自分の強みを理解する!自分自身が持つ価値にしっかり気づく方法とは?

お役立コラム

「自分の価値と向き合う」とは何か?皆さんは考えたことありますか。
他人には無いあなたならではの強みが何なのかを知り、その価値をいかにして自分の糧にしていくかということです。
今後の未来を見据えた時、この人生をクリアするには価値に向き合うということを理解することが大切です。

スポンサーリンク

自分の価値と向き合うとは?

ではここからは、
どのようにして自分の価値を見つけ、その価値を向上させ、それを市場に持ち込むのかについて、記載して行きたいと思います。

・自分の価値=自分の強みを見つけるためにすべきこと

まず自分の価値と向き合うことについてですが、
自分の価値=強みがそもそもなんなのか自分自身で理解することができなければ、先には進めません。

自分の強みが一体なんなのか?を発見するために、結論から話をすると、
「客観的に自分を見ることで見つけることができる」ものと考えています。

「強み」というのは、「他人よりも優れている、ないし飛び抜けているポイント」
であるので、他人と自分とを比較して客観的になることができれば、見えてくるものです。

客観的に自分を見る方法について

客観的に自分を見る方法はいくつかありますが、
僕自身が実際に実践している「自分の強みの見つけ方」を記載します。

それは、
「自分の気持ちと常に向き合い、自分が何に興味を持っているかを知ること。」です。

例えば、実際自分がどんな瞬間に気持ちが高ぶるのか。
どういう瞬間に幸せだと感じるのか。などを考えます。

自分だけにとっての幸せを見つける方法について

「この作業を行なってこういう結果が出れば自分は幸せになる。を確立する。」

自分はどのような状況に幸せを感じることができているのか。
自分はどのような状態になったときに幸せを感じることができるのか。
などを実際、リスト化してみるといいです。

例えば、「自分の好きな500のこと」という形で書いてみましょう。

僕の場合、感動リストを作って、自分が好きなこと、進みたい方向性をある程度可視化しました。
さらにその中から深掘りをし、
自分が今最もしなければいけないことから着手をして行くというフローを作ります。

ここで重要な視点は、あくまで個人の価値観を客観的に鑑みるということです。

自分の強みを理解する

自分の強みを理解するために必要なこととして、
自分と向き合う、自分の気持ちがどのようなものか明確に理解する必要があります。
自分の気持ちと向き合う方法を考えて見ました。

「どのような状況になれば、自分の気持ちを表現できるようになるのか?」

自分の気持ちを言葉でアウトプットできている状態=自分の気持ちを理解しきれている

自分の気持ちを言葉で表現できるようになると、
自分の気持ちと対面的に話ができるようになるので、
これ嫌だな〜とか、落ち込んでいるときなどの自分の状況が目にわかるようになります。

ですので、鍛えるべきものは、
例えば言い回し方など、言葉そのものの勉強ではなく、
自分の気持ちがどのようなものかをきちんと知ることにあります。

言葉のアウトプットがうまくできない時は、
自分がそもそも何を考えているのか理解できていなかったり、
話をしている間にぐちゃぐちゃになってしまったり、
頭の中が真っ白になってしまうのも実は、そこが原因ではないかと思います。

自分の言葉を理解する

自分の中に言葉がそもそもないと、
きちんとしたアウトプットはできないということになります。

アウトプットするときに使用されている言葉は、
自分の中である程度理解し解釈されている内容なので、もちろんわかりやすく相手に伝えられるものです。

プラトンの言葉に
「賢者は、話すべきことがあるから口を開く」
「愚者は、話さずにはいられないから口を開く」

というものがあります。

うちなる自分の言葉は無意識下にある可能性が高いので、
自分でも実はわかっていない時の方が多い。

自分の中にある言葉を力のあるものにしていくことが最も大切なことです。

自分の気持ちを知るためのステップ

ではここからは、自分の気持ちを知るための方法論をステップで記載します。

Step①自分の気持ちを書き出してみる
Step②書き出したものを少し深く考えてみる
Step③深く考えたものをアウトプットしてみる

①自分の気持ちを書き出してみる。
何かテーマを決め、そのテーマについて思うことを
メモでもブログ形式でもいいので書き出して見ます。
ここでの重要なポイントは、自分が思うことを頭の中から取り出し、
一旦目に見える形にするということです。

②書き出したものを少し深く考えてみる
目に見える形にした後、それらをまとめる必要があります。
おそらく、いくつかの項目が出てくるケースが高いので、
項目をグループにまとめます。
そうすると、その事象に対する、自分の考えがまとまりとして目に見えるようになります。

③深く考えたものをアウトプットしてみる
そのように出てきた自分の考えをあとは人にアウトプットして見る。
そこでまだ言えない項目などもおそらく出てくるので、それらを洗い出し、
改めて自分の気持ちの穴を埋めて行きます。

手順としてはこのようなところかと思います。
ぜひ、行って見てください。

自分の気持ちが理解できた次のステップ

自分のやりたいことがある程度見えるようになってきたら、
次は、そのことに対してコミットしましょう。

まぁこれくらいでいいや、周りのみんながやってるから。
自分も同じように、一通りできます。
では、これといって特徴がない人として、
何でも屋さんという立場で人生が終わる可能性が高くなります。

なので、まず重要視すべきは、極端に振り切ることです。
自分ができることについては、他の人の追随を許さないレベルでできるまでやりきることが必要となります。

この記事のまとめ

この人生クエストをクリアするために必要なことは、

①自分の強みをきちんと理解する。
②自分の強みが市場に当てはまるかを考える。
③自分の強みを資本=価値のあるものに変えていく。

であると考えています。自分の価値の資本化と言ってもいいかな。

どんな時でも他人と話をするときは、どんなことよりもまず、
自分がそのテーマについてどう思っているのか頭の中で整理・理解することが重要です。
自分の気持ちを理解するために必要なステップであると思います。

自分の気持ちとしっかり向き合うには、ある程度考える時間だったりが必要になります。
なので、自分を知るために、自分と向き合う、そういう時間を作るしかありません。
ちなみに僕は、その自分の気持ちを理解する時間を会社にくる前の朝の時間としています。

時間はかかるかもしれませんが、やらなければいつまで立っても昨日の自分と同じです。
手を、頭を動かし少しずつ前進して行きましょう。

以上、少しでも皆さんのお役に立てていれば幸いです。

コメント