大学生の稼ぎ方としてWebライターがおすすめな理由9選を解説!

大学生の稼ぎ方としてWebライターがおすすめな理由9選を解説! Webライティング
まっしゅ
まっしゅ

大学生でもWebライティングを仕事にすることはできるものなのか?

そもそも稼げるものなのか?

昨今、大学生のうちから個人でWebライティングの案件を請け負い、稼ぎ始めている人の数が増加傾向にあります。なぜ急増しているのか?はたまた、どんなメリットがあるのか?

タケル
タケル

今記事では、Webライティング業務を大学生のうちから始めるメリットについてなるべく詳しく解説していきます。

大学生の稼ぎ方としてWebライターがおすすめな理由9選

大学生の稼ぎ方としてWebライターはおすすめです。というのも下記のメリットが存在するからです

  • PC1台あればすぐに始められる
  • 空き時間に作業ができる
  • 場所を選ばずに作業できる
  • 月5~10万程度を稼ぐのであればハードルは高くない
  • クラウドソーシングサイトを使うことで案件が比較的容易に取れる
  • Twitterなどでも案件が取れるので便利
  • レポートや論文を書くスピードが上がるキッカケになる
  • ビジネスマナーが学べる
  • 就活の際に実績として役に立つ

どれも大学生の方にとって大きなメリットになるものばかりです。

タケル
タケル

順を追ってそれぞれのメリットについてご紹介します!

PC1台あればすぐに始められる

何か本格的にアルバイトを始める場合、面接を受けたりする場合があるので手間に感じる方もいるでしょう。

しかし、Webライターとして働く場合はPCさえあれば始められるという手軽さがあります。

何かPC以外にソフトを買ったりする必要も基本的にはないので初期投資などもそこまでかけずにすぐに始めることができます。

タケル
タケル

すぐに始められるという点で、Webライターはおすすめの稼ぎ方と言えるでしょう。

空き時間に作業ができる

大学生であれば、授業が休校してできた空きコマの時間、休憩時間、電車での移動時間にWebライターの作業ができます。

空いた時間を効率よく稼ぎに使えるので非常に効果的です。時間を無駄にしたくないという方にとって特にメリットに感じられるでしょう。

また、スマートフォンでGoogleドキュメントを使って記事を書くこともできるので、パソコンを持ち運ばなくても作業はできます。

実際、私の友人でも空き時間にスマホを利用し記事作成している人もいます。向き不向きはあるでしょうが。。。

タケル
タケル

空き時間にもできるという点で、Webライターの大きなメリットの1つと言えます。

場所を選ばずに作業できる

Webライターの仕事はネット環境さえあれば、自宅や大学などでも手軽に作業が可能というのも魅力の一つでしょう。

場所による縛りがないので、環境に置けるストレスを感じず、快適に作業できます。このように自分の気分で場所を変えて働けることもあり、気分転換を図った上で仕事を行えます。

ネット環境があればカフェやファーストフード店でもWebライターとしての作業が可能ですし、憧れのノマドワーカーとしてデビューしてみてもいいのではないでしょうか?

タケル
タケル

フレッシュな気分で作業をしたいという方は是非、Webライターで稼いでみるといいでしょう。

月5〜10万程度を稼ぐのであればハードルは高くない

「Webライターはあまり稼げないのでは?」と考える大学生の方もいらっしゃるかもしれません。しかし、実際には、月5〜10万円程度を稼ぐのであれば比較的容易に稼ぐことが可能です。

なので、実際にイメージしやすいように下記の条件を設けてシミュレーションをしてみましょう。

・文字単価1円、4,000文字のブログ記事代行
・記事本数は20本/月

上記の設定での実際の稼ぎは以下の通りです。

1円×4,000文字×20本=80,000円

上記のように余裕で50,000円以上を稼ぐことが可能です。

個人差もありますが、慣れてくれば1時間で1500文字〜2000文字書くことも容易になります。

4,000文字の記事で1時間2,000文字書ければ時給2,000円の計算になるので、稼ぎの効率も悪くありません。

参考:知らないと損?Webライティングでスピードを上げるコツとは?

タケル
タケル

上記のようにWebライターは効率よく稼げる事なので、大学生の方は是非一度チャレンジしてみてください!

まずは、月5万程度を稼ぐと決めて動き始めるくらいでもいいでしょう。下記記事で解説していますので、お読みください。

参考:Webライティング初心者が5万円稼ぐまでの4ステップとコツをしっかりと解説!

クラウドソーシングサイトを使うことで案件が比較的容易に取れる

「Webライターを始めてみたいが、仕事の取り方が分からない」という大学生の方がいらっしゃるかもしれません。そこで、おすすめの仕事の取り方が「クラウドソーシングサイト」を活用する方法です。

クラウドソーシングサイトでは非常に多くの案件が存在しており、Webライターの仕事を見つける際に役立ちます。

特にクラウドソーシングサイトの中でも、「クラウドワークス」は使いやすくおすすめです。

クラウドワークスは初心者の方でも使いやすい仕様になっている上に、記事の持ち逃げなどが発生しない環境も整えられています。

タケル
タケル

親切なクライアントも多いので、まずは「クラウドワークス」で仕事を探してみるといいでしょう。

参考:【初心者にも使いすい】Webライターにおすすめなクラウドソーシングサイト7選を比較紹介!

