【覚えて損なし】Webライティングで大いに役立つキャッチコピー10選

【覚えて損なし】Webライティングで大いに役立つキャッチコピー10選 Webライティング
まっしゅ
まっしゅ

記事タイトルと見出しのつけ方に迷ってる。相手の興味を惹かせるつけ方を教えてくれ…

こんな悩みをお持ちの方への記事です。

タケル
タケル

Webライティング業務時、タイトル付けや見出しの作成に迷うことありません?

そんな時に大いに役立つものが「キャッチコピー」です。

今記事では、ユーザーにより興味を持たせるタイトルのつけ方やクリック率を少しでも上げるにはどんなキャッチコピーを利用すると良いのかそれぞれシチュエーションごとに使えるテクニックをお伝えします。

関連:【人気厳選】UdemyでおすすめなWebライティング講座5選を紹介!

Webライターはキャッチコピーの要素を覚えておくべき

キャッチコピーとは何らかの宣伝を行ったりや文章を書く際に、人を惹きつけるための短い文章のことです。キャッチコピーは、Webライターの仕事において非常に大切な表現です。

タケル
タケル

というのも下記の理由が存在するからです!

  • タイトルや見出しの付け方が上手になる
  • 人に注目されやすい記事が書けるようになる(クリック率を上げる) 
  • SNSで拡散される可能性が高まる

どれもWebライターにとって大きなメリットになりうるものばかりです。

タケル
タケル

ここからはそれぞれの理由についてご紹介いたします!

タイトルや見出しの付け方が上手になる

Webライターはキャッチコピーをより多く覚えることで、タイトルや見出しを付けることが上手になります。というのも、Webライターはキャッチコピーを覚えた分だけ人を惹きつける表現方法を身に付けることが出来るからです。

記事におけるタイトルや見出しが魅力的だと、さらに読んでくれる読者が増えるキッカケに繋がります。

タケル
タケル

Webライターとしてクライアントに貢献するためにも、1つでも多くのキャッチコピーを覚えておくことがおすすめ!

人に注目されやすい記事が書けるようになる(クリック率を上げる)

より多くのキャッチコピーを覚えると、Webライターとして人に注目されやすい記事を書くことができます。タイトル、見出し、本文中にキャッチコピーを盛り込んでいくことでさらに魅力的な文章になり、読者の増加に繋げられるはずです。

また、魅力的な文章を書けるWebライターは読者からだけではなく、クライアントからも評価されます。というのも魅力的でオリジナリティのある文章は良質なコンテンツになるからです。

タケル
タケル

Webライターとしてさらに人に評価される記事を書けるようになるためにも、より多くのキャッチコピーを覚えると良いでしょう。

参考:初心者がWebライティングを極めるべく読むおすすめ本8選まとめ

SNSで拡散される可能性が高まる

効果的なキャッチコピーを盛り込んでいる記事は、TwitterなどSNSでも拡散されやすくなります。

人々が読みたくなるようなタイトルや見出しだと、それを見て共感したり気になった人々がどんどんその記事を共有して広めようとするからです。

また、SNSで人気が高まり多くの拡散がされるとアクセス数が増えることによりSEOなどにおいても効果が発揮されます。

タケル
タケル

SNSで拡散されると、PVを集める記事となりやすく、評価もされるようになります。

タイトルや見出しを作る際に便利なキャッチコピーのテクニック5選

タイトルや見出しに効果的なキャッチコピーを盛り込むことで、アクセス数の増加が見込めます。その中でも特にタイトルや見出しに使いやすく、効果的なキャッチコピーやテクニックは以下の5つです。

  • テクニックやノウハウを教える記事はハードルを下げる言葉を利用する。
  • 相手の好奇心をくすぐるクイズ形式。
  • ニッチなジャンルの記事ではターゲットを絞り、そのターゲットに効く文字を利用する。
  • ユーザーの共感を得やすい言葉を使用。
  • 具体的な数字を入れて説得力を増す。

どれも読んだだけで簡単に、実践することができるテクニックです。

タケル
タケル

多くの人に読まれる記事を書きたいWebライターの方は、上記を意識して実践するようにしましょう。

テクニック記事やノウハウ記事はハードルを下げる言葉を意識

ジャンルを問わず、テクニックやノウハウを教える「How to 記事」は、物事を学ぶハードルを下げるキャッチコピーをタイトルや見出しに入れるといいでしょう。

そうすることで、初心者の方もその記事を読んでくれる可能性が上げられます。

具体的には下記のようなキャッチコピーが使いやすくおすすめです。

  • 「初心者向け」
  • 「3分で分かる」
  • 「〜するだけでできる!」

上記のキャッチコピーのように、初心者の方でも「自分でもできそう!」と感じてもらえるような表記をタイトルの中に入れておくと効果的です。

タケル
タケル

Webライターの方はテクニックやノウハウを教える記事で利用しましょう。タイトル一つとってもCTRは異なってくるのでまずは試してみましょう。

相手の好奇心をくすぐるクイズ形式

ニュース系の記事で効果的なキャッチコピーのテクニックを使いたい場合は、クイズ形式を用いるといいでしょう。というのも、その分、読んでいる人の好奇心をくすぐり、記事に興味を持たせることができるからです。

