【2020年・図解有り】アフィリエイトとは?アフィリエイトの種類を1つずつ解説!

アフィリエイトとはアフィリエイト

どうも!梅干さない(@ume_hosanai)です!

今日は、アフィリエイトを始められたばかり・またアフィリエイトを知らない人向けに書いていきます。
アフィリエイトって何?仕組みは?どうやったら設けられるの?などそんな疑問をお持ちのあなた向けです!
主に、アフィリエイトの仕組みやメリット・デメリット、アフィリエイトの種類と始め方などについて書いてます。

梅干さない
梅干さない

では、早速行ってみましょか!

スポンサーリンク

アフィリエイトとは?

ネットビジネスの一つで、「成果報酬型広告ビジネス」と言われています。

ブログや記事の中で広告を掲載し、Webサイトに訪れたユーザーが広告をクリックしたり、広告経由でサービスや商品を購買したりしたときに報酬が得られるネット広告ビジネスのことです。

自分の書いた記事にユーザーが反応し、実際に商品やサービスなどを購入してもらえると、広告料がもらえるというビジネスです。

近年では、個人ブロガーやアフィリエイターと呼ばれる職種があったり
副業ブームがやってきたこともあり、年々注目を増しています。

アフィリエイトと聞くと、何か怪しいと疑う人もいますが、「広告ビジネス」の一種なので、CMなどと同じビジネスモデルです。

アフィリエイトの仕組みってどんなん?

アフィリエイトの仕組みを図を使って解説していきます。

アフィリエイトの仕組み図

梅干さない
梅干さない

ASP?良くわからない横文字が出てきましたね。説明していきますね!

ASPとは?

ここでいう「ASP」とは、アフィリエイトサービスプロバイダーの略で、
広告主(企業)と広告掲載者(アフィリエイター/ブロガー)の間に入り、中間業者の役割を果たしてくれる存在です。
ブロガーと広告を打ちたいと考えている企業を結んでくれる存在というとイメージしやすいでしょうか。
個人は簡単に企業の広告掲載を請け負えませんから、
その代わりに、個人と会社を繋げてくれる役割をしてくれています。

広告をどのWebサイトに掲載するかなどを決めてくれるのもASPの役割の一つです。
また、広告掲載している個人に出す報酬もこのASPから配布されます。

基本的には、僕らブログを書く広告掲載者と広告を出したい企業、その間にASPという関係性が存在しています。

なぜ今アフィリエイトなの?アフィリエイトの市場規模は?


※矢野経済研究所 「国内アフィリエイト市場規模推移と予測」

矢野経済研究所によると、日本における2017年度のアフィリエイト市場規模は、2275億8700万円と発表がありました。
数値で見ると、前年度(2016年)比13.5%の増加となっています。
アフィリエイト市場は、2020年には3500億円規模の市場規模になるという
予測も出ており、市場推移予測からしても今後も右肩上がりで伸びていく市場といえます。

アフィリエイトは大きく2分出来る。ASPアフィリエイトとGoogleアドセンス

ASPアフィリエイトとGoogleアドセンスの違いは何なの?と思われる方も多いので、
ここで回答しておきます。

実は、アフィリエイトは大きく分けると2通りのビジネスモデルが存在します。

・ASPアフィリエイト
・Googleアドセンス

ASPアフィリエイトとGoogleアドセンスは、共にネット広告を軸としたアフィリエイトビジネスです。
ですので、ブログやメディアに掲載した広告を主体としていることに変わりはありません。

大きな違いは、「お金の発生ポイント」が異なる点です。

ASPアフィリエイトの場合、
ユーザーがあなたのサイトに貼ってある広告経由で何かしら商品やサービスを購入した場合に金額が発生します。

それに比べ、
Googleアドセンスは、ユーザーに広告をクリックしてもらった瞬間にお金が発生します。

ASPアフィリエイトを狙うかアドセンスを狙うかでブログの運用方法も異なってきます。

アフィリエイトのメリット・デメリット


ここまで、アフィリエイトの概要を説明してきました。
実際にアフィリエイトを運営する上で考えられるメリットとデメリットを紹介します。

アフィリエイトのメリット

アフィリエイトには以下のメリットがあります。

①スモールビジネスなので、低コストで始められる。
②色々な商品やサービスにて展開が可能である。
③アフィリエイトにおける日数をかければかけるほど実数が上がる

①スモールビジネスであり、低コストで始められる!
アフィリエイトは、自社や個人で商品やサービスを管理する必要がなく、Webサイトの初期構築にかかる費用、またその維持費用くらいしかコストとしてはかかりません。安価にスタートができることが大きなメリットとなります。

②色々な商品やサービスにて展開が可能!
アフィリエイトとして登録が可能な商品やサービスは多岐にわたります。
ですので、自分の興味のあるコンテンツも見つけることができます。

