ブラックフライデーおすすめディスプレイを紹介

無料購読する

【脱初心者】Webライターの文字単価を上げる交渉術とは?単価は2倍に上げられる

Webライター文字単価の上げ方 Webライティング
まっしゅ
まっしゅ

Webライティングの文字単価をなんとか上げ、脱初心者したいのだけど・・・どうすれば良いのだろうか?

こんなお悩みをお持ちの方への記事です。

Webライティングの仕事を行う上で、文字単価を上げること・クライアントへの単価交渉は非常に重要な要素です。文字単価はWebライティングで稼ぐ額に直結しています。

今記事では、Webライティングの文字単価を上げる方法、クライアントとの交渉術、また交渉を行う際にあらかじめ知っておくべき注意点について、現役Webライターの視点で解説します。

Webライティングで文字単価を上げるために何をすべきか?

Webライティングで文字単価を上げるには、基本的には、クライアントとの交渉が必要になります。とはいえ、ただ交渉すればいいという訳ではありません。クライアントに対し、自分が「知識やスキルを所持している」という付加価値の明示を取らない限りクライアントに認めてもらえることはなく、文字単価を上げることはできません。

タケル
タケル

Webライターが文字単価を上げるための交渉チップスを解説しますので、クライアントへの交渉材料として参考にしてください。

  • 知識やスキルを伸ばす
  • スピード納品や即レスで付加価値を与える
  • 定期的に文字単価の交渉を行う

知識やスキルを伸ばす

文字単価を上げるためには自分自身のライターとしての「知識やスキル」を伸ばし、自己価値を高めるしかありません。

日本語の使い方はもちろんのこと、SEOライティングスキル、見出し構成作成スキルなどの知識やスキルを高いレベルで持ち合わせているWebライターはクライアントに重宝されます。

Udemyの動画学習Webライティングスクールで学習可能ですので、検討してみると良いでしょう。

知識やスキルが豊富にあるWebライターはクライアント側に「良質なコンテンツが作れる人材」と判断されるためです。Webライターは日々、本やWebメディア、日々の業務中でも、このようなスキルアップを追求することを心がけましょう。

タケル
タケル

SEOライティングに関する知識はどのメディアでも必要とされるため、早い段階でい・ろ・はを身に付けましょう。

関連:Webマーケティングスクール比較・おすすめスクール12校を一挙解説!

スピード納品や即レスで付加価値を与える

スピード納品で期日より前倒しで納品したり、即レスを行うWebライターはクライアントにとって安心できる存在となります。

「クライアントとの信頼構築」を行うことが、文字単価アップへの大きな鍵を握ります。

フリーのWebライターの中には納期に遅れる、質問に対する返答が遅い方は実は結構いらっしゃいます。そのため、スピード納品や即レスを行うのみでも付加価値を与え、ライバルと差を付けることができます。

タケル
タケル

「自分がクライアントだった場合、ライターにどのような行動をしてもらったら喜ぶだろう?」という意識を常に持って日々の仕事に取り組みましょう。

参考:知らないと損?Webライティングでスピードを上げるコツとは?

定期的に文字単価の交渉を行う

文字単価のアップを狙うのであれば、自分でタイミングを決めて定期的に交渉を行いましょう。

タケル
タケル

実はこの「交渉」自体を行えていない方は結構多いんです。汗

待っていても基本的には上がらないので、どんどん自分から交渉しましょう。

「3ヶ月に1回」「半年に1回」「自分の納品した記事が成果を発揮した際」など、定期的に文字単価を上げるチャンスを狙うことを強くおすすめします。

ただ、なるべく信頼性が出てきてから文字単価の交渉を行うことは忘れずに。クライアントとの信頼が築けていない段階で交渉を行ってもお断りされます。

タケル
タケル

契約してすぐに交渉を行うのではなく、仕事に慣れ、信頼構築ができたタイミングで提案してみると良いですよ。

【例文付き】Webライターとして上手な単価交渉術とは?

クライアントに対し、文字単価の交渉を行うときに上手く交渉できるかな〜と不安を感じる方もいるでしょう。

そこで、ここからは例文付きで2パターンの単価交渉の方法をご紹介します。

  • 2~3ヶ月働き、信頼関係が築けた場合のパターン
  • 他社と比べて文字単価が低いと感じた場合のパターン
タケル
タケル

自分自身でアレンジしやすい例文を作成しておりますので、実際にクライアントに交渉を行う時に活用しみてください。

参考:【ストレスフリー】Webライターにとって良質なクライアントを見つける方法とコツとは?