具体的には、タイトルや見出しに下記のようなキャッチコピーを使うと良いでしょう。

  • 「◯◯と△△どちらの表記が正しい?」
  • 「◯◯と△△の意外な違いとは?」
  • 「◯◯という言葉はどの場面で使える?」

上記のように気になるような問いかけをすると、ついつい読みたくなるようなタイトルや見出しにできるはずです。

タケル
タケル

人は疑問に思ったものに対して答えを知りたくなる習性があるので、上手く利用しましょう。

ニッチ記事ではターゲットを絞り、そのターゲットに効く文字を利用

何かニッチなジャンルの記事を書く場合には、ターゲットをしっかりと絞るようなキャッチコピーをタイトルや見出しに使いましょう。

というのも、読者像を想定したように絞られたキャッチコピーを使うと、読んだ方が自分のことのように感じるからです。

そこからより高い共感を生み出すことができます。具体的には下記のようにタイトルや見出しにキャッチコピーを盛り込むといいでしょう。

  • 「大学2年から始める〜」
  • 「30代転職でおすすめの〜」
  • 「フリーランス必見」

上記のように絞り込んだキャッチコピーを使うことで、ターゲットの方に興味を持ってもらうことができます。

タケル
タケル

Webライターとしてニッチな内容の記事を書く場合には意識して上記のキャッチコピーを使ってみましょう。

ユーザーの共感を得やすい言葉を使用

Webライターとしてより人々に読まれたり拡散されやすくなるようなタイトルや見出しを作る場合には、共感を得られるような言葉を使いましょう。

というのも、より感情移入させられればその分、読んでもらった人に気に入ってもらうことができるからです。

なので、できるだけ読む人が思っていることをストレートに代弁してあげられるようなタイトルや見出しを作りましょう。

具体的には下記のようにタイトルや見出しをキャッチコピーを用いて作ります。

  • 「〇〇を買ってみたけど、使い方が分からない方必見!」
  • 「LINEで連絡先を追加する方法が分からない方へ」
  • 「無駄な会議はもういらない!より意味のある会議をする方法とは?」

上記のように読者が悩んだり、不満に思っていることを先回りしてタイトルや記事を盛り込めると効果的です。

タケル
タケル

共感を得られる記事を書きたいWebライターの方は是非、実践してみましょう。

具体的な数字を入れて説得力を増す

ジャンルに限らず、Webライターとして文章を書くのであれば、タイトルや見出しに具体的な数字を入れて説得力を上げましょう。数字があると記事に納得感や説得力を持たせることができます。

具体的には下記のようにタイトルや見出しを作ると良いでしょう。

  • 「社会人500人に調査!就活における面接を突破する際に一番意識したポイントとは?」
  • 「電気代を月5,000円節約?主婦におすすめな驚きの電気代の節約術とは?」
  • 「【たった3日】生活習慣の改善方法とは?」
タケル
タケル

具体的な数字が入っていることで、より説得力が出ていることが分かります。

説得力を増す記事を書くのであれば、具体的な数字をタイトルや見出しに使うことをおすすめします。

よりバズる記事が書ける?より読まれやすくなる魔法のキーワード5選

タイトル、見出し、本文中に意識的に盛り込むと効果のあるキャッチコピーは数多く存在します。

タケル
タケル

その中でも特に効果的で使いやすいキャッチコピーは以下の5つです!

  • まとめ記事やランキング形式の記事に使える「おすすめ○○選」「ランキング〇選」
  • 購買意欲を煽ることのできる「今だけ」「ここだけ」
  • 比較記事に使える「○○と△△の違いとは?」
  • 手軽さを演出できる「裏ワザ」「○○でもできる」
  • 記事に説得力を持たせる「○○が教える」「○○の声」

どれも覚えればすぐ使える使いやすさがあり、非常に便利です。

タケル
タケル

ここからはそれぞれのキャッチコピーについて詳しくご紹介いたします!

