サイトを作る前に考えるべき、Webサイトの種類について!

Webマーケティング

Webサイトを制作する際、
どのようなWebサイトにするのかについて目的を考える必要があります。
目的を決めず、闇雲にWebサイトを構築したとしても、思うような利益が上がらないものとなってしまいます。

目的に沿ったWebサイトを作成していくファーストステップとして、
ここでは、Webサイトの種類について紹介していきます。

本記事によって得られる主な内容
・多様なWebサイトの種類
・目的を持ったWebサイト作りについて

Webサイトの種類について

・コーポレートサイト
・ブランディングサイト
・サービスサイト
・採用サイト
・オウンドメディアサイト
・ECサイト

今上記しているそれぞれWebサイトは最終的に得たい目的が異なります。

コーポレートサイト

コーポレートサイトとは、企業や個人で運用しているサイトの顔となるサイトです。
特にコンバージョン(お問い合わせ)や集客を目的とはしていません。
ニュースなどの最新情報やIR情報などのコンテンツを主に載せているWebサイトとなります。

ターゲットは、投資家などのコンシューマーがメインとなるでしょう。

ブランディングサイト

その企業やサービスの価値を高める目的に作成されているサイトです。
デザインなどに力を入れており、ユーザーに対してそのサイトを運営している企業などがアピールをしたいと思っているポイントです。
取り分けて、CVなどは追ってはいません。あくまでインパクトなど印象を強めるための施策と言えます。
企業の周年サイトなどがブランディングサイトと呼べるでしょう。

サービスサイト

集客〜お問い合わせまで全て網羅されているものがサービスサイトとなります。
特に力を入れている

採用サイト

企業が新卒採用や中途採用などを強めていくための施策サイトです。
ここ数年でだいぶ増えて来たサイトです。学生や転職を考えているユーザーに対し、その会社の特色をより見せていくために、デザインも凝ったものにしてます。また、コーポレートサイトやサービスサイトに記載がある情報を学生向けにやさしくコンテンツを乗せていたりもします。

オウンドメディア(ブログ)サイト

主な目的は、そのサイトへの集客です。
このブログサイトで購買までを完結させるなどは、目的には入っていません。
あくまで喚起までです。
商品やサービスの購入は、サービスサイトやECサイトなどへのリンクを飛ばし、その場までの流入施策と言えるでしょう。

ECサイト

主な目的は、そのサイト内で製品やサービスを購入してもらうことです。
サイト内で購入まで完結させることを重きにおいています。

まとめ

世の中にあるどんなWebサイトも大概は目的を持って制作されています。
そして、目的を持っているWebサイトにはある程度の型があります。
目的をもって制作を突き詰めていくと、ある程度の型が生まれるためです。
ただ、目的を設定せずにただ闇雲に制作をしているWebサイトには、
きちんと運営されているWebサイトにどんなコンテンツを設けているのかを
見ながら自分のサイトにはどんなコンテンツが足りていないのかを見て行ってあげましょう。

コメント