2~3ヶ月働き、信頼関係が築けたパターン

「お世話になっております。〇〇様のアドバイスもあり、仕事にも慣れ、自分なりにライティングのコツが掴めてきました。そこで今回文字単価の件でご相談したいのですが、現在の1円から1.5円へのアップは厳しいでしょうか?

記事の納品スピードも上がり、来月からはより多い本数で取り組める余裕があるので、さらに御社のメディアに貢献できるかと思います。こちらのわがままで申し訳ありませんが、是非ご一考いただければ幸いです。何卒よろしくお願いいたします。」

ポイントとしては納品のスピードの向上、多く記事が納品できるなど付加価値をつけることが挙げられます。

タケル
タケル

自分がライターとしてどのように貢献できるかアピールすると、クライアントにとっても検討しやすくなるはずです。

他社と比べて文字単価が低いと感じたパターン

「お世話になっております。今回は文字単価の件でご相談がありご連絡しました。現在私も抱える案件が増えており、案件整理をしなければならない状態になりました。

私の現在の平均単価は他社を合わせると2円台になっています。そのため、現在の文字単価1.3円から1.7円へのアップは厳しいでしょうか。こちらのわがままで非常に申し訳ないのですが、現状の御社の文字単価だと他社の仕事を優先せざるを得なくなります。今後に関わる問題なので、是非ご一考いただけると幸いです。」

ポイントとしては「他社の案件を優先せざるを得なくなる」というニュアンスの表現を入れることです。そうすることで、クライアント側もライターを失わないために提案に対して検討してくれる可能性が高まります。

タケル
タケル

素直に自分の現状を理解してもらえるように、上記のようにシンプルなメッセージで伝えるとベストです。

文字単価交渉を行う時の注意点

文字単価の交渉を行うことで自分の希望する報酬に近づきやすくなりますが、同時に注意点も存在します。

注意点を把握せず交渉を行ってしまうと最悪の場合、クライアントからの信頼を失くしてしまうこともあり得ます。

タケル
タケル

文字単価の交渉を行う場合の注意点を3つに厳選してご紹介するので、交渉時の参考にしてください。

  • 信頼性が築けていない段階では交渉しない
  • 予算不足で交渉を断られることもある
  • 大幅な単価交渉はできないことが多い
  • 最初から文字単価が高い案件を獲得する意識を持つ 

信頼性が築けていない段階では交渉しない

クライアントとの信頼関係が築けていない場合は、交渉しても断られることが大半です。クライアントにとって自社のメディアに貢献できる人物なのか判断しづらいため、文字単価を上げられないことが多くなっています。

タケル
タケル

まあ、当たり前ですよね。。。

文字単価はなるべく早い段階で交渉を持ちかける方が良いのですが、契約してすぐのタイミングで焦って交渉する必要はありません。

お互い仕事の感覚を掴み、人柄やコミュニケーションを理解できたタイミングで理由を付けて文字単価の交渉を行いましょう。

予算不足で交渉を断られることもある

十二分に信頼構築が築けたとて、文字単価交渉で断られるケースもあります。

例えば、クライアント側で、Webライターへの発注予算が決まっていることも多いので、どう足掻いたとて文字単価を上げられないことがあります。

もし、文字単価の交渉がクライアント側に断られてしまった場合は理由を聞くことをおすすめしています。単純に予算の問題であれば諦めるなど、自分にとっての検討材料を得られるためです。

タケル
タケル

時期的な問題やスキルが足りないといった理由であれば、時期を変えたり、自分でスキルを高めたりなどの対策を行いましょう。

大幅な単価交渉はできないことが多い

例えば、文字単価1円から3円など極端な文字単価の交渉は基本的にできません。

クライアントもライターに発注する予算が決まっていますし、基本的に何人かライターを抱えているため、他のライターに比べ、予算を大きく上回る文字単価で交渉すると断られてしまいます。

確実に文字単価をアップさせたいのであれば、「1円から1.3円」など少しずつ交渉していくしていくようにしましょう。

上がり幅が小さければ、クライアント側の予算を超えることもなく提案はおのずと通りやすくなります。

タケル
タケル

より”確実”に文字単価の交渉を通すためのテクニックの1つとして大切なので、クライアントへの交渉の際は必ず覚えておきましょう。

最初から文字単価が高い案件を獲得する意識を持つ

低単価の案件は最初から予算が決められていることも多く、交渉したとしても単価が上がらないことも多いです。

そのため、最初から文字単価が高い案件を獲得した方が労力も無駄にかからず、結果、自分の収入アップに繋がります。

高単価案件は、Twitter、Indeed、Wantedlyなどこの辺りのメディア・SNSで探すと見つけやすかったりします。

タケル
タケル

文字単価2円台の案件も数多く掲載がありますし、クラウドソーシングより、はるかにスムーズに契約できることも多いので使うことをおすすめしています。

【脱初心者】低単価案件から抜け出すには?

