら

  • SEOマーケター
  • CVOマーケター
  • ネット広告マーケター
  • SNSマーケター
  • 総合Webコンサルティング
  • 企業のWebマーケター

※下記各種平均年収を出しておりますが、「カイシャの評判 produced by en」を参照しております。

SEOマーケターの平均年収

Webマーケティング界隈にいると毎日聞く言葉「SEO」。
SEOマーケターとは狙うキーワードで検索順位を上げるべく奮闘するWebマーケターのことです。

・キーワード選定
・競合サイト分析・ページ分析
・キーワード関連ページ作成
・内部SEO(内部リンク・タグの見直し)
・被リンク対策(外部SEO)

このような施策を行い、狙いすましたキーワードで上位表示を狙います。
※SEOマーケターの平均年収は下記に記載しています。

CVOマーケターの平均年収

SEO攻略に加え、CV(問い合わせ)数改善の仕事を主とするWebマーケターです。
SEOは検索上位表示するために奮闘するWebマーケティング手法ですが、CVOの場合、問い合わせ数を上げるために何をすべきかを考えます。

・ペルソナ設計
・サイト内コンテンツの見直し
・各ページ内部の見直し
・ユーザー導線の見直し(UI/UX設計)
・LP作成・新規ページ作成

特にCVを狙うということなので、ユーザーが何を求めているかを非常に重視します。

SEO・CVO支援に強いWebマーケティング会社とその平均年収
■アイレップ・・・「694万円」
■オプトの平均年収・・・「517万円」
■メンバーズの平均年収・・・「489万円」
■電通の平均年収・・・「753万円」
■博報堂の平均年収・・・「824万円」

Webマーケティングを総合的に支援している会社はSEOに強いイメージがあります。

ネット広告マーケターの平均年収

SEOはSEO、ネット広告はネット広告。ネット広告を専門に行うマーケターが存在します。
ネット広告マーケターとは、リスティング広告・ディスプレイ広告・Youtube広告・DSP広告・アフィリエイト広告・SNS広告などこれらネットに関わる広告運用を専門に行うWebマーケターのことを指します。
BtoC、BtoB共に、ネット広告を使用し、ユーザーへのアプローチを考えるお仕事です。

梅干さない
梅干さない

ネット広告・アドテク系の会社の平均年収はWeb業界の中でも高めなんですよね。下記をご覧ください。

ネット広告に特化しているWebマーケティング会社は「ネット広告代理店」「アドテクノロジーベンダー」に分類されます。

ネット広告代理店とその平均年収
■サイバーエージェントの平均年収・・・「555万円」
■セプテーニの平均年収・・・「458万円」
■オプトの平均年収・・・「517万円」
■Speeeの平均年収・・・「517万円」

アドテクベンダー系とその平均年収
■フリークアウトの平均年収・・・「675万円」
■ブレインパッドの平均年収・・・「652万円」
■ロックオンの平均年収・・・「580万円」

総合的にネット広告系の会社の給与は高く、平均給与は520万円〜550万円が相場となっております。

SNSマーケターの平均年収

SNS運用を行うWebマーケターです。ツイッター、フェイスブック、インスタグラム、ピンタレストなど、ターゲットに合うSNS運用を行います。
最近では、SNSに加えてインフルエンサーマーケティングの需要も増えてきています。

SNS運用企業は、相性が良いインフルエンサーマーケティングまで業務を行う会社も増えています。

梅干さない
梅干さない

SNS・インフルエンサーマーケはトレンドだけど、制度が整っていない会社も多く、また顧客単価も低いため給与は業界内では少ない印象汗

SNSマーケティング会社とその平均年収
■ホットリンクの平均年収・・・「417万円」
■フルスピードの平均年収・・・「404万円」
■サイバーバズの平均年収・・・「400万円」
■コムニコの平均年収・・・「350万円」
■アライドアーキテクツの平均年収・・・「500万円」