TwitterなどSNSでも案件は取れる

Webライターとして案件を探していく場合は、クラウドソーシングサイトもおすすめですが、Twitterを使うこともおすすめとなります。というのも文字単価2〜3円の仕事が発生していたりすることもあるので、より稼ぎのチャンスに繋がるからです。

また、Twitterで仕事を獲得するとクラウドソーシングサイトよりもスムーズに仕事が進むことが多いです。

クラウドソーシングサイトのように手続きが多くないので、その分スピーディに作業に進めます。

タケル
タケル

クラウドソーシングサイトよりも文字単価が高く、素早く稼げる案件を探している大学生の方はTwitterを使ってみましょう!

レポートや論文を書くスピードが上がる

大学生の方であれば大学の課題でレポートや論文を書くことが多いでしょう。そこでWebライターとして長文を書くことに慣れていれば、さらにレポートや論文を書く際のスピードが早くなります。

Webライターの仕事でお金を稼いで、なおかつレポートや論文を書くスピードが上がればまさに一石二鳥と言えるでしょう。

タケル
タケル

このように稼ぎだけではなく、ご自身のスキルとして身に付けることができるのがWebライターの魅力の1つです。

ビジネスマナーが学べる

Webライターとして活動していると、社会人の方とネット上で触れ合う機会も増えていきます。そこで、ビジネスメールや連絡を行うことも必然的に増えていくので、ある程度のビジネスマナーが身に付いていくはずです。

本格的に社会に出る前にビジネスメールなどの作法が身に付くので、将来社会へ出て働く際の大きなメリットとなります。早い段階でビジネスマナーを身に付けることができれば、就活の際にライバルに差を付けることができるはずです。

タケル
タケル

早い段階でビジネスマナーやビジネスメールの作法を学びたい大学生の方は、Webライターとして働いてみましょう。

就活の際に実績として役立つ

Webライターとして働いてきちんと実績を出すことができれば、就活の際にアピールするできる実績になるので役立ちます。どのような業界で働くにしても、実績をきちんと自分の言葉でアピールすることは大事なので、他のライバルを出し抜くことができるでしょう。

また、Web業界で将来働こうと考えている方はさらに面接でアピールしやすいです。Webライティングできる人材はWeb業界でかなり重宝されるので、より有利に就活を進めることができるでしょう。

タケル
タケル

なので、きちんと将来を見据えた上で何か稼げることがしたいと考えている大学生の方は、Webライターとして働いてみましょう。

参考:【厳選9選】Webライター転職でおすすめな転職エージェント・転職サイトをランキング形式で紹介

大学生Webライターとして稼ぐ際に持っておくと便利なスキル4選

大学生Webライターとして働く場合、5〜10万稼ぐことは容易です。ただ、さらにWebライターとしての稼ぎを増やしたい場合は、ある程度スキルを身につけておくといいでしょう。

タケル
タケル

特に下記の4つのスキルはおすすめです。

  • SEOライティング
  • 画像加工
  • 簡単なコーディング
  • WordPressでの入稿

上記の4つのスキルは比較的簡単に身につけることのできる上に稼ぎに繋がるスキルです。

タケル
タケル

ここからはそれぞれのスキルについて簡単にご紹介します!

もし、より細かなWebライティングの仕事内容を知りたい方は下記記事をお読みください。

関連:気になるWebライターの仕事内容とは?基本から応用まで15個の仕事を一挙解説! 

SEOライティング

Webライターとして記事を書いていく際には、検索上位に持っていくためのSEOライティングを覚えておくと良いでしょう。そうすることで、より仕事の幅が広がる上に文字単価を交渉する際の理由にも使えます。

SEOライティングを学ぶ際には、下記の本で学ぶことがおすすめです。

  • SEO対策のための Webライティング実践講座
  • 沈黙のWebライティング ―Webマーケッター ボーンの激闘―

私も初心者Webライターの時代に上記の2つの本を使って学習しましたが、分かりやすく学べました。

タケル
タケル

具体的なSEOのやり方や、良質なコンテンツを書く際のコツが多く学べるので、もしSEOライティングを身につけたい際には是非、読んで実践してみてください!

参考:SEOを学べるおすすめ本8選まとめ!サイトで上位表示を狙いたい初心者向け!

参考:初心者がWebライティングを極めるべく読むおすすめ本8選まとめ

画像加工

Webライターとして働いていると画像選定をすることが多いです。画像選定とは、Webサイトからキャプチャーした画像や、 フリー画像サイトから取ってきた画像をクライアントに提供する作業のことを指します。

そこで、画像選定したものを画像加工できると、さらに文字単価が上げる際の理由に使えます。画像加工といっても、画像の中で読むポイントを赤字でマークしたりする簡単な作業がほとんどなので、手軽に覚えることができるでしょう。

タケル
タケル

簡単な画像加工ができると文字単価が変わるので、より高い稼ぎを目指す場合は是非身につけましょう!