初心者のWebライターだと自分の文字単価の低さに悩んでいることも多いのではないでしょうか。

場合によっては文字単価1円以下の案件しか手元になく、モチベーションに悪影響が出ていることもあるでしょう。

タケル
タケル

ここからは初心者のWebライター向けに、下記、低単価案件から抜け出すテクニックや考え方を紹介します。

  • 自身の文字単価の最低ラインを定める
  • 実績を示せるポートフォリオを用意する
  • クラウドソーシングサイトの利用をやめる
  • Twitterは高単価案件が実は眠っている

自身の文字単価の最低ラインを定める

クライアントに交渉する前に、自身の文字単価の最低ラインを決めておくと妥協することがなくなります。

例えば「文字単価1円以下の案件は受けない」という風にあらかじめ決めておくなど。

文字単価が極端に低い案件を多く抱えていると自分の負担になる上に、優先したい案件の作業もしづらくなるので注意が必要です。

タケル
タケル

自分の最低ラインを早い段階を決めて、少しでも自分の身の回りを軽くする姿勢を整えておきましょう。

実績を示せるポートフォリオを用意する

実績を示せるポートフォリオがあると、高単価の案件なども獲得しやすくなります。ポートフォリオがあれば客観的に自分の実力を示す証明になるので、クライアントへの提案も通りやすくなるのです。

「こういった記事を作成しており、〇〇のキーワードでGoogle検索1位を達成しました」という風に交渉の材料になります。

タケル
タケル

クライアントにとっても資料があった方が文字単価について検討しやすくなるので、積極的に自分の単価を上げたいのであれば、ポートフォリオは必ず用意しましょう。

参考:【初心者Webライター向け】ポートフォリオの必要性、作り方、載せるべき内容を全て教えます! 

クラウドソーシングサイトの利用をやめる

クラウドソーシングサイトは仲介手数料を取られることが多く、自分の収入低下に繋がってしまいます。例えば、大手クラウドソーシングサイトである「クラウドワークス」では20%の仲介手数料が発生します。

1記事の報酬が1万円だった場合、2,000円の手数料を取られることになるのでライター側にとっては大きな痛手になります。

クラウドソーシングサイトではなく、直接契約でクライアントと繋がった方がおすすめです。

タケル
タケル

手数料かかりませんし、文字単価2円〜の案件なども結構多いんですよ。

TwitterIndeedWantedlyを通し、クライアントへ直接営業してみるのも一つ手でしょう。

少しでも自分の収入を増やしたい場合は、営業方法を変えて活動していきましょう。

Twitterは高単価案件が実は眠っている

Twitterは高単価案件が眠っていることが多く、「#ライター募集」のハッシュタグで検索することで、優良な案件を見つけることができます。

タケル
タケル

文字単価2円台の案件も多く存在しており、DMから連絡することですぐに契約できることも多いのでおすすめなんです。

スピーディに高単価案件を見つけたいという場合はTwitterも細かくチェックしましょう。

文字単価を上げるだけではなく高単価案件の獲得も意識しよう

文字単価アップの交渉をすることで、ライターとしての収入を底上げできます。

交渉する際も様々なテクニックが存在しており、駆使しながら交渉することでより提案が通りやすくなります。

ただ、文字単価が低い案件は単価をアップできないことも多いので、案件を探す時に高単価案件を狙うのがおすすめです。Twitter、Indeed、Wantedlyであれば高単価案件を見つけやすいので、積極的に活用してみましょう。

梅干さない
梅干さない
もしこの記事を読んで、ご質問があれば公式LINEからご質問ください!    
   
Webライティング
この記事を書いた人
梅干さない

シリーズCの事業会社でデジタルマーケティングの責任者。webマーケティング・デジタルマーケティング。Webコンサル×新規営業×ディレクション(一貫してすべてのフローを行う)経験済。個人でも様々な業務を請け負います。

▶︎お問い合わせはこちらから

梅干さないをフォローする
梅干さないをフォローする
うぇぶログ(WEBLOGG)

コメント

タイトルとURLをコピーしました