まとめ記事やランキング形式の記事に使える「おすすめ〇〇選」「ランキング〇〇選」

まとめ記事やランキング形式の記事は人気が高く、Webライターとして関わる事も多いでしょう。

まとめ記事に効く、タイトルは「おすすめ〇〇選」「ランキング〇〇選」など数字を盛り込んだキャッチコピーです。

分かりやすくランク付けできるので、非常に便利なキャッチコピーとなります。

 こういったランク付けができるキャッチコピーを使うと「このランキングは人気があるものが選ばれているんだ」と読者に思わせることが出来ます。

タケル
タケル

商品紹介の記事などでも役に立つので是非、ランク付けができるキャッチコピーを覚えておくと良いですね。

購買意欲を煽るのであれば「今だけ」「ここだけ」

購買意欲を煽る際にキャッチコピーを使うと効果的です。 記事を読んでいる人の中には買おうかどうか迷っている方もいるので、後押しできるようなキャッチコピーを使えるとより商品を買ってもらえる可能性が高まります。

具体的には「今だけ」「ここだけ」と限定性を付加できるような キャッチコピーが付けられるとより確実です。

割引やクーポン情報があれば「今買っておかないともったいない!」と思わせることもできる効果的なテクニックです。

タケル
タケル

文章を読んだ人に確実に商品を買ってもらいたいなら、購買意欲を煽るキャッチコピーを付けましょう!

比較記事に使いやすい「〇〇と△△の違いとは?」

商品紹介などの記事では、比較記事も人気が高いものですね。その記事を読むだけで書いてある商品やサービスを手軽に見比べらるため非常に便利だからです。そこで比較記事には「〇〇と△△の違い」のようなキャッチコピーが使いやすくなります。

というのも、比較されているどちらかを買いたいと考えている人から大きく共感を得ることが出来るからです。なお、比較する場合には具体的には下記のポイントを意識するといいでしょう。

  • 値段
  • 性能
  • 仕様
  • 特典の有無
  • サポートや修理の対応について
  • 割引クーポンの有無
タケル
タケル

より具体的で細かいところまで比較できると、価値の高い文章になるので意識して書いてみてください!

より手軽さを演出したい場合は「裏ワザ」「○○でもできる」

知識やテクニックを紹介する記事であれば、「裏ワザ」「○○でもできる」といったキャッチコピーを効果的に盛り込むと良いでしょう。そうすることで、テクニックやノウハウを習得するハードルが低いということをアピールできます。

Webサイトやページで知識やテクニックを身に付けたいと考えている人は、なるべく手軽で楽に身に付けたいと思っている場合が多いです。

タケル
タケル

Webライターの方はきちんと読者の心理を理解して、上記のキャッチコピーを使ってみましょう!

記事に説得力を持たせるなら「〇〇が教える」「〇〇の声」

Webの記事を読む人はできるだけ説得力を持った記事を信用します。というのもあまり説得力がない文章だと、読んでもいまいち信用されないためです。なのでWebライターとして、出来る限り文章には説得力を持たせましょう。

そこで、「〇〇が教える」「〇〇の声」といったキャッチコピーを使うと良いでしょう。誰か他のユーザーや実績がある人が保証してくれているキャッチコピーを入れるだけでも、 読者の印象は変わってきます。

タケル
タケル

少しでも多くの人からご自身が書いた文章を読まれたいのであれば、「Webライターとしてどうすれば記事に説得力を持たせられるか」という点についてはしっかり考えるといいですよ!

まとめ

今回の記事では、「【覚えて損なし】Webライターが覚えておくべきキャッチコピー10選」についてご紹介いたしました。Webライターがより魅力的な文章を書けるキャッチコピーをできるだけ多く記載しています。

最後に、本記事の内容を簡単に下記にまとめます。

  • 魅力的なキャッチコピーを記事に盛り込めるかどうかでアクセス数などにも影響が出てくる
  • タイトルや見出しにはできるだけ人々の共感や好奇心をくすぐるキャッチコピーを入れるべ
  • 文中にも意識的にキャッチコピーを入れていくことでより魅力的な記事となる

Webライターとしてより読まれたり、評価されるものを書きたいのであればキャッチコピーはできるだけたくさん覚えた方がいいです。

タケル
タケル

それぞれのキャッチコピーの使い方をマスターして、よりWebライターとしてレベルを上げましょう。

梅干さない
梅干さない
もしこの記事を読んで、ご質問があれば公式LINEからご質問ください!    
   
Webライティング
スポンサーリンク
この記事を書いた人
梅干さない

事業会社のデジタルマーケター。webマーケティング・デジタルマーケティング。Webコンサル×新規営業×ディレクション(一貫してすべてのフローを行う)経験済。個人でも様々な業務を請け負います。

▶︎お問い合わせはこちらから

梅干さないをフォローする
梅干さないをフォローする
うぇぶログ

コメント