高校生でもWebライターはできる?在宅ライターの始め方や月5万円以上を稼ぐ方法を紹介!

高校生でもWebライターはできる? Webライティング
まっしゅ
まっしゅ

高校生でもWebライティング業務を受託できるのだろうか…?

このようなお悩みをお持ちの方のための記事です。

在宅でのアルバイトを探している方にとって、Webライティングの仕事は魅力的でしょう。実際に、この記事では、高校生がWebライターを行うメリット、デメリット、なる方法、気をつけるべきポイントなどを紹介します。

タケル
タケル

ぜひ、最後まで読んで参考にしてみてください〜!

参考:Webライティング初心者が5万円稼ぐまでの4ステップとコツをしっかりと解説!

高校生でもWebライターにはなれるのか?

「高校生でもWebライターなれるの?」と考える方は多いかもしれませんが、実は案外、高校生でもWebライターになることは難しくありません。

というのも、Webライターになるために特に資格のようなものが存在しないため、アルバイト同様仕事を受託することができます。

最近ではクラウドソーシングサイトがあり、仕事も取りやすくなっています。なので、高校生でも比較的簡単にWebライターとして稼ぐことができるのです。さらに、納期が短いことも少なく、ゆったりと働けることも多く、高校生でもやりやすい仕事になっています。

タケル
タケル

高校生の方でも月5万円ほどであれば稼ぐことも難易度はそこまで高くないので、Webライターはおすすめです!

高校生がWebライターをやるメリットとは?

高校生がWebライターを始めるメリットは下記のように多く存在します。

  • スマホやパソコンがあればどこでも働ける
  • 高校生ということで単価が下がらない
  • 普通のアルバイトよりも稼げることがある
  • 社会経験が付くので周りと差を付けられる

どれも学業があり、忙しい高校生にとって大きなメリットになります。また、クライアントとやり取りをする中で社会経験なども磨けるので、高校生がWebライターを始めることはとても意味があるのです。

タケル
タケル

ここからはそれぞれのメリットについて詳しくご紹介いたします!

スマホやパソコンがあればどこでも働ける

Webライターの仕事はスマホやパソコンがあればどこでも働けるのが大きな魅力です。基本的に自宅で働くことができるので出勤や退勤をする必要がなく、手軽に働けます。

さらに最近ではネット上で文章を書けるGoogleドキュメントもあり、スマホでもサクサク動くこともあり、スマホでも楽に仕事ができます。通学中や帰宅中の電車の中でも仕事ができるので、非常に効率的です。

タケル
タケル

隙間時間に働けるので高校生の方にとっては大きなメリットになるでしょう!

高校生ということで単価が下がらない

Webライターは例え高校生だとしても単価が下がることはありません。普通のバイトのように高校生の扱いにならないので、普通のバイトをやるよりも稼げる場合があり、大きなメリットに繋がります。

ただ、高校生扱いされないので責任は重大です。仕事を教えてくれる先輩のような存在せず、自分で何でも成し遂げていく必要があるので、あらかじめ覚えておきましょう。

タケル
タケル

高校生扱いされない分、自分で何でもこなす必要があるので注意が必要です!

普通のアルバイトよりも稼げることがある

Webライターの仕事は普通のバイトよりも稼げることがあるのが大きな魅力です。例えば、文字単価1円で3000文字の案件を月に20記事分受注したとします。そうすると、下記のように稼げます。

1円×3,000文字×20件=60,000円

慣れてくると3,000文字の案件は、1時間半~2時間ほどで書けるので時給1,500~2,000円ほどは安定してくるようになるでしょう。

高校生のアルバイトは時給850~950円くらいが一般的であり、Webライターの仕事をうまく回せればより効率よく稼ぐことが可能です。

(参照:高校生のバイト代、平均いくら稼いでる?

タケル
タケル

周りの友人の方よりも稼ぎたいという高校生の方にとってWebライターはぴったりの仕事です!

社会経験が付くので周りと差を付けられる

Webライターとして仕事をしていると、クライアントと頻繁にやり取りする関係で社会経験が身に付きます。ビジネスメールなどの書き方も自然と身に付くようになるので、より社会経験のある高校生になれるでしょう。

また、案件によってはクライアントとのWeb会議や面談などを行う場合もあるので、社会人との交流の中でビジネスマナーも身に付きます。

タケル
タケル

こういった社会経験をあらかじめ身に付けておくと、将来の就活などでも役立つので便利です。

高校生がWebライターを始めるための3つの手順

高校生として効率よくWebライターを始める場合には下記のような3つの手順がおすすめです。

  • 本を活用してWebライティングの勉強をする
  • 無料ブログでポートフォリオを作る
  • クラウドソーシングサイトを使って案件を獲得する

上記のように準備を進めると、非常に手軽な形でWebライターとして働き始められます。学業で忙しい高校生の方でも安心して働き始められるので非常におすすめです。

タケル
タケル

ここからは高校生としてWebライターを始める手順を具体的にご紹介していきます!

