マーケター厳選 Webマーケティングスクール

無料購読する

専業Webライターとして生活を安定させる稼ぎ方とは?生活スケジュールや仕事量を暴露

専業Webライターとして生活を安定させる稼ぎ方とは?生活スケジュールや仕事量を暴露 Webライティング
まっしゅ
まっしゅ

専業Webライターの実生活はどんな感じなのだろう…?

この記事では、専業Webライターとして生活を考えている方に向け、専業Webライターの生活感や必要な仕事量について赤裸々に語ります。

「Webライターを専業で行う」ということがどういうことなのか具体的に解説しますので、最後までぜひご覧ください。

(※専業Webライターの方に監修・記載いただいています。)

関連:Webライティングは稼げない?月2万円→30万円稼げるようになるための方法とは?

専業のWebライターとして生活するためにはどれくらい稼ぐ必要があるのか?

専業のWebライターとして生活していく場合には最低でも20万円近くは稼いでいく必要があります。もちろん生活形態にもよりますが、20万円近く稼げると生活することは可能でしょう。

Webライターは文字単価がそこまで高い職業ではないので、きちんと作業効率やスピードを重視する必要があります。

梅干さない
梅干さない

無計画に働いていても、収入の増加や生活の安定には繋がらないので注意が必要ですね。

なので、専業のWebライターとして生活していくのであれば、きちんと計画を立てて無駄のない仕事をこなしていく必要があります。

1人暮らしでも25万円~30万円は欲しい!

もし、1人暮らしで生活するのであれば月収として25万円~30万円は必須でしょう。家賃、光熱費、食費などを自分一人で賄っていく必要があるからです。

10万円代の収入だと生活は困窮を極めるので、月収25万円~30万円台を目指していく必要があります。

「月収として25万円~30万円台を目指すのは少しハードルが高い」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、しっかりと戦略を練っていけば月収25万円~30万円台稼いで生活していくことは可能です。

ここからはさらに細かく月収として25万円~30万円台を目指すための方法や、考え方を詳しく解説いたします。

Webライターとして30万円を稼ぐための目安

Webライターとして30万円を稼ぐために敷く明確な目安があります。下記の3つの目標を持って仕事をしていくと良いでしょう。

  • 日割りで15,000円は必要
  • 1日、7.5時間の作業量
  • 文字単価は最低でも1.5円を目指す

実際に月30万円の収入を獲得できるようになった際も、上記のような目安を持っていたからこそ達成できました。

梅干さない
梅干さない

きちんとした目安や目標を持つことで、月の稼働時間をどのように使えばいいか分かり、より効率よく働けるようになる。

「専業Webライターとして月30万円を得て、生活を安定させたい!」という方の参考になれば幸いです。

日割りで15,000円は必要

まずは日割り計算で収入を考えてみましょう。

梅干さない
梅干さない

週休二日と想定し、月の稼働時間を平日に限定した場合のシミュレーションは下記のようになります。

300,000(円)÷22(月の平日数)=約13636円

ただ、税金、年金、保険料でいくらか収入が引かれてしまうことを考慮すると、日割りとして15,000円を安定させると安心です。

上記のように日割りで15,000円獲得していく意識を持つと、日々の仕事にもメリハリが出てくるので、非常におすすめの考え方となります。

日割りの意識をきちんと持つことで、「今日は15,000円達成できてないからもっと頑張らないと!」という精神的な励みにもなるはずです。なので、月30万円稼ぎたい方は是非日割りで15,000円を得るという意識を持つことがおすすめです。

1日、7.5時間の作業量

専業のWebライターとして働いていく際に、1日の作業量が気になるという方もいらっしゃるはずです。そこで、「日割りで15,000円は必要」の項での考え方を元に、文字単価を1円と仮定すると、1日15,000文字書く必要があります。

さらに1時間に書ける文字数を2,000字と仮定すると明確な作業時間も把握できます。

15,000(日割り)÷2,000(文字単価)=7.5(時間)

上記の計算式で計算すると、1日の作業時間は7.5時間となります。

作業時間としては平均的なサラリーマン勤務時間と同じくらい。そこまで過酷な労働時間にならないのがWebライターの特徴です。

関連:知らないと損?Webライティングでスピードを上げるコツとは?

文字単価は最低でも1.5円を目指す

「1日の作業量は?」での項では作業量や作業時間をシミュレーションしました。ただ、作業時間は毎日15,000字書くというのはもしかすると人によっては厳しいかもしれません。タイピング作業は肩や目にも負担がかかりやすく、生活にも影響が出てくるでしょう。

そこで、文字単価を1円ではなく1.5円に上げることで、さらに作業量を少なくした上で月30万円を楽に稼げます。文字単価1.5円の場合のシミュレーションは下記のとおりです。

15,000(日割り)÷1.5(文字単価)=10,000(文字数)

上記の通り、単価が1円の時よりも文字数が5,000字近く減るのでかなり1日の負担が減ります。また、1時間に書ける文字数を2,000字と仮定して作業時間を割り出すと、下記の通りになるでしょう。

10,000(文字数)÷2,000(文字)=5(時間)
梅干さない
梅干さない

こうなると、月30万円を稼ぐにあたり、一日辺り5時間で済む計算になります。

月30万円を1日5時間の労働で稼げると考えると非常に魅力的です。生活もより安定してくるでしょう。なので、手軽にWebライターで月30万円を得たいのであれば、文字単価を上げる意識を持ちましょう。

専業Webライターの1日のスケジュール

「Webライターとしての1日の生活スケジュールって不規則な感じになるんじゃないの?」という印象を抱く方もいらっしゃるはずです。

ただ、私の場合、健康面や効率を考えて規則的に生活のスケジュールを建てています。私の生活スタイルは下記の通りです。

8時 起床
9時 始業・簡単な連絡チェック
9時~12時 ライティング作業
12時~13時 休憩・Twitterで案件リサーチ
13時~18時 ライティング作業・調整作業
18時~20時 夕食・休憩
20時~24時 ライティング作業・翌日の準備

と上記のようなスケジュールで稼働しています。一般的な会社員に近い生活スケジュールで過ごし、体調管理をしっかりさせているのが特徴です。案件の状況等にもよって、多少スケジュールが前後しますが、平均で毎日7~8時間は睡眠ができているので満足しています。

文字単価の高い案件を獲得するためには?

