アフィリエイトで稼ぐ金額は、記事を書く前に大抵決まる。

アフィリエイト

「アフィリエイトで稼ぐ」というテーマに則って話を進めて行こうと思います。

アフィリエイトやブログを始めたけれど、1年続けても「全く成果が出ない」「稼げない」
と嘆いている人は世の中腐る程いるものです。
僕の友人にも、アフィリエイターやブロガーは多いですが、嘆いている人をよく見かけます。

稼げないという成果の裏側には、必ず原因が存在するものです。
その原因を把握し、改善をかけていくことができればほぼ100%改善数値を拝むことができます。

スポンサーリンク

アフィリエイトを始める前に必ず考えるべきこと

それは一言で、、

「どれだけアフィリエイトで稼ぎたいかを考え、予め試算しておくこと」です。

ここを考えることが非常に重要なのですが、
残念ながら、この数値がしっかり立てられてない人が多い印象があります。

アフィリエイトは「ビジネス」であるという意識を持つ。

結構、適当に初めて適当に行ってる人が多いような気がするんですよね。
これくらい稼げればいいや。みたいな。これではあまり稼げません。

例えば、アフィリエイトで30万以上(食っていける金額)稼ぎたいのであれば、
アフィリエイトを一つの事業=ビジネスと捉えて取り組みましょう。

自分のサイトの競合がどこの誰か知ってますか?大半は企業ですよ!

テキトーにアフィリエイト行ってる人が多い気もするので、ちょっと最初に釘さしときます。。

ブログやアフィリエイトをしている人は最近個人の方も多いので印象薄いと思いますが、
基本、自分の運営しているサイトの競合って企業ですよ!

企業も各サイトのSEO対策を施してますし、月間検索回数のボリュームが多いキーワードを狙ってます。
今は、企業にとってもWebからの集客というものは今や非常に重要なファクターなので、
ネット広告への予算も個人では考えられないような金額をかけています。
toC事業であれば、月額1000万ほどかける企業は結構ザラですよ?知ってましたか。。?

何百万・何千万円という金額をネット広告に投下してキーワード獲得を狙ってる企業があなたの競合なのです。

あまり大げさに言ってるつもりはないんですけど、
それ相応の覚悟を持って取り組まないと抜きんでることは難しいと言う分野であるということです。

ここで注意点を1つ

アフィリエイトで月商100万という数値に騙されないように。

ツイッター等のSNSやセミナーでアフィリエイトで月商100万円稼いでいますという人がいたりします。
この業界に長く腰を下ろしている人であれば珍しいことではないとは思いますが、
その言葉のみでは、粗利で100万円稼いでいるのか、発生率で稼いでいるのかどちらかは分かりません。
また、リスティング広告などネット広告を使用し、
営業利益で月商100万円を稼いでいるのであれば、広告にいくら使っているかもわかりませんし、正解を見極める術がないのです。

仮にリスティングで80万円使用していて、
そこから100万円の営業利益を出していたとしたら、実質儲けは20万円ということになります。
こういうケースも往々にアフィリエイト界隈ではある話なので、言葉に騙されないようにしましょう。

ちなみに、、、
アフィリエイトで月商100万円以上稼いでいる人は、全体の10%ほどはいると言われています。
稼いでいる人もいるということは嘘ではないんですね。


(※アフィリエイト・プログラムに関する意識調査2016より)

この図で分かるように、100人に10人は100万以上を稼ぎ出してます。
ただ、目の前の数字のみではく、何にどれだけの金額をかけているか分からないと言うことは頭に入れておきましょう。

Webサイトへの集客はできているが、収益が上がらないケース

次に、アフィリエイトを勢いで始めてしまった人がよく陥るケースで、
サイトへの集客は割と出来ているけど、収益が上がらないというケースがあります。

この理由は大抵決まっていて、
自分自身の趣味、得意分野に合わせて記事を書いているという理由です。

このままだとサイトにいくら集客できていたとしても収益性はさほど上がりません。
それは、アフィリエイトには、幸か不幸か、稼げる分野と稼げない分野が存在するためです。
要するに、稼げる分野でコンテンツを作っていかないとまず粗利で100万目指すことはできないということです。

(※どんな分野でも頑張れば、5〜10万円くらいは稼げますが。。。)

アフィリエイトの方程式とは?

