どんなターゲットがアフィリエイト広告に吊られやすいか?その人の特徴は?

アフィリエイト

アフィリエイト広告をクリックするユーザーはある程度見分けられる?
アフィリエイトを行う上で、ターゲット選定は大切です。戦略と戦術を練りながら
どんなターゲットを対象にアフィリエイトを運営してみると良いかを考えていきましょう。

この記事で解決ができる課題はこれ!
・アフィリエイト広告につられるユーザーの把握
・ターゲットをサイトに流入させる方法論とは?

スポンサーリンク

アフィリエイト広告に手を出しやすい人の特徴は?

早速ではございますが、アフィリエイト広告をクリックしてしまう率が高い人というのは、
これは、ある程度傾向が出ています。
例えば、初心者・中級者・上級者という枠組みで比べると分かりやすいのですが、
この中でいうと、これから何か始めようと考えている初心者ユーザーがもっとも「狙い目ユーザー」となります。

狙いは常に、
すでにマーケットに参入している既存ユーザーではなく、ド新規のユーザー層。

なぜ初心者ユーザーが狙い目なのか?

初心者ユーザーは、上級者ユーザーに比べると、
警戒心を高く持っていますが、それ以上に好奇心を強く持っています。
好奇心をくすぐると、「怖い」という感情よりも「とにかくやってみよう」が先行します。
すると、警戒心よりも好奇心のほうが心理状態においては上に立つ状態が生まれ、
その瞬間、クリック率が高くなる傾向があります。

人間の心理を上手くつくコンテンツを作ることがアフィリエイトで勝つヒントそのものです。

ここに気づくことが出来る、出来ないで利益幅が変わってくるでしょう。

上級者よりも初心者を狙う!

例えば、これからFXや株式投資を始めたいと思っている人がいるとします。
初心者ユーザーであればあるほど、
1つの取引所のみではなく、2つか3つ登録するユーザーが多いものです。
将来的な1人当たりの獲得単価が高くなったりします。

逆に上級者であればあるほど、思い入れがある取引所やプラットフォームから離れい傾向があります。
なので、獲得単価を考えたとき、上級者ユーザーよりも初心者ユーザを狙うユーザーとして捉える方が利益が上がります。

初心者ユーザーをサイトへ促す仕組みを考えましょう。

初心者ユーザーをサイトへ取り込む施策とは?

ここからはWebマーケティングの考えを取り入れながら話を進めます。

記事はあくまで、ユーザーを刈り取るための武器です。
記事を書いたからといって流入してくれるわけではありません。
流入する仕組みをまずは作る必要があります。また、いくつか経路を確立するとよりよいでしょう。

多くの人は、他社との差別化を測るとき、サービスの変更や市場の変更を考えますが、
流通経路を変更することを検討する人は割と少ないものです。

流通経路をしっかり考えると割とうまい方向に進んでいきます。

・ツイッター
・顕在層を刈り取るリスティング広告
・ニッチキーワード狙いのオーガニッククエリ取得
・メルマガ配信

この4つの手法をうまく使うことで、新規ユーザーへのアプローチを強化できます。

・ツイッターは効果覿面!

ツイッターは、個人というブランドを利用して、もっとも初心者ユーザーにリーチしやすい媒体です。
ツイッターであなたをフォローしてくれるユーザーというのは、ある種あなたのファンとなります。
ファンになってくれている分、親近感が湧いていますので、ツイッターからのサイト流入でのアフィリエイトは高い利益性をもたらします。
アクティブなファンをツイッター上でしっかり囲っておくことで、利益向上を狙えますので行いましょう。

・ニッチでロングテールキーワードの検索流入を狙う!

ロングテールキーワードは、サービスを検討しているユーザー層になり得ます。
ビッグワード以上に、アフィリエイトで効果を出したいのであれば、ロングテールキーワードで
上位表示が取れるように記事作成をして行きましょう。

ビッグワード=認知層・潜在層ユーザーが検索をかけるキーワード
ロングテールキーワード=顕在層が検索をかけるキーワード

ここを覚えておくと、戦略的にアフィリエイトを行うことができます。
 

・リスティング広告で顕在層へリーチ!

個人ブロガーでは広告をかけてまで、ブログ運用を行うというイメージが湧きづらいかもしれません。
ですが、リスティング広告の効果はやはり高いものです。
リスティング広告の最大のメリットは、
サービスをすでに検討している興味関心度が高いユーザーに直接アフィリエイトキラーページを閲覧させることができる点です。
どうしても狙いたいキーワード自体に広告をかけることによって、狙いたいユーザーに直接アプローチがかけられます。
またリスティングは、成果報酬型の広告になるので、広告をかけているキーワードをクリックされない限りお金は発生はしません。
インプレッションでお金が発生しないということもメリットになります。
 

・初心者ユーザーを育てるメルマガ配信

定期的に書いている記事をメルマガに乗せて配信しましょう。
ツイッターなどでファンになってくれているユーザーに対して、定期的に記事URLを乗せてメルマガ配信を行います。
初心者ユーザーをしっかり育て、刈り取る施策として、メルマガが非常に有効な手段です。
初心者ユーザーがきてくれたとき、即決してくれれば良いですが、なかなかそうも行きません。
そういうユーザーを温める施策としてメルマガ配信を行うと、ファンが定期的にサイトへ訪れてくれるようになります。

この記事のまとめ

アフィリエイトで利益を出すにはどのようなターゲット設定や戦略が最適か?
という話をしてきましたが、いかがでしたでしょうか。
アフィリエイトでは、広告を踏んでくれるターゲットに適切にリーチができる状態を作ることが、
アフィリエイトでの利益確保において極めて大切なこととなります。

そんな中でも初心者ユーザーへのアプローチ施策をしっかりと練ると効果が出やすいです。
ぜひ、意識してコンテンツ作りをしていただければと思います。

以上、少しでも皆さんのお役に立てていれば幸いです。

コメント