一日の作業量を減らしてより手軽に稼いでいくためには、文字単価のアップが欠かせません。

いつまでも1円以下の文字単価で働いていても、毎日大変なだけです。そこで個人的に文字単価の高い案件を獲得しやすいと感じた方法が下記の3つとなります。

  • Twitterで案件獲得
  • メディアに直営業
  • 求人サイトで案件獲得

いずれの方法もクラウドソーシングサイトなどを経由しない影響もあり、手数料を引かれることがないのが魅力的です。

ここからはさらに細かくそれぞれの文字単価の高い案件の獲得方法をご紹介いたします。

Twitterで案件獲得

TwitterだとWebライティングの案件の獲得がしやすくなっています。というのも、タグで「#ライター募集」「#Webライター募集」といったものが存在しており、楽に案件を見つけられるからです。例として挙げると下記のようになります。

梅干さない
梅干さない

このクライアントさんだと、アニメの記事を書いてくれるライターさんを募集しているそうですね。

未経験の方でもOKと書かれているので、より親切な形でライターを募集している様子が見受けられます。

このクライアントさんはリライトできるライターを探しているタイプです。ナレーション原稿ということで、きちんと仕事のタイプを明示してくれている点もありがたいポイントとなっています。

上記のように「#ライター募集」でTwitterにて検索すると多く案件が見つかります。

また、Twitterで仕事を獲得する際の流れは下記の通りです。

  • 気になるクライアントにDMで連絡する
  • 自己PRやポートフォリオを提出して簡単にクライアントに見てもらう
  • 問題が無ければそのまま案件に参加

上記のように非常にスピード感があるので、仕事の獲得方法としておすすめです。まれにテストライティングが行われる場合もあるので、覚えておきましょう。

メディアに直営業

メディアに直に営業してみるのもいいでしょう。メディアに直で連絡できるので、クラウドソーシングサイトなどよりもスピード感がありおすすめです。さらに、直に契約が結びやすいのも嬉しいポイントです。

流れとしては下記のようになることが多いです。

  • ライター専用フォームからメールをする
  • ポートフォリオや自己PRを添えて自己紹介をする
  • その後、問題が無ければテストライティングを受ける
  • テストライティング通過後に本採用される

大体は上記の流れになることがほとんどとなります。ポートフォリオなどのご自身のWebライターとして、実力が分かるものの提示が求められることが多いです。なので、メディアに直営業する場合は事前にきちんと準備しておきましょう。

求人サイトで案件獲得

Indeedなどの求人サイトで業務委託案件を獲得していくのも良いでしょう。流れとしては下記の通りとなります。

  • 応募フォームで気になるクライアントに応募
  • 書類審査などで問題が無ければ面接もしくはWeb面接を受ける
  • テストライティングなどを受けて通過した場合は採用

給料も安定していることが多く、非常におすすめです。ただ、企業の案件が多いので、仕事の難易度やミスへのチェックは厳しいものになる傾向があります。なので、Webライティングに対する自信が付いてきた段階で、求人サイトは使うと良いでしょう。

この記事のまとめ

今回の記事では、「専業のWebライターで生活するための稼ぎ方教えます!|生活スケジュールや仕事量など」についてご紹介いたしました。Webライターで生活をしやすくするためにどうすればいいのか?どう稼ぐべきなのかということに細かく迫っています。

最後に、本記事の内容を簡単に下記にまとめます。

  • Webライターは最低でも月20万円、1人暮らしで生活する場合は月25~30万円を稼ぐべき
  • 月30万円を稼いで生活していくためには、日割り、文字単価など細かい視点で考えることが必要
  • 専業のWebライターでも規則正しく生活することは可能
  • より高単価で、手数料なしで案件を獲得したいのであればTwitter、メディアへ直営業、求人サイトの活用は便利

専業Webライターで月30万円を稼いで生活をすることは、実はそこまで難しいことではありません。さらに月30万円以上稼いでいくことも可能でしょう。専業Webライターとして生活するために必要なことを今回の記事では多く記載しているので、ぜひご参考ください!

参考:【目指せる】Webライティングで月10万円を稼ぐ5つのステップとそのコツ

参考:Webライティング初心者が5万円稼ぐまでの4ステップとコツをしっかりと解説!

梅干さない
梅干さない
もしこの記事を読んで、ご質問があれば公式LINEからご質問ください!    
   
Webライティング
この記事を書いた人
梅干さない

シリーズCの事業会社でデジタルマーケティングの責任者。webマーケティング・デジタルマーケティング。Webコンサル×新規営業×ディレクション(一貫してすべてのフローを行う)経験済。個人でも様々な業務を請け負います。

▶︎お問い合わせはこちらから

梅干さないをフォローする
梅干さないをフォローする
うぇぶログ(WEBLOGG)

コメント

タイトルとURLをコピーしました