Webライターの将来性は明るいと言い切れる理由!勝つ為に必要なこととは?

Webライターの将来性は明るいと言い切れる理由!勝つ為に必要なこととは? Webライティング

巷で、「Webライターに将来性はない」言われます。

本当にそうなのでしょうか、どこかに勝ち筋はないのでしょうか?

タケル
タケル

今記事では「Webライターの将来性について」なるべく肯定的な視点に立って説明していきます。将来性は危ういと危惧されているWebライターという職業ですが、メリットもあるのです。

関連:Webライターがきついと言われる7つの理由を現役ライターが解説

Webライターの将来性が低いと言われる3つの理由

Webライターの将来性が低いと言われる理由は多く存在します。その中でも特に将来性が低いと言われることが多いのが下記の3つです。

  • 副業促進で競合の増加が目立つ
  • 案件単価が更に低くなる傾向
  • AIに仕事を取られる

どれもWebライターにとって無関係な問題とは言えません。Webライターとして仕事を続けていく場合に頭にきちんと入れておかなければならないことばかりです。

タケル
タケル

ここからはそれぞれの理由についてご紹介いたします。

副業促進で競合の増加が目立つ

現在ではどの業種や職種の職業でも副業促進がなされている傾向があります。

そこで、副業として始めやすい仕事としてWebライターは注目され始めています。実際にWebライターは資格なしで始められることから、副業として人気ですらね。

副業でWebライターが増加することにより、Webライターを本職にしている方は少しずつ仕事を奪われています。

タケル
タケル

クラウドワークスなどのぞいて見ると初心者Webライターで溢れ返っている光景が広がります…!

案件単価が更に低くなる傾向

副業でWebライターを始めたり、大学生や主婦層がバイト感覚でWebライターになることで文字単価が低くなる傾向が見られています。

実際にスキルの低いWebライターが増え、クライアント側もそれに合わせて単価を下げて募集しているのです。

また、最近ではクラウドソーシングサイトで、テストライティングなどを口実に相場より遥かに単価の低い形で発注することも増えています。それでも初心者Webライターなどが応募するので、どんどん案件単価が下がっているのです。

タケル
タケル

上記のような負のスパイラルを見て「Webライターの将来性が下がっている」とおっしゃる方も多くなっています。

AIに仕事を取られる

「AIに今後Webライターの仕事を奪われるのでは?」という声も挙がることがあります。

AIがWebライティングを行うツールも存在しており、「Articoolo」というサービスは開発もかなり進んでいるそうです。

まだ、人が書くような感情に訴えかける記事を書くことは難しいですが、やはり、文字とAIの相性の良さを考えると今後の開発次第ではさらに改良されることが見込まれます。

タケル
タケル

Articooloのようなサービスがどんどん改良されることで、Webライターが仕事を取られてしまう日も来るかもしれません。

Webライターの将来性は明るい!

Webライターの将来を危ぶむような声はネット上で多く見かけます。ただ、実際には下記のような理由があり、Webライターの将来性は明るいのが事実です。

  • AIにWebライティングの仕事は易々とは奪われない
  • 文章コンテンツは依然と需要が高い
  • 競合は増えても他の人のスキルセットは依然低いまま
  • 他人にない知識を持っていれば十分戦える

文章のコンテンツは今後も需要が高かったり、他人にない知識を持っていれば今後もWebライターとして十分に稼いでいくことができます。

タケル
タケル

ここからはそれぞれの理由についてご紹介します!

AIにWebライティングの仕事は易々とは奪われない

Articoolo」など、AIでWebライティングを行うサービスなどは開発され始めていますが、まだまだ人間が書くような精度の高いライティングは残念ながらできません。

なので、これからも人の手でWebライティングは行われていくという未来は変わらないでしょう。

さらに、WebライティングのAIを導入するとなるとコストがかさんでしまうので、Webライターに依頼する方が安く済みます。

タケル
タケル

なので、AIの進歩が進んでいってもWebライターの将来性を必要以上に危ぶむ必要はありません!

文章コンテンツは依然と需要が高い

Webライターの将来性が高い理由の1つとして、文章コンテンツの需要が依然と高いという点が挙げられます。

文章は動画や音声よりも頭に入りやすいコンテンツなので、これからも需要が途絶えるということは考え辛いです。

もし、今後の検索結果のすべてが動画や音声コンテンツになったら、かなり使い辛いはずです。なので、文字コンテンツはこれからも将来性があると言えるでしょう。

タケル
タケル

ものなどを買う際も口コミなどの文字情報を参考にするのが多いことを考えると、やはり文字コンテンツの存在は大切なんですよね!