簡単なコーディング作業

Webライターとして働く場合は、簡単なコーディングもできると文字単価が大きく変わってきます。案件によっては簡単なコーディングをお願いされることもあるので、覚えておくと便利です。場合によっては、文字単価2円や3円を目指すこともできるでしょう。

また、コーディングと言っても下記のような簡単な作業を任せられることがほとんどです。

  • 見出しなどの調整
  • メタディスクリプションの入力
  • 文字の太字、文字強調など

どれもネットで調べればすぐに出てくる程度の簡単な作業内容なので、覚える難易度は低いです。

タケル
タケル

大学生のWebライターとしてより簡単に稼ぎを上げたい場合は是非覚えましょう。

WordPressでの入稿作業

Webライターの記事入稿で多いのがWordPressでの入稿となります。

WordPressは簡単に言うと、 難しいサイト構築の知識が無い方でも手軽に本格的なWebサイトを作れるシステムのことです。非常に使いやすいので初心者の方でも安心とできるでしょう。

WordPressと言うと少し難しそうなイメージがありますが、クライアントからマニュアルが配られることがほとんどなので安心です。もし分からないことがあってもクライアントのが対応してくれることも多いので問題ありません。

タケル
タケル

WordPressの使い方を覚えておくだけで、Webライターとしての仕事の幅が広がるので、是非早めに覚えておきましょう。

大学生がWebライターとして働く際の注意点3選

Webライターは大学生におすすめな稼ぎ方となっています。ただ、手軽に稼げる反面、しっかりと注意しておくべきことも多いです。特に下記の3つの事項は非常に大切なポイントなので、しっかりと守りましょう。

  • 納期は必ず守る
  • キャパオーバーしないようにする
  • 記事のコピペなどは厳禁

お金を稼ぐということはそれと同時に大きな責任感も付きまとってきます。

タケル
タケル

相手に迷惑をかけずに貢献できるように、ルールを守った上で仕事に取り組みましょう。

納期は必ず守る

当然のことですが Web ライターとして働くのであれば必ずクライアントとの納期は守るようにしましょう。というのも、納期を破ってしまうと迷惑をかけてしまい、それ以降の仕事がクライアントから来ないということも十分にあり得るからです。

なので、Webライターはしっかりと納期を守って仕事に取り組む必要があります。

タケル
タケル

もちろん納期を破った場合はクライアントから報酬ももらえないこともあるので、あらかじめ十分が必要です!

キャパオーバーしないようにする

大学生 Web ライターで陥りがちなのが、 キャパオーバーしてしまうということです。大学生は課題や授業もあるので、Webライターとして稼ぐ場合はきちんとした調整が必要となります。もし、無理に仕事を増やしてしまうと仕事に追われることになるので注意です。

なので、大学生Web ライターとして活動する際には、きちんと顧客やタスク管理をするようにしましょう。

タケル
タケル

きちんと自己管理することで、キャパオーバーするという最悪の事態を事前に防ぐことができるはずです!

記事のコピペなどは厳禁

Webライターとして働く際に注意することが、記事を執筆する際に他のWebサイトや記事からコピペをしてはいけないということです。記事のコピペをしていると、クライアントから契約を打ち切られたり、最悪の場合著作権問題で裁判沙汰になることもあり得ます。

確かにコピペをして記事を書けば楽ですが、それでは文章力やスキルが身につきません。

タケル
タケル

仕事で関わっている人にも迷惑をかけることになるので、Webライターとして働く場合は絶対にコピペはしないようにしてください!

この記事のまとめ

今回の記事では、「大学生の稼ぎ方としてWebライターがおすすめな理由9選を徹底解説!」についてご紹介いたしました。大学生Webライターを目指す方際に必要な稼ぎ方や注意点も記載しています。

タケル
タケル

最後に、本記事の内容を簡単に下記にまとめます。

  • 大学生としてWebライターを目指す場合、月5~10万程度であれば簡単に稼げる場合が多い
  • いくつか役立つスキルを覚えておくとより大学生Webライターとして稼げる
  • コピペや納期の遅延はクライアントの信用を失うので現金

大学生の方はWebライターで稼いでいく事によって、大きなメリットを味わうことが出来ます。なので、もし稼ぎ方に悩んでいるのであれば、是非Webライターを始めてみましょう。

梅干さない
梅干さない
もしこの記事を読んで、ご質問があれば公式LINEからご質問ください!    
   
Webライティング
スポンサーリンク
この記事を書いた人
梅干さない

シリーズCの事業会社でデジタルマーケティングの責任者。webマーケティング・デジタルマーケティング。Webコンサル×新規営業×ディレクション(一貫してすべてのフローを行う)経験済。個人でも様々な業務を請け負います。

▶︎お問い合わせはこちらから

梅干さないをフォローする
梅干さないをフォローする
うぇぶログ

コメント