インフルエンサーマーケティング会社とその平均年収
■VAZの平均年収・・・「400万円前後」
■UUUMの平均年収・・・「500万円」
■3ミニッツの平均年収・・・「400万円程度」
■クロスリングの平均年収・・・「400~600万円」

SNSやインフルエンサーマーケティングはトレンドではありますが、Webマーケティング全体で見たときに給与はそこまで多くはもらえない結果となっています。

Webサイト制作兼コンサルティング(総合Web会社)の平均年収

総合的にWeb制作〜コンサルティング業務まで請け負う会社も多く存在します。

総合Web制作会社とその平均年収
■IMJの平均年収・・・「605万」
■イノーバの平均年収・・・「517万円」
■ハートコアの平均年収・・・「533万円」
■ベーシックの平均年収・・・「400万円」
■Salesforceの平均年収・・・「817万円」

より専門的な知識を求めている場合は、それぞれ専門で業務を請け負う会社に行くことをお勧めしますが、Web制作から入り込み、サイトを0から育てていきたいと思われているならば、総合的にWeb周りを行う会社に行くといいですよ!

企業のWebマーケター(インハウスマーケター)の平均年収

インハウスマーケターとは、自社でWebマーケターを構えて自社のサービスサイトを運用します。

企業ごとで年収は異なりますので一概にこれとは言えませんが、「enさん」によるとWebマーケターの平均年収は「541万円」となります。

Webマーケティングをインハウス(自社)で行う企業は年々増加傾向にありますが、外部のWebマーケティング会社にコンサルティング業務を委託しているケースがまだ一般的と言えます。

もし、インハウスのWebマーケターを行たなら、メーカーや商社のWebマーケターがオススメ!マーケターが圧倒的に不足してるし、そもそもWebそのものに明るくない業界なので、Webマーケターを志している人は狙い目です。

企業のWebマーケティングコンサルって相場いくらくらいなの?

Webマーケティング企業が請け負うコンサルティングの単価をお教えいたします。

・SEOコンサルティング
・CVOコンサルティング
・SEOライティングコンサルティング
・SNS運用コンサルティング

それぞれ多少の誤差はありますが、15万円/月〜50万円/月(半年プラン〜1年プラン)が一般的です。
コンサルティングはスポット(単月)で請け負うということはほぼありません。

梅干さない
梅干さない

ABテストできないからね!

コンサルティングは継続的に研究、結果を導くものです。

Webコンサルタントが一人当たり、4〜5社の案件を請け負い、回していくことが一般的。
各Web会社にもよりますが、100〜200万円程度/人の金額を月に回していくというイメージです。
Webコンサルタントになると、様々なビジネスモデルの案件を運用することができるようになりより多くを学べます。
これは大きなメリットですよね。

Webマーケターになる具体的な5つのメリット

さて改めて、Webマーケターを目指すメリットを5つご紹介いたします。

未経験からでも参入可能

なかなか難しいんじゃないと思う人多いと思うんですけど、ぶっちゃけ未経験からでも十分可能な職業であります。
少しはWebの知識が欲しいところですが、最初半年くらいは、Webディレクターを行う、Web系の営業を行うことであらかたの知識は得ることができます。そういう契約を企業と結んでおくとよいでしょう。
>>参考:「成功事例」ブログ運用したら未経験からWebマーケターに転職できた!その方法とは?

これからニーズが更に増していく

Webマーケターは需要過多です。Webマーケをしっかりやっていきたいけどノウハウがない。そういう会社が多めです。
この業界は明らかに人不足です。できる人間が少なくて、どの会社も困り果てています。
かなり引く手数多です。
>>参考:「断言」Webマーケティングの将来性、アリかナシかでいうと120%アリである!