本を活用してWebライティングの勉強をする

高校生Webライターとして出発するためにはまずはWebライティングの勉強をしましょう。そうすることで、きちんと知識を身に付けた上でWebライターとしての仕事をスタートすることが出来ます。そこで特におすすめな基礎的なライティング術を学べる2冊の本をご紹介いたします。

created by Rinker
¥914 (2021/05/18 18:37:23時点 Amazon調べ-詳細)

どちらの本もWebライター初心者の方でも分かりやすく、すぐにきちんとした文章力や構成を作る能力が磨けます。

タケル
タケル

高校生の方でも分かりやすい内容になっているので、迷ったら上記の2冊を購入することをおすすめします!

無料ブログでポートフォリオを作る

まずはご自身の実力を証明するポートフォリオを無料ブログで作りましょう。具体的には下記のような無料ブログだと作りやすいのでおすすめです。

  • ライブドアブログ
  • note
  • はてなブログ
  • Wix

いずれも使いやすく直感的にブログを書くことが出来るので、スピーディにポートフォリオを作ることが可能です。そこで、早くポートフォリオを作るためにもご自身の得意なジャンルで執筆することがおすすめとなります。

そして、2,000~3,000文字の記事を6~8本書くと、クライアントにも文章力が伝えやすくなります。きちんとブログを充実させて、クライアントとの交渉の際にポートフォリオとして使いましょう。

タケル
タケル

私もWebライター初心者の時には無料ブログのポートフォリオを使っていましたが、クライアントに提案が通ることが多かったです!

クラウドソーシングサイトを使って案件を獲得する←18歳以下でも使えるクラウドソーシングサイトを紹介します

無料ブログでポートフォリオを作った後はクラウドソーシングサイトを使って案件を獲得していきましょう。そこで、下記のクラウドソーシングサイトであれば18歳未満でも利用が可能なのでおすすめです。

  • サグーワークス
  • shinobiライティング
  • ココナラ

上記のクラウドソーシングサイトでは18歳未満でも登録が可能です。いずれも使いやすく、実際に稼ぎやすいクラウドソーシングサイトになるので安心して使うことが出来ます。

タケル
タケル

ただ、報酬などの関係もあるので登録する際には親権者と一緒に手続すると良いでしょう。

高校生Webライターとして月5万円以上を稼ぐ方法とは?

高校生Webライターでも月5万円程度であればそこまで稼ぐのは難しくありません。そこで、もし高校生Webライターとして月5万円以上を稼ぎたい場合は、下記の方法を実践してみましょう。

  • Twitterで案件を探す
  • SEOの知識を身に付ける
  • スピード納品を意識する
  • WordPressを使えるようにする
  • 文字単価を積極的に上げる意識をする

いずれもWebライターとしての稼ぎを上げる際に非常に便利なテクニックとなっています。

タケル
タケル

ここからはそれぞれのテクニックについて、私の経験なども踏まえながらご紹介いたします!

Twitterで案件を探す

クラウドソーシングサイトで仕事を獲得することに慣れたのであれば、Twitterで案件を探すことも意識しましょう。というのも、Twitterだと直接契約を結べる関係で、仲介手数料などを取られずに済むのでクラウドソーシングサイトよりも稼ぎの効率が良くなるからです。

そこで、Twitterで案件を探す場合には「#ライター募集」のハッシュタグで検索をかけてみましょう。毎日のようにWebライターの案件が発注されているので、そこから提案することが可能になります。

クライアントにDMなどで連絡を取り、簡単な自己紹介やポートフォリオを送りましょう。そこで気に入ってもらえればそのままテンポよく受注に繋がります。

タケル
タケル

より効率よくスピーディに稼ぎたいのであれば、TwitterでWebライターの案件を見つけましょう。

SEOの知識を身に付ける

よりWebライターのレベルを高めるためにはSEOの知識を身に付けることが大切となります。SEOについて簡単に説明すると、よりGoogleなどの検索エンジンで上位に表示されるようにする対策のことです。

検索エンジンで記事が上位表示されると、検索した多くの人の目に付くようになるのでより人気が出やすくなります。なので、どのクライアントもSEOの知識があるWebライターを欲しているのです。

タケル
タケル

下記の書籍であれば非常に分かりやすくSEOの知識が学べるのでおすすめです。

created by Rinker
¥2,069 (2021/05/18 18:37:27時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,980 (2021/05/18 10:50:35時点 Amazon調べ-詳細)

参考:SEOを学べるおすすめ本8選まとめ!サイトで上位表示を狙いたい初心者向け!