③アフィリエイトにおける日数をかければ実数は上がる!
アフィリエイトはインターネット上の一種のビジネスです。
Webマーケティングも絡んできますが、継続している分だけ収益が上がるビジネスモデルです。
どれだけ努力して継続できるかが大きなカギを握ります。

アフィリエイトのデメリット

一方で、アフィリエイトとしてのデメリットとして挙げられるのは、
どうしても中長期的な運用となってしまうため、ある程度の時間をアフィリエイトに捧げなければいけません。

「想像以上に時間と口数がかかり、手間がかかる」ということです。

記事を書くことに慣れている方であれば良いですが、最初はそうはいきません。
記事を書くことになれるまでにある程度時間がかかることは事実です。

アフィリエイトでなるべく早く効果を上げるには、
どういった目的でどのターゲットに対して記事を配信していくかをしっかり最初に考えておくことをオススメします。

アフィリエイトの種類はどんなものがあるの?

先ほど大きく2分できると話ましたが、アフィリエイトと一口に言えど、
Webサイトの目的や状況により出すべき広告の種類が異なってきます。
ここではアフィリエイトの種類をご紹介します。

☑︎成果報酬型アフィリエイト
☑︎クリック保証型アフィリエイト
☑︎インプレッション型アフィリエイト
☑︎トレンドアフィリエイト
☑︎リスティングアフィリエイト
☑︎リスティングアフィリエイト
☑︎物販アフィリエイト
☑︎情報商材アフィリエイト
☑︎自己アフィリエイト(セルフバック)

梅干さない
梅干さない

割と結構種類あるやないか。どれどれ、1つずつ見ていこかね。

「成果報酬型アフィリエイト」

成果報酬型アフィリエイトとは、アフィリエイトの代名詞といってもいいと思います。
端的に表すのであれば、最も利益を作ることができるアフィリエイト広告です。
ユーザーにバナー経由でサービスや商品の購入をしてもらうことで、報酬が発生する仕組みとなっています。

「クリック保証型アフィリエイト」

代表的なものに、Googleが提供しているGoogleアドセンスがあります。
ユーザーがバナーをクリックした段階で報酬が得られる仕組みとなっています。
ただし、成果報酬型アフィリエイトの単価は大きいものであれば10000円を超えるようなものもありますが、アドセンスでは、1クリックあたり30円〜40円がだいたい平均相場となっています。

「インプレッション型アフィリエイト」

インプレッションとは、ユーザーにバナー広告が見られた表示回数をさします。
つまり、ユーザーがどれだけ広告を目にしたのかに応じて報酬が得られる仕組みのアフィリエイトです。
クリックや購入などに比べだいぶハードルは低くなりますが、収益性が大きいものではありません。
アフィリエイト広告の中では、人気はあまりなく、成果報酬型かクリック保証型のどちらかをされるケースが多いです。

「トレンドアフィリエイト」

トレンドアフィリエイトとは、トレンド記事を書きながら瞬間的に集客をぐんと集めて、
アドセンスのクリック報酬を狙う手法です。
記事がバズれば、1日2~3万円ほど稼ぐことも可能です。
ただし、トレンドということだけあって、安定的な集客が見込めないため、記事を探し、書くを繰り返す必要があります。

「リスティング(PPC)アフィリエイト」

リスティングアフィリエイトとは?
ネット広告の一つにGoogle Adsが提供しているリスティング広告があります。
このリスティング広告を打って、Webサイトに集客をし、そこからユーザーに自分のサイトに掲載している広告へと誘導していく手段を言います。
クリック単価と商品粗利の目利きをする必要があります。
高単価の商材を狙っていかないと逆に赤字を掘ります。
どうしても撮りたいキーワードが決まってる場合は、こちらのリスティングアフィリエイトをお勧めいたします。

「物販アフィリエイト」

物販アフィリエイトとは、例えば、書籍・化粧品・ガジェット・ゲームなど物販商品をアフィリエイトを通して売るアフィエイトです。
自分のサイト記事からアマゾンや楽天ECサイトに誘導し、ユーザーに購買してもらうことで紹介料としてお金が落ちます。
アマゾンや楽天にある商品が対象になるので、商品のカテゴリ幅も非常に広いです。
好きな商品の紹介ができるという点ではメリットは大きめですが、粗利はそんなに多くはありません。
稼げる人と稼げない人の差がはっきり出るのもこの物販アフィリエイトの特徴ですね。

「情報商材アフィリエイト」

情報商材アフィリエイトとは、その名の通り、情報商材を売ってアフィリエイト報酬を得るものです。
情報商材系は1つあたりの単価も高いため、アフィリエイト報酬も割と金額をもらえます。
割と成約率も高く単価も高いため、稼ぎやすいジャンルと言われています。
インフォトップやインフォカートが有名な情報商材を扱うASPですね。ひとまずここに登録してみるといいですよ。

「自己アフィリエイト(セルフバック)」

自己アフィリエイト、通称セルフバックですが、ASPに登録して自分でサービスに申し込んで稼ぐアフィリエイトのことです。
アフィリエイトの中には、無料登録やクレジットカードを作るだけで金額が発生するものも中にはあります。
そのようなサービスに申し込んで、自分でセルフバックする。割とこの方法だけでも5〜10万円くらいは稼げますね。

どのアフィリエイトが自分に合うのか

どのアフィリエイトが自分にしっくり来るかは、やってみないとわからないかなと。
自分の知識が思う存分、記事化できる。もので勝負していくことがいいでしょうね。
アフィリエイトを行う際に、1つのジャンルに特化しているブログを作るか様々なジャンルを扱う雑記ブログを作る。
どっちがいいのかという議論もありますね。
こちらにまとめてるので読んで見てください。

稼げるブログとは?