在宅ワークも出来る

Web系の会社は結構多いと思いますが、在宅でWebマーケティングの仕事はできます。
たまに行うミーティングが必要な時は、スカイプで打ち合わせを行います。
Webマーケターは営業やコンサルタントとは異なり、お客さん先に出向く必要がありませんからね。

副業との相性は抜群

もっともWebマーケターが美味しいと思うのはこの副業との相性が抜群ということ。
年収の2倍・3倍稼ぐ人たちが結構おり、
500万の2倍、つまり1000万・1500万などを稼ぐプレーヤーもいます。もっと上もいます。

>>参考:「実証済み」サラリーマンが副業でブログで半年続けると何が得られるのか?
>>参考:「副業で大幅スキルアップ」副業を本業に取り入れたら社員700人中1位を取れた話

独立している人と副業している人と売却の選択

Webマーケターとしての働くことは、ぶっちゃけかなり美味しいものです。
他業種に比べても劣らない年収をもらえ、更に副業との相性も抜群なので年収の底上げにはもってこい。

上手くいっている人の中にはフリーランスとして独立するプレーヤーもおり、フリーランスとして1000万近く稼ぐ人もいます。

また、メディア売却(BO)という選択肢もあります。
有名な話ですが、「ボクシル」という大型メディアがマネーフォワードに買収されました。約20億円の値段が付いていましたね。

このように大きな専門メディアを作成させることができれば、高額な金額でメディアを売却することも出来ます。

年収UPを狙ってWebマーケターになろう!

Webマーケターという職は、メリットが多くある職種です。

筆者も現在、Webマーケティング会社でコンサルティング業務を行い、企業サイトのSEOを行なっていますが、日々学びの毎日です。それに本業で得た知識を副業に回し、月に3〜5万円を稼いでいます。たかが数万円と馬鹿に出来ず、これらがあるだけでも一定の安心感は得られます。

Webマーケターになってよかったと心の底から思います。


Webマーケティングに強い転職サイト

Webマーケターの需要に対して人員の供給は追いついてはいません。Webマーケターを欲している企業は山のようにいます。Webマーケターになるメリットも大きいので、ぜひチャレンジしてみてください。

梅干さない
梅干さない

Webマーケターとして転職を考えている方へ、オススメ転職エージェントを紹介します。

★オススメ転職エージェント会社TOP3★

1位:マイナビエージェント
→20代の転職にとても強い!
2位:リクルートエージェント
→業界No.1!どんな方にもオススメです!
3位:doda
→大手であり、給料高めの案件が豊富!

マイナビエージェント

マイナビエージェントの特徴
1、求人票のみでは分からない情報を丁寧に教えてくれる!
2、専門領域に特化したコンサルタントが所属している!
3、IT系の転職実績が他社に比べても非常に豊富!
4、20代など若手転職支援に強みを持っている!
梅干さない
梅干さない

マイナビエージェントさんの強みは、IT系の転職実績がとても豊富というところ。WebマーターとしてのIT関係に転職をするならもってこいです。

また、若手の転職サポートも上手というところがオススメポイントですよね!

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴
1、転職支援実績No.1!
2、非公開求人数20万件以上保有!
3、専門コンサルタントが内定までのフルサポート!
梅干さない
梅干さない

業界最王手といえば、やはりリクルートエージェントさんですね。案件保有量、実績、サポート体制と正直に文句なしと言い切ることができます。大手ならではの強みを持ちつつ、きめ細やかな対応までしてくれます。

doda

dodaの特徴
1、リクルートに引けを取らない求人数!
2、特にIT系の転職支援が多い!
3、他に比べて給料が高めの案件が多い!
梅干さない
梅干さない
ランキングは以上となります!
最後にもう一度振り返っておきましょう。

★オススメ転職エージェント会社TOP3★

1位:マイナビエージェント
→20代の転職にとても強い!
2位:リクルートエージェント
→業界No.1!どんな方にもオススメです!
3位:doda
→大手であり、給料高めの案件が豊富!

コメント