参考:初心者がWebライティングを極めるべく読むおすすめ本8選まとめ

スピード納品を意識する

より、高校生Webライターとして稼ぎの効率を上げたいのであれば、しっかりとスピード納品を意識することがおすすめです。依頼された記事を当日もしくは翌日に仕上げて納品することで、よりクライアントからの評価が高まります。

クライアントからの評価が高まると、自然と報酬をそのまま上げてくれたりすることも多くなります。

タケル
タケル

私の場合だとスピード納品を意識することで、文字単価が1円から2円に上がったケースがありました!2倍ほど報酬が上がったのでだいぶ得をした気持ちになりましたよ!

参考:知らないと損?Webライティングでスピードを上げるコツとは?

WordPressを使えるようにする

WordPressはサイト制作の知識が無くても、ホームページやブログを作れるサービスのことです。実際に働いて覚えることが出来るくらい使い方も非常に簡単で、多くのWebサイトやブログで導入されています。

そこで、高校生Webライターとしてより稼ぎたい場合は、Wordpressを使えるようにすることがおすすめとなります。というのも、Wordpressを使えるだけで報酬がアップしたり文字単価が上がる場合があるからです。

なので、Webライターとしてより稼いでいきたいのであれば、できるだけ早い段階でWordpressの使い方を覚えましょう。

タケル
タケル

実際にクライアントからマニュアルを渡されて、Wordpressの使い方を学べることも多いので安心して使うことが出来ます!

文字単価を積極的に上げる意識をする

高校生Webライターとしてどんどん稼いでいきたい場合は、文字単価を積極的に上げる意識をすることが大切となります。そうすることで最初はそこまで報酬が高くない案件でもしっかりと稼げるようになるはずです。具体的には下記のタイミングで提案してみましょう。

  • 働き始めて1か月ほど経ってお互いで信頼関係が築けた後
  • 検索上位に表示されたり、SNSで話題になるなどの目に見えた成果が表れた時

上記のように信頼関係が築けたり、成果が出てきた時は狙い目です。積極的に文字単価を上げる相談をしましょう。

タケル
タケル

実際に私もこのタイミングでクライアントに単価交渉をすることは多く、ほとんどの場合で成功しています!

高校生Webライターとして働く際の注意点

高校生Webライターとして働く際には下記のように何点か気を付けることがあります。

  • 学校生活に支障が出ない範囲で働く
  • できるだけ両親の許可の下で働く

高校生Webライターとしてスタートするのであれば、上記のことを守ることでより安全に働くことが出来ます。高校生の本業は学業ということを忘れないようにして働くことを心掛けましょう。

タケル
タケル

ここからはそれぞれの注意点について具体的に解説いたします!

学校生活に支障が出ない範囲で働く

学生の本業は学業なので、支障が出ない範囲で働くことを心掛けましょう。学業の成績が下がってしまうと進学などにも悪影響が出てくるので十分に注意する必要があります。

特にテスト期間などは高校生にとって大きな問題となります。その場合は、テストがある期間はなるべく早く把握して、その月の仕事の受注量などを減らすとテスト勉強がしやすくなるのでおすすめです。

タケル
タケル

Webライターとして活躍することも大切ですが、ご自身が学生であることは常に忘れないようにしましょう!

できるだけ両親の許可の下で働く

高校生Webライターとして働く場合はできるだけ両親の許可の下で働きましょう。社会人の方と接するということもあり、トラブルなどがあるとご自身だけでは対処できない場合があるからです。万が一、クライアントとトラブルが起きた場合の可能性も考えて、両親には相談するようにしましょう。

また、Webライターとしての案件で企業などと契約などを結ぶ場合があります。難しい書類や規約を読まなければならない場合もあるので、その際は両親の方とチェックすると安心です。

タケル
タケル

社会経験が豊富な両親であれば、万が一の時でも頼りやすくなるのでおすすめです!

まとめ

今回の記事では、「高校生でもWebライターはできる?在宅ライターの始め方や月5万円以上を稼ぐ方法をご紹介します!」というテーマでご紹介いたしました。高校生Webライターに必要な知識を網羅した内容になっています。

最後に、本記事の内容を簡単に下記にまとめます。

  • 高校生としてWebライターとして働き始めると、普通のアルバイトよりも手軽に稼ぎやすい
  • SEOなどの知識を身に付けるとさらに報酬が上がる場合がある
  • 本業は学業なので、あくまでも学業を優先させる

高校生でWebライターとして働き始めるとメリットが大きい上に、働きやすいので非常におすすめです。もし始める場合は学業とのバランスを取りつつ、働けるようにしていきましょう。

梅干さない
梅干さない
もしこの記事を読んで、ご質問があれば公式LINEからご質問ください!    
   
Webライティング
スポンサーリンク
この記事を書いた人
梅干さない

事業会社のデジタルマーケター。webマーケティング・デジタルマーケティング。Webコンサル×新規営業×ディレクション(一貫してすべてのフローを行う)経験済。個人でも様々な業務を請け負います。

▶︎お問い合わせはこちらから

梅干さないをフォローする
梅干さないをフォローする
うぇぶログ

コメント