どれくらいの人が日本でアフィリエイトをしているの?

アフィリエイトに参入している人は日本だけでどれだけいるかと言いますと、
現在で約500万人がアフィリエイトをこれまでに行ったことがあるとして推測されております。
今後はさらにアフィリエイト人口が増え続けると予想がされています。

年々増加している傾向にありますが、
アフィリエイトマーケティング協会のアフィリエイトプログラムに関する意識調査<2018年>の調査によると、
いつごろアフィリエイトを始めたのか?という質問項目に対し、
1年未満に開始したという回答が、全体の37.4%と、とても多い数値となっています。
年々アフィリエイトに参入してくるブロガーや企業が多くなっているということですね。

アフィリエイトの始め方はどうやるの?

①まずは、アフィリエイトに関する基礎知識を知る!
②アフィリエイト用Webサイトの作成する!
③ASPの審査を受けるために記事の作成!
④ASPに登録・審査!
⑤広告を記事に掲載!

上記がアフィリエイトでのサイト順番になります。
ブログを作ってこれからアフィリエイトを始められる方もいるかと思いますが、
頭の中にイメージしておいてください。
ASPの審査はある一定度の基準に達しなければ通過することはできませんが、
時間をかければ必ずクリアできる部分ですので、くじけずにチャレンジしましょう。

有名なアフィリエイトサービス業者は?

日本で業績を上げている有名なアフィリエイト業者を紹介します。

☑︎A8.net
☑︎バリューコマース
☑︎もしもアフィリエイト
☑︎Access Trade
☑︎AFB
☑︎Amazonアフィリエイト
☑︎楽天アフィリエイト
☑︎Googleアドセンス

初心者はどのASP業者を抑えるといい?オススメはあるの?

日本で有名なアフィリエイト業者は上記ですが、満足度が高いASP業者はというと!?

アフィリエイトプログラムに関する意識調査 2018

やはり、圧倒的人気はA8.netでした。

理由としては、

・審査なし・無料で使用ができる。
・広告の案件数が圧倒的に多い。
・稼ぎやすい広告や、自分にとって稼げる広告が多い

A8.netここだけは登録は必須かなと思います。
案件数も豊富でかつ支払いもしっかりしてる。ここは抑えましょう!

次に人気だったのは、afbさんでした。

人気な理由としては、専属の担当さんの丁寧さや対応の早さが理由に挙げられています。

梅干さない
梅干さない

どちらもマストで押さえておくと良いよ!

有名なアフィリエイターって?

月間で100万円稼ぐアフィリエイターも結構います。
彼らをマークしておくと間違いないですよ。

・Sanzzoさん:ブログ部
ブログ論・臭い系アフィリエイトの王者です。記事をみるとわかりますが、文章量・分析力・記事力どれをとってもピカイチ!

・マクリンさん:マクリン
ガジェット系の物販アフィリエイトの王者です。物販系やるならぜひ見ておきたいところ。

クレジットカードの読み物さん
クレカのアフィリエイトはこの方のブログを見ておきましょう。

ちなみに、彼らが100万以上稼げているのにも理由が存在しているはず!

稼げない無駄な記事を書かない
→健康系などに手を出していない

継続力・コツコツ能力の高さ
→例えばサラリーマンをしながらでも空いた時間をフルにブログに当てる

売上を上げるために分析をかけている
→リライトや記事の合併。SEOやSNSまで何から何まで戦略的に動いている

など至る所で、見落としがないんですよね。

みなさまは要チェック!

梅干さない
梅干さない

100万/月で稼ぐ超優秀な方々です。彼らから吸収できるものは学ぶべし!

この記事のまとめ

アフィリエイトは前提として、中長期的に運用をしていくものです。
中には1年運用を続けてみても結果が出てこないものも存在します。
結果が出ないものには結果が出ないなりの理由が必ず存在するはずです。
アフィリエイトもアドセンスもGoogleという検索ビジネスの上で成り立っているビジネスモデルです。なので、少なくともGoogleが何を目指しているのかなどは理解しておく必要があると思います。

まずは、アフィリエイトを始める前に一度Googleとは?などについても頭を巡らせてみるといい結果が出ると思います。

以上、少しでもお役に立てていれば幸いです。

コメント