実は、アフィリエイトは、始める前に大方数値でどの程度稼げるかを把握できます。
この試算によっては、はじめから書かないほうがいい記事というものも見つけられ見切りがつけられます。

アフィリエイトの方程式について下記にて説明いたします。

「売上=サイトへの流入数×広告クリック率×成約率×承認率×成約単価」

これがアフィリエイトでの基本方程式です。
この方程式に沿って数字を当てはめていけばある程度の試算はできます。

これらサイトへの流入数・広告クリック率・成約率・成約単価
とありますが、
サイト流入数を上げる施策、広告クリック率を上げる施策など各項目に置いて施策が異ります。
各施策を施し数値を上げて行きましょう。
全ての項目を網羅すると、アフィリエイトでお金を稼ぐことが容易になります。

サイトへの流入数をあげる施策→「SEO対策、ネット広告、SNS」
クリック率をあげる施策→「サイト構造の見直し、UI・UXの変更、誘導導線設計」
成約率をあげる施策→「記事内のコンテンツの見直し」
成約単価を上げる施策→「予め、分野を見ておく」

数値で簡単に計算式をたててみましょう。

売上=サイトへの流入数×広告クリック率×成約率×承認率×成約単価

サイトへの流入数=300000PV
広告クリック率=3%
成約率=5%
承認率=50%
成約単価=10000円
300000×0.03×0.05×0.5×10000円=225万円
サイトへの流入数=1000000PV
広告クリック率=5%
成約率=5%
承認率=80%
成約単価=50円
1000000PV×0.05×0.05×0.8×50円=10万円

215万円という差。これだけの差が出て来ます。
こう考えて見るとわかると思いますが、大切なものは成約単価という位置付けになります。

サイトへの流入数をあげるには?

サイトへの流入数をあげる施策=集客施策です。
セッションを指します。
アフィリエイトはサイトにユーザーが来てくれないことには始まらないビジネスです。
ですので、まずは、Webサイトに訪れるユーザーを増やす集客施策を打たなければなりません。

この集客施策はいくつかあります。

①SEO対策
②ネット広告
③SNS流入

→こちらで集客施策については詳しく説明しています!
よければご覧ください。

クリック率を上げるには?

セッションに対し、1〜5%ほどがクリック率に繋がると言われている世界ですから、
100人の流入があれば、1人が商品やサービスの購入をしてくれるという図が出来上がっています。

成約率を上げるには?

成約に至るまでは、100セッションで1成約あるくらいが基本的な数値となっています。
この試算を上げるには、

・コンテンツの改善
→後ひと押しコンテンツを書く。
セールスライティングといったほうがいいでしょうか。
集客用の記事と成約させる記事は分けてもいいと思いますよ。

・SNSでフォロワーを増やす。
要は、あなた自身の信頼度を増加させる施策です。
検索で引っかかるど新規ユーザーよりも知人やある程度素性を知ってる人の方が成約率高いですからね。
SNSでいろんな人と絡んどくと成果も早く出ますね。

承認率を上げるには?

この承認率を上げることは、かなり難しいですよ。
アフィリエイター側ではなく、サービスそのものに問題が往々にあるんですよ。
ですので、ここは無理をせずに、承認率が高い似ている他サービスにシフトチェンジすることを
お勧めします。

成約単価を上げるには?

成約単価の領域は、1アフィリエイターにどうこうできるものではありません。
ですので、ASPサイトを見ることを推奨します。
ASPを変更するだけでも、稼げる金額が異なると言う話はよくあることですからね。

まとめ

と言うことで、アフィリエイトで稼ぐには?というテーマについて記載をしてきました。
数字で追うということをしっかりと前以て考えましょう。

以上です。

コメント