競合は増えても他の人のスキルセットは依然低いまま

現在ではクラウドソーシングサイトの存在の影響もあり、学生や主婦層がWebライターとして参入することで競合が増えています。

しかし、競合が増えたとしても、ライトな層のWebライターのスキルセットは低いので安心です。

ライトな層のWebライターは文章が上手に書けていなかったり、SEOなどの知識もなかったりするのでプロのWebライターと比べると、実力は低いです。

タケル
タケル

なので、競合が増えても将来性を心配しすぎる必要はありません!

実際、案件は、SEOガチッと知っている人や独創性・専門性のある記事を書ける人に寄っていきます。

その点をしっかりと補填できれば、特に他人に負けることもありません。安定的に30万/月程度であれば行けますね。

Webマーケティングスクールに通うのも手ですし、SEOを本で学ぶこともできます。

タケル
タケル

この辺りは、Webライティングで食べていきたいなら、しっかりと着手しましょう。

他人にない知識を持っていれば十分戦える

Webライターは競合が増えていますが、強みとなる知識を持つことでクライアントに重宝されるWebライターになれます。

正直、1つ専門に特化したライターの方がクライアントからは受けがいいのです。

誰にでも書けそうな味気ない記事を納品したとて、検索上位表示化は出来ませんし、その人に特徴がなければクライアントは記事作成をその人にお願いし続けるメリットはありません。

  • 金融
  • クレジットカード
  • 法律
  • 医療

上記のジャンルは専門性が高く、文字単価も高い傾向にあります。とはいえ、YMYLジャンルにもろに引っかかる箇所でもあるので気をつけてください。

タケル
タケル

上記以外でも他人には負けない知識を保有していると、文字単価は自ずと上がります。雑記で誰でも書ける記事は書かないで何か専門性を持った記事を書き続けるようにしましょう。

そのままでは危険!将来性の低いWebライターの特徴とは?

実際にライトなWebライターが多く参入してきたことで競争は激しくなってきているのが事実です。そこで、Webライターの業界で将来性の低いWebライターの特徴が下記のようになります。

  • 量で戦おうとしている人
  • クライアントの数が基本的に少ない
  • 分野に特化した深い知識を持っていない
  • 文字単価の低い仕事を受け続けている

上記のいずれかの特徴に当てはまっている方はすぐに改善する必要があります。

タケル
タケル

稼げるWebライターになるためにも、自分自身を1度見つめ直してみましょう。

量で戦おうとしている人

Webライターは1日にいくらでも記事を書いて稼いでいくことが可能となります。しかし、そのような思考でいるのはWebライターとしての将来性に関わり、大変危険なのです。

というのも、安い文字単価の記事を大量に書いて稼ごうとしても何も知識が身に付かないからです。

安い文字単価の記事は誰でも書ける内容のものばかりなので、そんな経験値の低い記事を書き続けていてもWebライターとして成長することはできません。

タケル
タケル

なので、Webライターの方は少しでも文字単価が高く、専門性のある記事などに挑戦して知識を身に付けていく必要があるのです。

クライアントの数が基本的に少ない

クライアントの数が極端に少ないWebライターの方は将来性が高いとはあまり言えません。というのも、もしその数少ないクライアントに契約を打ち切られてしまうと、働き口を失ってしまうからです。

なので、Webライターの方は極力多くのクライアントと関係を持っておくことが大切です。

そうすることで、契約を切られてしまってもリカバリーがすぐに図れるでしょう。

タケル
タケル

ちなみに私はいざという時のためにも、常に5〜6社のクライアントと契約を結んでいます!

分野に特化した深い知識を持っていない

深い知識を持っていないWebライターは今後の将来性が低いと言えるでしょう。ただでさえ、Webライターが多く業界に参入しているので、他のWebライターと差別化できるような知識を増やさなければいけません。

何も知識を身に付けないままでいると、クライアントにも重宝されず仕事も増えません。なので、必ず得意とする知識を身に付けて、自分に付加価値を与えていきましょう。

タケル
タケル

特に執筆ジャンルに関する知識やSEOに関する知識は、ご自身のWebライターとしての将来性を高めるために必須です!

文字単価の低い仕事を受け続けている

文字単価の低い仕事を受け続けけているのも将来性がないWebライターの特徴です。文字単価が低い仕事は稼ぎの効率が悪いので、なるべく早めに文字単価が低い仕事から脱する必要があります。

例えば、文字単価0.8円で文字数5,000文字の案件を受注していると仮定します。その上で、大体一時間で書ける文字数を1,500文字程度だと考えると、時給換算で約1,300円程度となりお世辞にも高い稼ぎとは言えません。
タケル
タケル

なので、少しでも早く文字単価1円以上で受注できるWebライターになることが大切です。

勝ち続けるWebライターになるためには?

業界で将来性のあるWebライターになるためには、自分の知識やスキルを磨く必要があります。そこで、下記のようなことを意識してみましょう。

  • SEOに関する知識を徹底的に学習する
  • 得意なジャンルを極める
  • ライティング以外のスキルを増やす
  • スピード納品を意識

どれもご自身のWebライターとしての将来性を高めていくために必要な考え方です。

タケル
タケル

他のライバルのWebライターに負けない強みを作るように意識しましょう!

SEOに関する知識を徹底的に学習する

Webライターとして将来性を高めていく場合には、SEOの知識を磨く必要があります。というのも、クライアントの中ではSEOの知識がない方の応募を断っている場合があるからです。

SEOの知識がない方が記事を書くと、上位表示が難しくなりクライアントとしてはあまり魅力を感じられない記事になります。なので、クライアントの要望を満たすためにもSEOの知識の習得は必須となっているのです。

タケル
タケル

現在ではSEOは動画学習(Udemy)書籍で比較的手軽に学べるので安心です。

得意なジャンルを極める

ご自身のWebライターとしての将来性を高めていく場合には、得意なジャンルを極めるようにしましょう。というのも、得意なジャンルを極めることで専門性の高いWebライターになることが出来るからです。

きちんと専門性の高いWebライターになることが出来れば、他のライターでは書けないクオリティの高い記事が書けます。そうなれば、より仕事も増えて安定してWebライターとして稼げるようになるでしょう。

タケル
タケル

ライトな層のWebライターに負けないプロ性を身に付けるように意識しましょう!

ライティング以外のスキルを増やす

Webライターとして将来性を高めて業界で生き残っていくためには、ライティング以外のスキルを増やしましょう。具体的には下記のようなスキルを身に付けるとより付加価値が高まります。

  • 簡単なコーディング知識
  • WordPressの操作
  • キーワード選定の知識
  • 画像加工のスキル

いずれも確実にWebライターとしての需要を高めてくれるスキルです。クライアントとの文字単価の交渉の際に使いやすいスキルばかりなので、しっかり学んでいきましょう。

タケル
タケル

どれもそこまで身に付けることが難しくない知識なので、余裕がある時に学びましょう!

参考:気になるWebライターの仕事内容とは?基本から応用まで15個の仕事を一挙解説!

スピード納品を意識

クライアントに重宝されるWebライターになるためにも、スピード納品は常に心掛けるようにしましょう。というのも、納期を前倒しして納品できるWebライターは信頼感が高まるからです。

また、スピード納品もクライアントに文字単価の交渉をする際に使えるスキルなので是非、身に付けましょう。場合によってはクライアントから気に入られて、発注量も増やしてもらえることもあります。

タケル
タケル

なので、Webライターの方はできるだけスピード納品を行いましょう!

関連:知らないと損?Webライティングでスピードを上げるコツとは?

この記事のまとめ

今回の記事では、Webライターの将来性について詳しくご紹介いたしました。Webライターとしての将来性を高める際のコツや注意点も多く記載した内容です。

最後に、本記事の内容を簡単に下記にまとめます。

  • Webライターは競合性が高まってきているが、知識やスキルがしっかりしていれば生き残れる
  • Webライターとして将来性を高めることを意識するのであれば、文字単価の低い案件はすぐに卒業する
  • 将来性のあるWebライターを目指すのであれば専門知識やライティング以外のスキルも身に付ける必要がある

Webライターは競争率が上がっていますがまだまだ需要の高い職業です。なので、どんどん自分ならではの知識やスキルを磨いて誰にも負けないようなWebライターを目指しましょう!

梅干さない
梅干さない
もしこの記事を読んで、ご質問があれば公式LINEからご質問ください!    
   
Webライティング
スポンサーリンク
この記事を書いた人
梅干さない

シリーズCの事業会社でデジタルマーケティングの責任者。webマーケティング・デジタルマーケティング。Webコンサル×新規営業×ディレクション(一貫してすべてのフローを行う)経験済。個人でも様々な業務を請け負います。

▶︎お問い合わせはこちらから

梅干さないをフォローする
梅干さないをフォローする
うぇぶログ

コメント